マリア・カラスの真実|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マリア・カラスの真実

2009年3月28日公開,98分
  • 上映館を探す

20世紀最高の歌姫マリア・カラスの実像に迫るドキュメンタリー。舞台で喝采を浴びる陰で、彼女がいかにドラマチックな人生をたどったかを本人の声などを交えて浮き彫りにする。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界のディーバとして君臨したマリア・カラスの生い立ちから晩年までの軌跡を検証。名指揮者セラフィンや海運王オナシスらが登場するほか、貴重なアーカイブ映像とともにカラスの歌声を聴くこともできる。

作品データ

原題
Callas Assoluta
製作年
2007年
製作国
フランス
配給
セテラ=マクザム
上映時間
98分

[c]Cetera International All rights reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • koni

    3
    2009/4/21

    彼女の最盛期には、オペラ&クラシックとは程遠いお子様でした。
    クラシックコンサートにも定期的に通うお年頃となった今では、彼女の歌声は羨望の極みでおます。
    まぁ、もし今に活躍されとったとしても、プラチナチケットを手に入れるこたぁでけへんとは思いますが…。
    彼女の歌声は録音でも素晴らしく、エンドロールが終わるんが惜しかったがな。

    皆さんご存知のように、この才能と反比例するかのように家族愛は得られまへんでした。
    過大に表現せず彼女の人生を淡々と語ってくれるんで、素直に受け止められま。

    今でも世界一のディーバであり、実生活でもオペラのヒロインのようであったマリア・カラス!彼女の栄光と転落、愛と喪失を是非知ってください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 2006年から映画

    4
    2009/4/9


    クラシックが好きなので見に行きました。

    「マリア・カラス最後の恋」を以前見たので、カラスの生涯は大体知っていました。今作はオペラ歌手マリア・カラスの足跡に焦点を当てたものでした。

    使用された衣装の数々、ヨーロッパ文化の伝統が垣間見られる劇場の華やかさ、華麗なる社交界の面々・・。
    カラスの安定した歌声と共に、波乱万丈な生涯に見入った一時間半でした。

    輝かしい経歴と思い通りにならない私生活。
    人が羨む様な豪華な暮らしと宝石。そして絶望的な孤独・・。

    世界中の注目を集める業績とスキャンダルは今でも語り継がれる大スターたる、ゆえんですね。

    スターになるには素質・才能はもちろんの事、努力や運も大事だと思いました。

    カラスやエディット・ピアフの生涯を見るとキャリアを取ると私生活がままならない・・。
    グレースケリーや山口百恵を見ると私生活を取るとキャリアは捨てなければならない・・。
    キャリアか私生活かという選択を女性は必ず迫られるという先入観を植え付けられそうになりますが、それも昔話・・。

    もちろん、まだまだ苦労は沢山ありますが、今はキャリアも私生活も充実させることができる時代が女性にもやっと来た!いい時代になったと思いました・・。

    野暮ったい女から、洗練された女への変貌振りは見事!
    女はこれだけ変れるという事を見せてくれました。

    母親との確執を軽々ぶっちぎってくれた感じも小気味良かったです。

     ・マリア・カラスが好きな方
     ・セレブ好きな方
     ・ヨーロッパの豪華で華やかな雰囲気が好きな方
      にお勧めです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告