映画-Movie Walker > 作品を探す > オカルト

オカルトの画像

「口裂け女」などの鬼才、白石晃士監督による異色ホラー。観光地で発生した通り魔殺人事件の裏に潜む驚愕の真相を、フェイク・ドキュメンタリーの形式で活写する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 0
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 66% (2)
星4つ 100% (3)
星3つ 33% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

とある観光地で、通り魔殺人事件が発生。女性2名が死亡、男性1名が重傷。犯人自身も投身自殺するが、遺体は発見されなかった。事件の一部始終を収めた映像は、インターネットの裏サイトで、禁断の殺人ムービーとして流通する。その映像を偶然入手した映画監督の白石晃士は、事件のドキュメンタリー製作を決意。取材の過程で、事件の唯一の生存者である江野祥平(宇野祥平)から、“事件そのものが神様のお告げだった”と奇怪な証言を得る。その上、江野の体には、犯人(野村たかし)の体にあった痣と同じ刺し傷が残されていた。さらに取材を進めると、山梨県の山奥で謎の文字が刻まれた石碑を発見。文字に詳しい映画監督の黒沢清に解読を依頼したところ、“神による大災害”の予言であるという。その一方で江野がビデオに収めた数々の超常現象を目にする白石。それは、ポルターガイスト、UFO、異次元生物など、驚くべき映像の連続であった。当初、江野の言動に不信感を抱いていた白石だったが、次第に友情に似た感情を抱くようになる。そしてある日、江野が隠していた計画を知る。江野の耳に届くという神様からのメッセージ。それは“自殺、殺戮、渋谷交差点”という言葉だった。この世から人々を解放するために、それを実行しなければならない。葛藤しつつも江野の計画に巻き込まれていく白石。やがて、その顔に浮かぶ恍惚の表情…。大量殺戮の瞬間が刻一刻と迫る。果たして、2人の運命は……?

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 イメージリングス
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 白石晃士
プロデューサー 山本正しまだゆきやす
脚本 白石晃士
撮影 白石晃士
VFX 近藤聖治小川和彦
特殊メイク 征矢杏子
挿入曲 中原昌也
編集 白石晃士高塚絵里加
スチール 直井卓俊
音響効果 中川究矢
助監督 栗林忍
VFXアドバイザー 岡野正広
整音 中川究矢
特殊造形 征矢杏子

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > オカルト