映画-Movie Walker > 作品を探す > PLASTIC CITY プラスティック・シティ

PLASTIC CITY プラスティック・シティの画像

アジアの才能たちが結集し、ブラジルを舞台に描くクライム・ドラマ。オダギリジョーがポルトガル語&中国語のセリフをこなし、サンパウロの裏社会で生きる青年を演じる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 4
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 40% (2)
星3つ 100% (5)
星2つ 40% (2)
星1つ 40% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東洋人街として知られるサンパウロ市リベルダーデ地区。日系ブラジル人のキリン(オダギリジョー)はアマゾンのジャングルで両親を殺され、アジア系ブラジル人のユダ(アンソニー・ウォン)に育てられた。ユダはショッピングモールを経営し、キリンはそこでコピー商品を販売している。ユダは美女オチョ(ホァン・イー)と暮らし、リベルダーデの裏社会を牛耳っていた。しかし、実業家のミスター台湾(チェン・チャオロン)や政治家だったコエーリョ(アントーニオ・ペトリン)など新勢力が台頭してくる。ある日、商店街はコピー商品排除のための手入れを受ける。当初はユダ親子とコエーリョが打ち合わせした芝居だったが、突然ユダは黒幕として身柄を拘束される。ユダは監獄で度々命を狙われ、大怪我を負う。キリンはコエーリョを脅し、裏取引でユダは出所する。しかし、ミスター台湾がショッピングモールの筆頭株主になり、さらにユダの巨大な船と商品が没収されてしまう。キリンは、ユダを騙したかつて兄弟分だった男を刺殺する。ユダは船に火を放つ。キリンは殺人罪で収監され、恋人のリタ(タイナ・ミュレール)は彼の元を去る。ユダはキリンの出所と自分の引退を条件に、コエーリョとミスター台湾の前で敗北を認める。ある日、ユダを狙う銃声が響く。キリンの仲間の1人が彼をかばって犠牲になる。キリンはスラム街の少年を集め、復讐を誓う。しかし抗争の果て、ユダが全ての責任を取って収監される。キリンは街を徘徊し、死にかけていたところを友人のテツオ(フィリピ・ハーゲンセン)とマリオ(クローディオ・ジャボランディ)に助けられる。マリオはキリンに、ユダから託された袋を手渡す。中には3つの金塊とモノクロの写真が入っていた。キリンは写真の地名を辿ってアマゾンに向かうが、ジャングルで昔の記憶が戻り、ショックで意識を失う。キリンが目を覚ますと、殺されたはずのユダが現れる。ユダはキリンのナイフで自分の腹を刺し死んでいく。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Plastic City
製作年 2008年
製作国 中国 香港 ブラジル 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

難しい・・・

投稿者:TAKI

(投稿日:2009/05/16)

ひさびさに う~ん… とうなる映画だった。 自分なりの解…

[続きを読む]

支持者:2人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > PLASTIC CITY プラスティック・シティ