映画-Movie Walker > 作品を探す > イエスマン “YES”は人生のパスワード

イエスマン “YES”は人生のパスワードの画像

人生をポジティブに変えるためのユニークなアイデアを盛り込んだコメディ。ジム・キャリーが“ノー”を封印してすべてを肯定する主人公に扮して笑いを誘う。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 188
レビュー 41
投票 147
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 81% (63)
星4つ 100% (77)
星3つ 55% (43)
星2つ 3% (3)
星1つ 2% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスの銀行に勤務するカール・アレン(ジム・キャリー)の生活は、毎日ほとんど変わりない。ローンの申請を却下し、何かと口実を作って友人からの誘いを拒み、家のソファでひとりテレビを見ている日々。親友の婚約パーティーまですっぽかし、「生き方を変えないかぎりお前はひとりぼっちになる」と脅されたカールは、勇気を振り絞り、とあるセミナーに参加する。セミナーの主催者テレンス・バンドリー(テレンス・スタンプ)は「意味のある人生を送るための唯一のルールは、全てのことに“イエス”と言うだけ」と説く。最初は猜疑心でいっぱいのカールだったが、とりあえずあらゆることにイエスと言ってみようという気になっていった。カールの上司ノーム(リス・ダービー)は、カールが仕事により積極的に取り組み始めただけでなく、ノームが計画するパーティーへも興味を示したことをとても喜ぶ。そんなある日、深夜にガス欠になったカールは車を残し、ガソリン・スタンドへ歩いて向かった。重いガソリン缶を持つ彼に、スクーターで来ていたアリソン(ゾーイ・デシャネル)が「送っていこうか」と声をかけると、カールはもちろん“イエス”と答える。それをきっかけに、アリソンはカールの積極的でユーモアのある人柄に惚れ込んでいくのだった。人が変わったようにますます運気を上げていくカール。だが、全てが好転し始めたとき、思わぬどんでん返しが待っていた……。

見たい映画に
登録した人
87

作品データ

原題 Yes Man
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

人生のキーワードに!!

投稿者:よっしー

(投稿日:2018/12/04)

すべてに”YES”と答えよ!怪しいセミナーに洗脳されて・・と…

[続きを読む]

支持者:0人

positive thinking

投稿者:nodabo

(投稿日:2012/05/13)

茶目っ気満載で面白いです。意識改革し、それに慣れてしまえば以…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > イエスマン “YES”は人生のパスワード