映画-Movie Walker > 作品を探す > バオバブの記憶

バオバブの記憶の画像

写真家で映画監督の本橋成一が撮り上げたドキュメンタリー。文明化の波が押し寄せるアフリカ、セネガルの村にカメラを持ち込み、人間と自然の営みを見つめた作品だ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 2
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

セネガルの首都ダカールから車で約2時間。トゥーバ・トゥール村はどの家も大家族だ。そこには多くのバオバブの樹と昔ながらの素朴な日常がある。村の少年モードゥの家族は30人。農作業や牛追いの手伝いをしながらコーラン学校に通う12歳。将来の夢は、外国に行って商売をすること。その為にも本当は国立のフランス語学校で勉強したいと思っている。村には彼の陽気な家族だけでなく、憧れの女性である隣家のファトマ先生、盲目の祈祷師や縄作りの名人など、個性豊かな人たちが数多く住んでいる。そして、彼らの暮らしの背景にいつもどっしりと存在しているのが、樹齢500年とも1000年とも言われるバオバブの樹。長生きの樹として知られるバオバブには食料、食器、薬、様々な道具など、100近い使い道がある。村人の生活には欠かせないものであり、樹は子供たちの遊び場でもある。また、その葉や樹皮などは大いに利用するものの、村人たちは決して切り倒さない。バオバブには精霊が宿っていると信じられているからだ。村には御神木も存在し、人々は事あるごとにその精霊に祈りを捧げ、敬っている。しかし近年、都市部では急速な近代化が進み、この大地でたくさんの生き物たちと生きてきたバオバブが消え始めている。トゥーバ・トゥール村に開発の波が押し寄せて来るのも時間の問題なのだろうか……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 サスナフィルム=ポレポレタイムス社
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 本橋成一
プロデューサー 石紀美子
撮影 一之瀬正史
音楽 トベタ・バジュン
編集 村本勝
ネガ編集 福井康人
スチール 本橋成一公文健太郎
エグゼクティブプロデューサー 井上和子美木陽子
ナレーション 橋爪功
字幕 高橋真由美若山多美男
助監督 土井康一
グラフィックデザイン 伊勢功治
整音 弦巻裕
撮影助手 山田武典
現地録音 高橋義照
コーディネーター 中村真樹子
通訳 パパ・マガット・ゲイママドゥ・ボッジ
タイミング 三橋雅之
ウォロフ語監修 ファール・ウスマン
セレル語監修 エチェン・ジャン・ファイ
宣伝 山田美恵
配給統括 大槻貴宏
協力 ワガン・ンジャエローズアブドゥライ・カマラモハメド・ファルオマール・デュフアブライ・デュフバカル・デュフシェフ・デュフアストゥ・デュフサリマタ・デュフマイムナ・デュフバラ・デュフンデイ・デュフババカル・デュフハリ・デュフアブドゥ・デュフンガニ・ンゴムマムール・デュフイサ・デュフアイーダ・ティアム小黒一三本間克明勝俣誠湯浅浩史斉藤庸道岩戸佐智夫野方正俊鈴木修至滝沢哲俊佐伯剛中尾英雄中尾道子奥村尚子濱田幾子篠原直藤井幸雄藤井喜美子秋山ちえ子
製作デスク 桐生潔村上朝子中植きさら
車輌 ムスタファ・ガジョマムール・ワッド
イラスト 安藤みちこ
現地助手 長谷川祥子チェリー・クリビエ
宣伝編集 纐纈あや
宣伝アシスタント 岡野由美子

レビュー

自分の身の丈に合った生活。

投稿者:あちん

(投稿日:2009/03/28)

アフリカ・セネガルを象徴する樹、バオバブ。 樹齢100…

[続きを読む]

支持者:9人

アフリカ文化の一つを知ることができる作品。

投稿者:k-movie

(投稿日:2010/12/14)

撮りためた映像を元に構成したような趣で、作為的な取材や撮影が…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > バオバブの記憶