映画-Movie Walker > 作品を探す > いのちの戦場 アルジェリア1959

いのちの戦場 アルジェリア1959の画像

多くの尊い命が失われたアルジェリア戦争を題材にした衝撃作。主演俳優ブノワ・マジメルが企画立案に携わり、兵士の人間性を破壊する戦場の真実に迫った意欲作だ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 13
レビュー 2
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 100% (5)
星3つ 20% (1)
星2つ 20% (1)
星1つ 20% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1954年、独立を求めるアルジェリア民族解放戦線(FLN)は武装闘争に突入し、フランスは50万の正規兵を送り込む。1959年7月、カビリア地方でゲリラの指導者スリマンを捜していた小隊の中尉が戦死し、テリアン中尉(ブノワ・マジメル)が赴任する。タイダという村で、ベテラン兵士ドニャック(アルベール・デュポンテル)やFLNから寝返ったアルジェリア人兵士ラシードが情報を得るため村人を脅すのをテリアンは制止する。その後、FLN襲来の情報を得た小隊は再びタイダに向かうが、すでに皆殺しにされていた。テリアンは、隠れていた少年アマールを基地へ連れて帰る。ベルトー大尉(マルク・マルベ)が捕虜に情報を吐かせているのを知ったテリアンは異を唱えるが、ベルトーは自分がゲシュタポから受けた拷問を語る。捕虜の自白を元に、小隊はレキ村に近づく。それをベルトーとヴェスル少佐(オーレリアン・レコン)が遠くから見守っていた。突然、小隊がゲリラに襲われる。ヴェスルは本隊からの空爆を要請、禁止されているナパーム弾が落とされる。ゲリラの死体から、アマールと一緒の写真が出てくる。アマールに誘われて秘密の洞窟を見学している間にラシードが消える。彼はFLNのやり方で処刑されていた。森を進む小隊は銃撃を受ける。激しい銃撃戦の中、テリアンの様子が変わっていく。負傷者を基地に運ぶベルトーは、ゲリラに惨殺される。小隊は近くの村で2人の男を捕虜に取り、残りは女子供まで皆殺しにする。その夜、テリアンは夢中で捕虜を拷問する。アマールは基地を逃げ出す。翌日、スリマンはすでに死亡していたことが発覚、テリアンは捕虜を処刑する。テリアンは休暇を得て家族の元に帰るが、家の前で車を降りることができない。テリアンが基地に戻ると、ドニャックが自殺しようとしていた。12月24日、ドニャックが姿を消す。翌日、テリアンがドニャックを探していると、ゲリラが姿を現す。テリアンは、その先頭に見覚えのある顔を見つける。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 L'Ennemi Intime
製作年 2007年
製作国 フランス
配給 ツイン
上映時間 112
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

「ジダンの頭突き」の意味の深さがわかる

投稿者:スニフ

(投稿日:2009/03/14)

1999年まで、フランス政府がこの戦争を公式に認めていなかっ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > いのちの戦場 アルジェリア1959