カフーを待ちわびて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カフーを待ちわびて

2009年2月28日公開,121分
  • 上映館を探す

玉山鉄二とマイコ共演によるラブ・ロマンス。ある青年と彼の元に花嫁志望で現れた謎の美女が織りなす恋の行方が、美しい沖縄の風景をバックに描かれる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

沖縄の小島で、雑貨店を営みながら愛犬カフーと暮らす明青。そんな彼の元へ、自分をお嫁さんにしてほしいという女性・幸が訪ねてくる。驚きながらも純粋な性格に惹かれてゆく明青だったが、彼女にはある秘密があった。

作品データ

原題
Waiting for Good News
製作年
2009年
製作国
日本
配給
エイベックス・エンタテインメント
上映時間
121分

[c]2009「カフーを待ちわびて」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • エイジ

    4
    2015/7/11

    しかも、映画は映画の良さがある。

    いい映画でした。
    俺はツボにはまった。

    玉山鉄二って俳優
    最近CMで良く見るけど
    なかなかいい俳優だな(^o^)/

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ミチさん

    5
    2012/6/3

    このタイトルが、かの有名な劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲『ゴドーを待ちながら』(En attendant Godot)をもじったものであることはすぐ分かる。
    沖縄の離島に突然花嫁がやって来るという意外な導入部は、不条理劇の始まりとしてふさわしい。
    これを縦糸とすると、横糸は島の開発計画か。そして話は二重、三重に錯綜する。
    その中で、主人公玉鉄さんの性格が今ひとつ、よく分からない。もちろん謎の女性マイコの正体も良く分からない。その中で淡々と島の生活が流れて行くが・・・。
    構成は確かだと思う。この構成の良さで、おそらく日本映画史上画期的な作品になったと思う。
    玉鉄さんは何でもできる人なので、特に驚かないが、むしろこの作品の”華”は”幸役マイコ”の造詣でしょうね。そして愛とか欲とかむしろ描かなかったことによる、爽やかさが印象に残ります。最後はおとぎ話だけど。脇役では、勝地涼が相変わらず良いね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ほし★ママ。

    5
    2012/1/6

    沖縄の小さな島で、「よろずや」を営みながら
    犬のカフーと暮らしている明青(玉山鉄二さん)の元に
    いきなり、「お嫁さんにしてください」と
    島ではお目にかかれないチュラさん幸(マイコさん)が現れ・・・

    心の動きをほんの少しの表情の変化で現すところ
    玉山さんの演技がとても自然です。
    総てを達観してるかのように見えて
    意外とワカリヤスイ行動をとる場面では思い切り笑いました。

    明青に惹かれていきながら、内に何かある
    マイコさんの雰囲気は、謎の女性幸にピッタリでした。

    何と言っても、おふたりが一緒に居て
    「お似合い」なのがいいです。
    ラブストーリーで欠かせない要素ではないでしょうか。
    おふたり(時に+カフー)のショットがどれも絵になります。

    素朴で、純粋で、明るくて、世話好き~
    そんな田舎の好青年を演じる勝地涼くんもはまり役です。

    島の自然の美しさ、島のみんなの優しさにふれて
    おばあの厳しく暖かい「島言葉」を聞いて
    癒される事、間違いありません。
    きっと「カフー~しあわせ~~良い報せ~」に出会えると思います。

    本編とイメージを一転、明るくカラッとした
    エンドロール後のエピローグがまたとってもいいです。

    「お薦め」そして「お気に入り」作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告