TOP > 上映中の映画作品を探す > 我が至上の愛 アストレとセラドン

我が至上の愛 アストレとセラドンの画像

巨匠エリック・ロメールが5世紀のフランスを舞台につむぎ上げた恋愛喜劇。ささいな誤解によって離ればなれになった男女の純愛を、ユーモラスかつ官能的に映し出す。

3/5
総評価数 17
レビュー 6
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (4)
星1つ 25% (3)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

羊飼いの少女アストレと美青年セラドンは純粋な愛を育んでいた。しかしセラドンが浮気したと勘違いしたアストレは、彼を激しく拒絶。ショックを受けたセラドンは、思いつめて川に身投げしてしまう。

作品データ

原題 Les Amours D'Astree Et De Celadon
製作年 2007年
製作国 フランス イタリア スペイン
配給 アルシネテラン
上映時間 109
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ヌーヴェル・ヴァーグを久々に堪能

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/5/23)

 エリック・ロメール監督は当年とって87歳だそうです。私の父…

[続きを読む]

支持者:4人

笑うわ・・

投稿者:

(投稿日:2009/1/21)

正しく、誰かの妄想の世界・・と言う感です。 美しいけど、ま…

[続きを読む]

支持者:3人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 我が至上の愛 アストレとセラドン