シャッフル(2007)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シャッフル(2007)

2009年1月31日公開,96分
  • 上映館を探す

人気女優サンドラ・ブロック主演のサスペンス・ミステリー。一週間の曜日が“シャッフル”されたかのようにバラバラに訪れる、斬新な設定のストーリー展開に注目だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

穏やかな家庭生活を送るリンダのもとに、夫ジムが事故死したとの悲報が届く。しかし翌朝、ジムは何事もなかったかのように生きていた。さらにその翌日、ジムの葬式が行われ、リンダは混乱に陥っていく。

作品データ

原題
Premonition
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
96分

[c]2007 Premonition Pictures, Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • チョコマシュマロ

    4
    2017/6/6

    HAPPY ENDから始まり、娘二人にも恵まれ、幸せな専業主婦だったヒロインに、シャッフルと言う不思議な現象を通して突きつけられる、夫の本当の姿。不幸のドン底に突き落とされるのは可哀想だけど、日常の中で恋愛感情が失われても、大事なのはその後。と、本当に描きたかったのは夫婦の絆。運命は残酷で、悲しいけど、じんわりと感動できます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • tom

    2
    2009/12/26

    1週間の曜日が入れ替わってしまうという
    発想は面白かったんですが
    あまり上手く活かしきれていないというか
    結局、何の意味があったのかも
    よく分からんかった…
    何故?何故?という感覚と
    ハラハラ感はありましたが
    途中からはリンダ(サンドラ・ブロック)が
    可哀想になってきて
    気持ちがスッキリしない作品になっちゃいました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • しんぽん

    2
    2009/3/19

    キリスト教の宗教観念の色が結構出ている作品のような気がするので、苦手な人はとっても苦手なタイプの作品かもしれないけれど、ヒロインの心の行方の切なさにズシンとくるものはあったかなーという感じ。
    サスペンス・スリラーというよりもドラマ要素の方が強い気がする。
    サスペンス・スリラーとして観に行くと肩透かしを食うかもしれないです。

    夫の交通事故死の報を受けてからのヒロインの時間の進みが、曜日がシャッフルされてしまうことになるんだけれど、この時間の進行のわかりにくさが観客にもつきつけられて、いったい今が何曜日のシーンなのかが全くもってわからなかったりする。
    曜日があべこべになってると気づくシーンが結構後の方だったりするので、その部分のリアリティは感じないかなー。もっと前半で気付くべきだろうって感じがするし。

    あとは、終わり方も含めて、ストーリーが課すヒロインのこのやるせなさ感は観ていて終始切ないなーと思う感情に支配されていたような気がするし。
    その切なさが個人的な好みでもあったので、最後までじっくりストーリーを追って観たかなーというところはあるかな。

    最愛の人の死という出来事をどのように受け入れていくのか、そしてどれだけ強くならなければいけないのか、そういうことを考えさせてくれる作品になりました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告