トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!

2008年12月20日公開,75分
  • 上映館を探す

ミニチュア・カー“トミカ”を題材にした、人気特撮ヒーロー番組の映画版。特殊車両を駆使する特別救助機動部隊“レスキューフォース”が、人知を超えた大災害に挑む!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地球を一周する夢の超特急マッハトレインが、悪の組織ネオテーラに乗っ取られ、暴走を開始。このままでは終着駅に激突してしまうと、世界消防庁は特別救助機動部隊“レスキューフォース”を事態収拾に当たらせる。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
75分

[c]2008「劇場版トミカヒーロー レスキューフォース」製作委員会/松竹、タカラトミー、三井物産、白組、ドッグシュガー、ソニーPCL、テレビ愛知、電通、テレビ東京、テレビ大阪 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • おじゃもんくん

    4
    2009/1/27

    この映画は、新年三日に鑑賞で、書き込みは月末になっちゃいました。

    嫁はんと夫婦五十割引で、正月気分たっぷりのシネリーブル梅田の正午の回鑑賞。
    知る人は知っている、テレビ番組「レスキューフォース」ネタ、二本立て。
    まずは短編の「爆走!トミカヒーローグランプリ」。
    前座作品ながら、なかなかあなどりがたし。
    合成シーンは少なくて、実車を使ったレースシーンはなかなかのもの。
    スピード感たっぷりの作品でした。
    江良至監督が、笑ってスカッとするテンポよい作品を演出。

    続いて「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!」。
    ほんまに、なんとも長い題名だ。
    一週間したら忘れるだろうなぁ。
    TV放映中の「トミカヒーロー レスキューフォース」の正統派映画化作品。
    レギュラー隊員役の、R1(猪塚健太)R2(野口征吾)R3(はるの)R4(長谷川恵美)と隊長のR5(岩永洋昭)と、総司令の早見優の息の会った演技が楽しめた。
    半年以上の、テレビシリーズの積み重ねを上げを感じましたねぇ。
    劇場版大スクリーンだけに、TV使用のCGがやや雑に感じられたが、映画用のCGはなかなかの出来でした。
    でも、CG多用でやや悲しい。
    ミニチュアが欲しいなぁ。
    藤岡弘、がR0役でヘンシン(着装ナノですが)するのにはカンゲキ。
    しぶいキャラだ。
    南海キャンディーズの山里亮太の、悪役の怪演は面白い。ラストのホロホロも楽しい。
    リュウケンドーメンバーもちょいゲストに出てたりと、ドラマ部分は大いに楽しめた。
    ラストのダンスシーンに、ドラマ前半使用の主題歌アレンジを使用していて、感動でナミダうるうるでした。
    初めの曲は哀愁漂うなぁ。
    岩本晶監督は、VFX畑の強みを生かした作品に仕上げていた。
    作品は、自分の得意畑での勝負が大事ですねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告