最強☆彼女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

最強☆彼女

2008年11月29日公開,115分
  • 上映館を探す

「僕の彼女はサイボーグ」のクァク・ジェヨン監督がシン・ミナを主演に迎えた最新作。武術界の名門一家の女の子が、恋やバトルに大奮闘するラブ&アクション・コメディだ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天才的な武術の達人である女子大生ソフィが、クールな美青年ジュンモに心奪われた。それをきっかけに彼女は普通の女の子らしく生きることを決意。そんなソフィの前に幼なじみのイリョンが現れる。

作品データ

原題
武林女子大生
製作年
2008年
製作国
韓国
配給
エスピーオー
上映時間
115分

[c]All Rights Reserved by Bear Entertainment 2008 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • しんぽん

    1
    2009/2/19

    もっとかわいらしい映画を想像していたんですけど、こういう映画だったんだねって感じで。自分としては期待はしていなかったんだけれど、それすら満たしてくれない感じの作品になってしまってる感じが。。。
    主演のシン・ミナは『マドレーヌ』やら『サッド・ムービー』あたりの役はかわいらしいのに、どうしても前半の勘違い女っぷりが受け付けずで、好きになれず。

    ワイヤーアクションがあまりに多様されすぎていて、でもどこか安っぽいB級映画感が満載で。普通のコメディをこの要素で作るのならともかく、この要素でラブコメディを目指してしまったのが何より運のつきって気がしなくもないかと。

    そして、何より思うこと。怪力を恥じていて武術を捨てようとしていたヒロインを武術に戻すシナリオとしては、やっぱりその怪力が役に立った的なエピソードが欲しかったなー。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • omicchi

    3
    2008/12/1

     前半は「猟奇的な彼女」みたいな始まり方で、ハチャメチャ学園ラブコメディのような展開でしたが、途中から、なんかすごい展開になってきました。

     両親が武術家で、子供のころから中国の武侠小説に憧れて修行の日々を続けてきたソフィは、棒でぶっ叩かれててもなんともない強靭な身体を持った“カンフー少女”。
     思う先輩には見向きもされず、その代わり幼いころからの武術の練習相手でもある、一見「ヘタレ」なイリョンにつきまとわれて…。
     しかし、この二人が、とてつもない武術の奥義をめぐる争いに巻き込まれ、そのあたりからストーリーは急展開。猟奇的な彼女は、いつの間にかグリーン・デスティニーのような話になって…。
     あとは見てのお楽しみ。

     ヒロインのシン・ミナは、間違いなくチョン・ジヒョンの後継者ですね。
     おっちょこちょいだけど憎めない、その笑顔に、見る人は元気づけられます。
     ちょっとホロリとさせる感動的なシーンもあったりします。
     アクションシーンには、もうちょっと工夫がほしかった。ソフィとイリョンが大暴れするシーンは、見ていて胸がスカッとするところなのに、ワイヤーと特撮がいま一つなのが残念。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告