映画-Movie Walker > 作品を探す > 中華学校の子どもたち

中華学校の子どもたちの画像

日本の中華学校で学ぶ在日華僑の子供たちにカメラを向けたドキュメンタリー。中国語と日本語の両方を話す彼らの学ぶ姿が、それを見守る大人たちの言葉を交えて描かれる。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

様々な政治と歴史の苦悩を経験してきた華僑・華人の人々。在日華僑・華人の教育と文化の伝達の場として、初めて日本に中華学校が設立されてから百余年。現在、日本全国には中華系学校がわずか5校しかなく、そのうち2校が横浜にある。その2校とは、山手の丘にある大陸系の横浜山手中華学校と、横浜港沿い山下町・中華街内にある台湾系の横濱中華學院。本作では、横浜山手中華学校小学部1年生の日常を3年間にわたって記録する。横浜山手中華学校は、1989年に創立された横浜大同学校を前身とする100余年の歴史を有する学校である。この学校では、関東大震災や空襲など様々な苦難を乗り越え、一貫して在日華僑・華人の子どもたちに中華文化を伝え、両国の友好促進に努め、時代の要請に適した人材養成に励んできた。日中戦争、中国共産党、毛沢東、文化大革命。様々な政治と歴史の苦悩を経験してきた華僑・華人の子どもたちは今、無邪気に学校での日々を過ごしている。中国語の話せない華僑・華人の子どもも多くなっている今、日本語と中国語の混在使用が子どもたちの間でコミュニケーションの主流になりつつある。中華学校の子どもたちを記録することは、横浜、華僑・華人の人びとの歴史を記録することでもある。子どもたちの愛らしい表情から、中国と日本の過去と現在、そして未来が見えてくる。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 86
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 片岡希繆順馨
プロデューサー 片岡希
撮影 樋口伊喜夫山本直史片岡希
音楽 加藤千晶
音楽演奏 加藤千晶浅田実可河瀬英樹関島岳郎高橋結子鳥羽修
編集 渡会清美
録音 渡辺洋一西本憲吾津守優晴
スチール 松田優子
字幕 水野衛子
テクニカルコーディネーター 高野光啓
製作統括 橋本太郎
整音 長井利親高義和
タイミング 山崎伸一
協力 安藤絋平大神康隆岡内秀明佐々木紳下手大輔田淵史子中澤健介中村高寛樋口冶江保坂治朗王叡
HDカラリスト 高田淳
HDリアルタイムレコーディング 稲垣知康
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 中華学校の子どもたち