サンセット大通り|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サンセット大通り

1951年10月28日公開,110分
  • 上映館を探す

「失われた週末」「熱砂の秘密」のチーム、チャールズ・ブラケット(製作)とビリー・ワイルダー(監督)による1950年度の話題作で、ハリウッドの内幕を衝いた作品。ブラケット、ワイルダー及びD・M・マーシュマン・ジュニア合作による脚本は、50年度アカデミー賞オリジナル脚本賞を獲得した。撮影は「別働隊」のジョン・サイツ、音楽は「レベッカ」のフランツ・ワックスマン。サイレントの大女優グロリア・スワンソンがカムバックして主役を演ずるほか、「テキサス決死隊(1949)」のウィリアム・ホールデン、「熱砂の秘密」のエリッヒ・フォン・シュトロハイム、新人ナンシー・オルソンが中心人物となり、ほかに監督のセシル・B・デミル、コラムニストのヘッダ・ホッパー、サイレント時代の大立物バスター・キートン、アンナ・Q・ニルソン、H・B・ワーナーらが彼ら自身として出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハリウッドのサンセット大通りに面するある邸宅のプールに、若い脚本家ジョー・ギリス(ウィリアム・ホールデン)の死体が浮かんだ。死んだ彼はそのいきさつを語る……。失職ライターのジョーは、映画会社への脚本売り込みも意の如く進まず、貧窮のどん底にあった。ある日月賦の払込み不足から自動車会社の男に追いかけられたジョーは、サンセット大通りにある荒れ果てた邸宅に逃げ込む。そこにはサイレント映画の大女優ノーマ・デスモンド(グロリア・スワンソン)が、かつての監督であり、最初の夫だったマックス・フォン・マイアリンク(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)を執事として、過去の夢に生きていた。ジョーが脚本家だと知ると、ノーマは主演を念願している「サロメ」のシナリオを書くように、とジョーを邸に泊めさせることにした。若いジョーにとって、この妄想狂の老女の相手は空虚な生活に違いなかったが、ずるずるとその位置ににはまり、ノーマと抜きさしならない関係に落ち込んでゆく。ある日、パラマウント撮影所からノーマに電話がきて、出演の機会が来たとノーマは勇んでセシル・B・デミルに面会に出かける。しかし用件とは、ノーマ所有の古自動車をクロスビー主演の映画に使いたいので貸して欲しい、とのことだった。ノーマを待つうち、偶然顔見知りの脚本部員ベティ・シェイファー(ナンシー・オルソン)に出会ったジョーは、ノーマとの醜い関係の反動で清純なベティの美しさに惹かれ、2人でシナリオを共作する約束をする。毎夜彼女の部屋で仕事を続けるうち、若い2人は自然に結ばれるが、たちまちノーマに知られ、大喧嘩となる。そして荷物をまとめて邸を出ようとしたジョーは、玄関前で背後からノーマに撃たれ、プールへ倒れ込んだのである……。殺人事件の報道に、ニュース・キャメラマンやコラムニストたちがノーマの邸に駆けつける。そのキャメラを見て、発狂したノーマは「サロメ」を演じつつ、階段をしずしずと降りてくるのだった。

作品データ

原題
Sunset Boulevard
映倫区分
G
製作年
1950年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
110分

TM & Copyright [c] 1950 by Paramount Pictures; Renewed 1978. All Rights Reserved. TM, [R] & Copyright [c] 2010 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • たっかん

    5
    2014/6/21

    この名作映画、とても久しぶりに再見し、改めてその素晴らしさを堪能した。

    オープニングは、映画のB級脚本家ギリス(ウィリアム・ホールデン)がハリウッドの大邸宅のプールで浮いているシーンであるが、このギリスの独白により「なぜ私がこのように死体となって浮いているのかを語りましょう」というスタイルが斬新である。
    また、それだけではなくて、プールに浮いている死体を「プールの底の水中から見上げる角度で撮ったシーン」は、この映画の特筆すべき名場面。この名場面、実際は、この時代に水中から撮れるキャメラをビリー・ワイルダー監督は持っておらず、プールサイドから鏡などを使って工夫して撮影した実に凝ったシーンである。

    ノーマ(グロリア・スワンソン)とギリスが映画を観るシーンがあるが、あの映画はなんと本作にノーマの執事=マックス役で出演しているエリッヒ・フォン・ストロハイム監督作品『Queen Kelly』(グロリア・スワンソン主演作)である。

    更に凄いのは、ノーマが撮影所を訪れて「自分は今も大スターだ!」との思い込みを強めるシーンで登場するのがセシル・B・デミル監督本人である。
    また、ノーマのブリッジ仲間として、無声映画時代のスターであったH・B・ワーナー、バスター・キートン、アンナ・Q・ニルソンも出演しており、この映画をワイルダー監督が撮った時代だったから実現した奇跡的な本人役出演である。

    この映画の物語自体は、あまりにも有名なので敢えて記載しないが、最後のグロリア・スワンソンによる「スターは年をとらないものよ!」…「映画こそ私の人生」…「監督、私のクローズアップを!」の演技は、凄すぎる。

    映画史に残る大傑作である。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ettam

    4
    2013/9/25

    アカデミー賞に11部門ノミネートしたものの『イヴの総て』に軍配があがり結局アカデミー脚本賞、美術装置賞、劇喜劇映画音楽賞の3部門の受賞となりましたが故淀川長治先生もごひいきにしていたという作品です。そりゃそうでしょう。売れない映画脚本家と往年の映画女優を中心としたストーリーでパラマウントのスタジオが登場したり、セシル・B・デミル監督自身が出演するなど映画好きにはたまらない作品です。往年の映画女優の役をグロリア・スワンソンというサイレント映画時代の大女優が演じております。この女優役の決定にかなり難航したようで一番最初にオファーしたのはグレタ・ガルボだと言います。その後、何人かの女優にオファーしたもののなかなか決まらず。数十年前にビリー・ワイルダー監督自身が脚本を書いた作品に出演したグロリア・スワンソン。しかしヒットせず気まずい思いの中で彼女にオファーして決定に至ったようです。。売れない映画脚本家が殺され、その彼が殺された経緯を説明するという導入部分も面白いです。

    この作品に出演したセシル・B・デミル監督とグロリア・スワンソン。G・スワンソンは1920年代半ば頃にはハリウッドで最もギャラを稼いでいた女優で、全盛期には一週間で1万通のファンレターをもらっていたとか。今の俳優でそこまでファンレターをもらっている人はいないのではないでしょうか?1983年に84歳で亡くなってますが、それまでに6度の結婚をしているというのも大女優らしい一面と言えるかもしれません。

    一方、セシル・B・デミル監督はご存知の方も多いでしょう。。『サンセット大通り』のほか『地上最大のショウ』や『十戒』などが代表作。パラマウントスタジオで監督役として本人が出演したこの『サンセット大通り』。パラマウント・スタジオはマスコミから「デミル王国」と呼ばれたほどパラマウントの看板監督でした。とにかく制作費を多くかけ、豪華絢爛、スペクタクル映画を数多く生み出しました。1959年に77歳で亡くなっています

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    4
    2012/12/16

    「イッちゃってる」往年の大スターを演じるグロリア・スワンソンの鬼気迫る演技がすごいです。

    この映画は今回初めて観てたのですが、実はロイド・ウェーバーの音楽でミュージカル化された舞台(今夏の日本初演)を先に観ていました。映画を忠実に再現しつつ、舞台ゆえの制約を超えたなかなかの力作でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告