映画-Movie Walker > 作品を探す > ホームレス中学生

ホームレス中学生の画像

お笑いコンビ、麒麟の田村裕のベストセラー自叙伝を映画化した感動ドラマ。一家離散によって路上生活を強いられた主人公の波乱万丈な青春時代を、笑いと涙たっぷりにつづる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 54
レビュー 17
投票 37
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 64% (11)
星4つ 94% (16)
星3つ 100% (17)
星2つ 29% (5)
星1つ 29% (5)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪の中学校に通う田村裕(小池徹平)は、明るいクラスの人気者だった。中2の夏休みを迎えるにあたって、気になる同級生の女の子からデートにも誘われた。有頂天となる裕だが、集合住宅の自宅に帰って愕然とする。ドアの前には黄色いテープを張られて、放置された家具は押さえ物件となっていたのだ。兄の研一(西野亮廣)や姉の幸子(池脇千鶴)も帰宅して呆然とする中、自転車でやってきた父である一朗(イッセー尾形)が、家族の解散を宣言する。兄や姉の心配を振り切った裕は、ひとりで生きていこうと決意する。ホームレス中学生となった裕の住居は、公園の滑り台だった。空腹は水を飲んで凌ぐ。近所に住む子供たちとはバトルを繰り返す。時には研一がアルバイトしているコンビニエンスストアを訪ねて、弁当を御馳走になる夜もあった。ある日、裕は親友のよしや(柄本時生)と顔を合わせる。裕を気づかったよしやは、自宅に彼を連れて行った。よしやの母である道代(田中裕子)と父の正光(宇崎竜童)は、家族同然に裕を迎え入れた。その気持ちの温かさに、涙を堪えきれない裕。バラバラに暮らしていた裕と研一と幸子は、よしやの両親と民生委員のスミ子(いしだあゆみ)の配慮で、ボロアパートに三人で住むことになる。そんな心遣いに感謝しながら、新たな田村家の生活がスタートした。どんなに貧しくても、兄弟三人が団結すればやっていける。そう考えながらも、短期間でハードな経験を経てきた裕は疲れていた。家族って何なのだろう? 裕の疑問は止まらなかった。そのうち、裕たちのために援助を惜しまなかったスミ子が脳溢血で倒れて、急逝する。その悲しみの中で、裕は7年前に亡くなった母親・京子(古手川祐子)のことを思い出す。母がいたから、現在の自分もあるのだ。その真理に気がついた裕は、もういちど明日から生き直そうと心に誓った。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 116
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 古厩智之
製作 島谷能成亀山千広水上晴司横内正昭島本雄二中沢敏明周防郁雄
プロデューサー 臼井央種田義彦片岡秀介富田敏家前田茂司
アソシエイト・プロデューサー 窪田義弘梅村安
原作 田村裕
脚本 後藤法子古厩智之
撮影 藤石修
音楽 上田禎
主題曲/主題歌 天上智喜CLIFF EDGE
美術 松宮敏之
編集 大重裕二
録音 日比和久
スクリプター/記録 豊田賀世
音響効果 柴崎憲治
エグゼクティブプロデューサー 市川南清水賢治岡本昭彦
助監督 玉利祐助
照明 沢田敏夫
装飾 極並浩史
整音 久連石由文
制作担当 古野忠司

キャスト

田村裕 小池徹平
田村研一 西野亮廣
田村幸子 池脇千鶴
田村京子 古手川祐子
田村一郎 イッセー尾形
川井正光 宇崎竜童
工藤夏美 黒谷友香
西村スミ子 いしだあゆみ
川井道代 田中裕子

レビュー

幸せの条件

投稿者:siorinn

(投稿日:2008/10/20)

裕は普通の中学生だった。 夏休みの前日、終業式までは・・・…

[続きを読む]

支持者:12人

原作を越えることは出来ないが

投稿者:カロにゃん

(投稿日:2009/08/26)

原作では田村さんが幼い時に亡くなったお母様に対する思いが胸を…

[続きを読む]

支持者:2人

脚本と脇がいいけど、徹平君は悪くないけどキャスティングミス。。。

投稿者:KOH+

(投稿日:2008/12/18)

ベストセラー「ホームレス中学生」の映画化ですが。。。 …

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ホームレス中学生