壬生義士伝|MOVIE WALKER PRESS
MENU

壬生義士伝

2003年1月18日公開,137分
  • 上映館を探す

浅田次郎の同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督&豪華キャストで映画化。幕末の新撰組を舞台に男同士の確執と友情、家族のきずなを描く人情時代劇。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幕末の京都・壬生。盛岡から新撰組に入隊した吉村貫一郎。腕は立つが金銭にどん欲で愚直な彼の態度を許せない斎藤一は嫌悪を抱く。しかし故郷の家族と仲間のために戦う貫一郎の純粋な生き方にひかれていく。

キャスト

中井貴一

ヨシムラカンイチロウ

佐藤浩市

サイトウハジメ

夏川結衣

ヨシムラシヅ/オオノミツ

中谷美紀

ヌイ

山田辰夫

サスケ

三宅裕司

オオノジロウエモン

塩見三省

コンドウイサミ

野村祐人

ヒジカタサイゾウ

堺雅人

オキタソウシ

斎藤歩

イトウキネタロウ

比留間由哲

ナガクラシンパチ

堀部圭亮

シノハラヤスノスケ

津田寛治

オオクボトシミチ

木下ほうか

シャシンヤ

村田雄浩

オオノチアキ

伊藤淳史

オオノチアキ(セイネンキ)

伊藤英明

トクガワヨシノブ

藤間宇宙

吉村嘉一郎

塚本耕司

園山七三郎

三代目神田山陽

谷三十郎

加瀬亮

近藤周平

太平奈津美

少女時代のみつ

徳井優

門番・定吉

螢雪次朗

鍵屋手代

芦屋小雁

大野藍之丞

城戸裕次

重臣・並川

谷口高史

重臣・清水

松尾勝人

重臣

加藤正記

重臣

安居剣一郎

伝令・赤羽

大橋十三

伝令・朝倉

本山力

薩摩兵

真鍋尚晃

官軍隊長

矢吹遙

脊山多喜人

武井三二

会津軍大将

池田勝志

鈴木三樹三郎

川井勉史

橋本佐之助

木下通博

薩摩軍大将

足立公良

門番

石垣光代

経子

小柳友貴美

タネ

勇家寛子

次郎右衛門の妻

嶋田光希

異母姉

垣内優理子

異母妹

金子珠美

女中

内山翼

少年時代の貫一郎

椿直

少年時代の次郎右衛門

中山桃

幼女時代のみつ

爰野寛太

吉村慶次郎

小阪風真

斎藤の孫・実

中村健人

新選組隊士

東田達夫

新選組隊士

根本一也

新選組隊士

大石昭弘

新選組隊士

仲野毅

新選組隊士

中島常博

新選組隊士

山崎貴司

新選組隊士

山田永二

新選組隊士

杉山幸晴

新選組隊士

松永吉訓

新選組隊士

西村龍弥

新選組隊士

山本道俊

新選組隊士

土井健守

新選組隊士

立川貴博

新選組隊士

小谷隆仁

新選組隊士

奥瀬雄大

新選組隊士

山元隆弘

新選組隊士

高羽博樹

新選組隊士

土井豪士

新選組隊士

荒井知啓

新選組隊士

岩田雄介

新選組隊士

岡田啓人

藩校生

播西星斗

藩校生

恵良浩正

藩校生

田中輝

藩校生

野田裕成

藩校生

小藪哲郎

藩校生

清島佐久馬

藩校生

高寿賢一

藩校生

加藤遼

藩校生

梅野直弥

藩校生

重森三果

囃子

稀音家三穂一

囃子

横阪有香

囃子

小山知子

囃子

飛鳥春菜

踊り

飛鳥有伯

踊り

飛鳥お福

踊り

作品データ

製作年
2002年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
137分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • フジ三太郎

    4
    25日前

    「鬼滅の刃」より分かりやすく泣ける映画。やはり実写は強し。それに滝田洋二郎作品にはずれなし。
    本作と同時期、山田洋次監督が「たそがれ清兵衛」等の幕末貧乏侍物を数本撮っており、本作もその流れなのかも。
    ※ 戦後GHQの影響か、武士道をくさす意図で、貧乏ゆえ、取り立ててくれなきゃ腹切るぞとの、武士道とハロウィーンを同列視する小林正樹作品「切腹」という愚作も作られたが、あれとは全く違う、リアリティのある貧乏武士の映画群。

     主演は中井貴一、佐藤浩市、夏川結衣の3人。3人は直前に NHKの検事ドラマで共演。幕末では、佐藤(斎藤一)と夏川(吉村しづ)は出会わないが、明治ではラストで出会い(!)が。
     映画では冒頭と中盤、それにラストと自死の場面が3度出て来る。冒頭のはかなりみっともなく、中盤の自死は切ないがゆえ感情移入、そしてラストは主人公がゆっくりと故郷に思いを馳せつつ死んでいく。ジャン・ギャバンの「望郷 ペペ・ル・モコ」もそんな感じだったような。
     テレ東の午後ローが珍しく、ノーカット放映。テレ東にも本作ファンが多いらしい。
     ちなみに浅田次郎原作だが、子母澤寛の原作とストーリーは同じ展開とか。脱藩したあだで、ラストはあの成り行きなのが泣かせるし、主人公の死が2人の人物をまた戦へ駆り立てる所も泣かせる。

    ※ 本作では、龍馬暗殺犯は、斎藤一だと言ってるが、定説らしい。 塩見三省の近藤勇は顔形が鬼瓦なので似てる。堺雅人の沖田総司は、「新撰組!」で先に山南敬助を見たので違和感。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あちゃぺ

    3
    2015/11/5

    新選組を仕事とし、寒い東北の地で暮らす家族のために仕送りする義士という違った角度が面白かった。

    「戦国時代」「幕末」「太平洋戦争」…歴史の中でよく映画や小説の題材になる時代。
    共通して言えるのは、守る人のために自らを犠牲にできる精神。これが日本人の精神なんだろうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ゆみ~ご

    5
    2009/7/8

    新撰組って過激で野蛮なイメージをもたれている方が多いかもしれませんが・・・(大河ドラマ新選組!香取慎吾主演の影響でだいぶいいイメージがついているご時勢かも?)
    当時の若者の熱い思い&家族愛を堪能できます。とにかくキャストが素晴らしいです。一番は、堺雅人の沖田です。ほのぼの感じさせてくれ、でも強い!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告