ラブ・アクチュアリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラブ・アクチュアリー

2004年2月7日公開,135分
PG-12
  • 上映館を探す

ヒュー・グラントら豪華キャストで贈る心温まるラブ・コメディが日本上陸。クリスマス前のロンドンを舞台に、総勢19人の登場人物が織り成すさまざまな恋愛模様を描く感動作だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クリスマスを前にしたロンドン。就任したばかりの独身の英国首相は、お茶くみ秘書のナタリーにひと目ぼれ。首相という立場に複雑な思いを抱きながらも、彼はモーションをかけてきた彼女にしだいにのめりこんでいく。

作品データ

原題
Love Actually
映倫区分
PG-12
製作年
2003年
製作国
イギリス アメリカ
配給
UIP
上映時間
135分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.6
  • snow

    5
    2018/10/12

    なんて皆キュートなのっ!!ヒューグラントも最高☆

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • そらいろ

    5
    2015/10/9

    いろんな愛の形がこれでもかとオムニバス方式で描かれたロマンチック・ラブ・ストーリー。
    冒頭の空港で再会のシーンに監督自身も出演している。立場を超えた愛、報われない恋、許されない恋、恋になる前に諦めた恋、親子愛、姉弟愛、夫婦愛、仕事のパートナーとしての愛まで。心温かくなること間違いなし、誰でもどれかこんな体験をしているだろう。結果として、主人公は観ているアナタ一人一人なんだよ、というメッセージを送ってくれる。そんな映画だ。

    ロンドン留学時代、一番の大親友が会いに来てくれたことを思い出した。空港へ向かう地下鉄の中でBuskers(大道芸や音楽で小銭を稼ぐ人たち)がキャロル・キングの「You got a friend」を歌った。手荷物チェック前、搭乗者以外はこれ以上進入禁止のチェックポイントがある。見送りで、私も親友と抱き合って泣いて別れを惜しんだ。チェックポイントの職員のオバサンが「やーだ、アタシまで泣けてきちゃうじゃないのよー」と言ってハンカチ出して涙ぐみ、なぜか三人で泣き笑いした。中学高校で一緒だった、互いに結婚し子どももいて飛行機使っても2時間余りの距離に住み年に一度も会えない、でも今でも一番大切な親友。

    やっぱり年なのかな。映画の中ではエマ・トンプソン演じる妻の涙が一番切なくなった。
    それと、親友の嫁さんに恋したことがバレてしまう結婚式のビデオ。胸がいっぱいになってしまった。そう。人は恋をすると、こうやって目で追ってしまう。いくつであっても。映画で描かれた恋のどれも身に覚えがなくても、目で追ってしまう経験はきっと誰にもあるはず。

    音楽が良い。結婚式や学芸会、ハッとするほど素敵な歌い手が所々に出てくる。もうちょっと聴いていたい。

    ちょっと茶化したくなるくらいワザとらしいというかロマンティック過ぎる場面もあるが、若ければ若気の至りで実際にやっちゃう気もする。
    やさぐれた私でも幸せな気持ちになれた映画。皆さんも自分の愛を見つけて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 月うさぎ

    2
    2013/12/24

    クリスマスをテーマにした恋愛群像劇。ということで観てみました。
    ごめんなさい。私にはこの映画はドハズレです。(T_T)

    部分的にステキなシーンはありました。
    キーラ・ナイトレイはめちゃくちゃきれいでしたし、
    結婚式シーンでビートルズのAll You Need Is Loveが演奏されるのも最高です。
    コリン・ファ―スのプロポーズの場面は感動的だし、
    アラン・リックマン(スネイプ先生ね)とローワン・アトキンソン(Mr.ビーンですよ)の二人の滑稽なシーンには笑いました。
    役者は有名どころがでていて、特にエマ・トンプソンは上手いですね。
    でも、正直それだけの映画でした。

    恋に堕ちるのに説明はいらないです。
    しかし登場人物たちが勝手に恋し合っちゃうってノリなんですよ。
    女はすぐにブラジャー姿になりたがるし。

    人物に自分も好感を持ち、この人になら恋するのもわかるなと思える
    そういう時間的な余裕もないし説得力もない。

    例えばイギリス首相がメイドに一目ぼれして仕事が手につかなくなり、
    嫉妬からセクハラのアメリカ大統領とケンカ腰の外交を展開。
    なんてありえません。

    大体この映画はアメリカにケンカを売っているのか?と思いました。

    アメリカを弱い者いじめと非難し、イギリスには歴史がある、ビートルズだっている、ハリー・ポッターだってある。と威張るシーンは笑っていいのか大真面目なのか理解に苦しみました。

    アメリカ女は尻軽でイギリス男がいけばすぐに群がってきて
    よりどりみどりでセックスし放題!
    そういう『妄想変態男』が出てきますが、なんとアメリカへ旅行し、妄想通りになります。
    ふざけるのも大概にしなさい!私はアメリカ人じゃないけど、それでも怒りますよ。

    クリスマス前の5週間の男女のドタバタが入れ代わり立ち代わり展開して
    いろいろな人間関係のサンプルがあれもこれもと紹介されるって感じ。
    しかも誰にでも恋は訪れるといいたげな作為がみえます。

    男女が発情しあっているのを眺めるのが楽しけりゃどうぞ。
    って感じです。

    注意:PG-12指定。オトナの表現があります。
    なんてありましたが、はっきり書いておくべきでしょう。
    AV俳優同士の素っ裸の性交撮影シーンを含みます。と。
    家族で観た人は特に悲劇です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告