映画-Movie Walker > 作品を探す > たみおのしあわせ > レビュー

投稿レビュー(15件)たみおのしあわせは星3つ

たみおとお父さんのしあわせ (投稿日:2009年8月26日)

お見合いが上手くいかない息子と2人暮らしの父。ぶつぶつ文句ばかり言って何もしない息子と、亡き妻の変わりに家事をこなすが煙草の臭いにもすぐ気がついちゃうようなちょっと神経質な父。お互い性格が合わないのか「それは言っといてよ」「何で言わなきゃいけないの」と意見はすれ違うばかり。
やっとお見合いが上手くいって結婚がまとまったあと、父も息子も相手には言えないような事が…
性格の合わない2人がそれでも相手のことを思って出した結果が奇想天外で面白かったです。
彼らの住む田舎町ののんびりした空気や、古臭いけど懐かしい家も、ちょっと閉鎖的な雰囲気がでて良かったと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:カロにゃん

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

女のしたたかさ (投稿日:2009年6月14日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

これは難しい作品です。勝手に「久美子姫応援団」を名乗った以上、見ざるをえなくなったのですが・・・。
はっきり言って、この作品で麻生久美子を論じるのは難しいですね。どういう役柄なのか最後まで分からない。
お見合いというシステムは私もさんざん経験したので言いますが、実は難しい。表面的に、キレイな美しい女性が実は何を考えているのか分からない。丁度、入社試験と同じですね。外見だけでは分かりませんから。
久美子姫の花嫁姿や浴衣姿は美しかったけれど、コスプレじゃないんだから、映画は人間を描いてなんぼでしょう。
たみおも何をしているのか分からない。職業すら分からない。これはおかしい。「大竹しのぶ」や「小林薫」の悪漢、悪女振り、お父さんの「原田芳雄」の子を思う親の姿には、本当に感動するだけに、惜しまれます。 »ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

この先は? (投稿日:2009年4月19日)

父と2人暮らしのたみおにお見合いの話が決まった事からの始まり。
父が自分の幸せを犠牲にしてまで息子の幸せを願うのもわかるし
息子が父親の相手に、亡くなった母以外の女性を認めたくないのもわかる。
そこへお見合い相手の女性が現れた事で、この親子のこれまでが変わるのが最初はわかりづらい。
他の登場人物も、もっと心情が描かれると思ったけどそれはない。
きっと彼はこうなんだろう、彼女はこうなんだろう、と観る側が作り想像してみたり。これは何かあるのでは?と深読みしてしまった見方は失敗する。
ラスト近く結婚式の日、たみおはそれまでの自分の気持ちや想いの葛藤があるが、そこが「たみおの幸せ」とは?と問いかけていたような気がした。
父親と2人で走り出してラストシーンまでは、それがたみおと父の幸せなんだ、と思うしかないのだが…
これから先の親子を知りたいと感じてしまった。そこが描かれていない所がまたこの映画の良さなのかも。 »ガイドライン違反報告

投稿:PAPA

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

たみおのしあわせ。って!? (投稿日:2008年12月20日)

父子で暮らしている息子にやっと良縁が・・・これで、父も一安心だったのが、最後はあつ!!と驚く展開に(~_~;)
結局、民生の幸せって何だったんでしょうか!?
と岩松了さんらしい作品になっております(*^^)v »ガイドライン違反報告

投稿:ふく

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「たみおのしあわせ」=「おやじのいいわけ」 (投稿日:2008年11月12日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

この親子はふたりだけで完結してるですね。
麻生さん、大竹さん、富士さん三世代の女優さんが、それぞれ癖の強い女ップリであっぱれでありますが、たくましく生々しく、そりゃ逃げ出したくもなるわな。

ラストシーンが有名な映画のパロディであることは賛否両論のようですが、本歌取りの形で余計な説明を要さないで終わらせる効果があって、なかなかうまく締めたものだなぁともいえませんかね。
岩松さんの作品はどこかフランスのコメディのよう、ベタでなくブラックでもなく、シニカルに乾いていて、日本の喜劇では珍しいタイプのように思います。
嫌いではないものの、ちょっと置いていかれ感が残ります。 »ガイドライン違反報告

投稿:やまんば

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

なんだかなぁ~ (投稿日:2008年9月14日)

これ、「たみお(オダギリジョー)のしあわせ」っていうより、
「たみおの親父(原田芳雄)のしあわせ」に思えました。

脇を、麻生久美子のほか、大竹しのぶ、小林薫というあたりで、固めて、
ラストは、あの有名な映画のパロディ。

それでいいのか?

たみおのしあわせは、どこいった?
結局、ファザコン男の話だったのか? »ガイドライン違反報告

投稿:KOH+

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

大大どんでん返し (投稿日:2008年8月27日)

結婚て、してからもたいへんなんだろうけれど、するまでもやっぱりタイヘンなのね!と未婚のわたしは思いました。なんだかんだいって思い合っている家族愛がすてきです★しかし、女は魔物なんですか?麻生久美子さん! »ガイドライン違反報告

投稿:可優乃

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

うーん。。。 (投稿日:2008年8月23日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

何とも言えないラストでした。好きかと聞かれれば、嫌いです。只、賛否両論なのは確かかと。

正直、父子二人で教会を出たときにこれもしかして夢落ちでまとめるのかなと予想してたんですが、卒業の上にフィールドオブドリームス。ここまでオマージュする意味って。。。

フィールドオブドリームスは、あのストーリーであの落ちだから良いんではないでしょうか。卒業までは、内容として良いとしても切って貼ったような落ちで、とても残念です。落ちだけそういうことされても、冷めてしまいます。そういう落ちでまとめるなら、フランソア・オゾンあたりを見習ってオマージュして欲しい。 »ガイドライン違反報告

投稿:IZ

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

居心地の悪さが続く・・ (投稿日:2008年8月19日)

観ていて何となく居心地の悪さが続いていた作品。
あちこちに散りばめられたすっきりしなさがたまってきた頃にラストを迎え一気にはじける。
そんな感じがした。

主人公はオダギリジョーというより原田芳雄か。
オダジョーは格好いい役ではない。
麻生久美子はやっぱりどこかずれた役柄。
大竹しのぶや小林薫ははまり役。

いろんな愛の形が描かれているが観ると結婚したくなくなる気がする。
少なくとも自分にはそう感じた。

最後に。
忌野清志郎はいらないでしょう?
携帯のくだりもない方がすっきりするのに・・。 »ガイドライン違反報告

投稿:takecy

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

泣いた (投稿日:2008年8月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

泣いた。ラストに母親が出てくるところ…ふたりの心の原点がしっかりと表現されてた。私が母子家庭で育ったこともあってたみおの手をつかんで逃げた父の姿が自分の母親に見えた。親子二人平凡でしょーもない毎日でもきちんと築きあげた生活があって、小手先の策略や弱さをなぐさめあうだけのアホな愛には負けないのだー! »ガイドライン違反報告

投稿:アキ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > たみおのしあわせ > レビュー