映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ワン・ミス・コール > レビュー

投稿レビュー(5件)ワン・ミス・コールは星3つ

想像の賜物から、押し売りの恐怖へ (投稿日:2009年8月31日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

焼き増しコンビニエンスホラーは
所を変え品を変え、現れては消えてゆく
痕跡も残さずに…

じわじわと肌から浸み込んでゆく恐ろしさは
熱し辛く冷めにくい

真綿で首を絞められる思いは、闇夜に突然首をもたげて
誰もいる筈の無い背後を振り返らずにはいられない

しばらくそんな作品に巡り会えないのは、自分が変わってしまったから?
恐怖の限界点を折り返し、初心に帰って味わってみたい »ガイドライン違反報告

投稿:ゆーみんぱぱ

評価:3
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

CMが一番怖いかも (投稿日:2008年7月27日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

「着信アリ」をハリウッド・リメイクした作品です。
「携帯に未来の日付で着信があり、残されたメッセージには自分の死ぬ時の声が残されている」という基本プロットを基に制作されています。
「カタコンベ」で「キャーキャー」と叫んで逃げ廻っていたシャニン・ソサモン演じる女子大生のベスの友人達が謎の着信音と共に亡くなって行きます、、、
妹を亡くした刑事ジャック(エドワード・バーンズ)とベスは謎の真相に迫るのだが、やがてベスにも着信メッセージが届くのだった、、、

はっきり言って、全然怖くありません、、、CMにも使われている通行人や親子などが不気味な顔というだけで、それ以外は驚くシーンもありませんでしたw( ̄▽ ̄;)w
まぁ今まで怖いと思ったホラー映画って、あまり無いのですが、(昔、山中湖の別荘で観た「リング」の2時間ドラマ版は、観ていた環境のせいか、ちょっと怖かったけど、、、)それにしてもこれは駄目です。
ホラー映画で眠くなるというのもどうなんでしょう、、、w( ̄▽ ̄;)w
この映画のポスターに使われている不気味な顔なんですが、「目の所が口になっているんですよ、3人の顔が合体しているんです」と一緒に観ていた友人が教えてくれるまで全然気がつきませんでした、、、
確かによ~く見てみると「おお~」って感じで上手く出来ています!
映画の中には驚くシーンがひとつも無かったけれど、ポスターには驚かされましたぁ(≧◯≦)ゞ »ガイドライン違反報告

投稿:フリーダ

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上品になりすぎたホラームービー (投稿日:2008年7月21日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

実はなにげにオリジナルは映画で観てません。
『着信アリ2』が公開の時だったかな?『着信アリ』『着信アリ2』の原作を漫画化した本が懸賞でたまたま当たって漫画で話を読んだことがあったので、その漫画のイメージが頭には残ってた状態で作品を観てました。
もっと残虐とも思えるシーンが多いかなと思って期待していたんだけれど、思ったほどではなかったかも。
めちゃくちゃ怖いって思えるほどの演出がなくて、しっくりとはいかなかったかな。
特にガッカリしたのはテレビ番組に出演させられて悪魔祓いを受ける女の子のシーン。あそこはもっと真綿を締め付けるような感じにして欲しかったのに。
あとは留守電に残されてるメッセージ。このメッセージの悲鳴がさほど怖さを煽らないために盛り上がりに欠ける面もあるかなと。
オリジナルを観てれば比較した感想とかも書けるのに残念。
フランス人の監督みたいなんだけれど、オリジナルにはなく彼のアイデアである死の着信電話を受けたものが見る幻覚とも思えるような映像が加味されているんだけれど、それが不気味ではあるもののちょっと上品すぎたんじゃないかなー、ホラーとして考えると。

主役のベスを演じるのは『カタコンベ』のシャニン・ソサモン。彼女のどこか優等生めいた雰囲気と、幼少の頃のトラウマに苛まれる演技はこの映画にはうまくハマっていたように思える。
刑事のジャックはエドワード・バーンズが演じる。彼の声はちょっと高めなのでホラーには似合わないかなーっていう気もするんだけれど。
そして、デーブ・スペクターのチョイ役での出演。ちゃんと観ていないと見逃しそうなくらい。

全体的な印象としてはオリジナルにはない魅力を創造しようとして、全てが中途半端になってしまったような印象が強いかも。 »ガイドライン違反報告

投稿:しんぽん

評価:2
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

デーブ・スペクターが変!! (投稿日:2008年7月10日)

今日は久々のホラーでした。
みんなはパクリだ~ぁとかって評価低く言ってるけど、日本のやつはちゃんとは見てないけど、呪っぽくて暗くて気持ち悪い!!
私的にはアメリカのやつの方が、ドンっとか驚かされたりで好きです。
パクリと言えばパクリなんだけど、アメリカ版はアメリカ版でまた良さがあります。
まずは火事から始まって、池の中から手が出できて人と猫が引きずり込まれちゃって......いや~いきなりドキッとさせられました。その他にも何度か驚かされましたけど.......。
着信を受け取った人が次々死んでいくところは、ちょっとファイナル・デッド・コースター的なところもありました。
一瞬ですけど、デーブ・スペクターが出てきたところは、ちょっと心の中で笑っちゃいました。なんか変って!!
そうそう、着信の音はもう少し怖そうなのにしてほしかった。
それにしてもベスはあんなに怖い思いをしてよく平気だと!? 私だったら腰を抜かすか気絶してます。 »ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ジャパン・プレミア (投稿日:2008年7月8日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

モーニング当選ニッショーホール18:30開演一人で。

土壇場まで、見に行くかまよった末に、GO!会場には開場時間過ぎの18:10くらいに着いたのですが、なぜか長い行列が。例の目が口のおばはんのお面をつけた(これが不気味)スッッフゥが受付しておりこれが手際が悪い。会場の中も不気味な顔のステッカーがそこらじゅうにはりつけてありました。ホール内は既に暗く、赤のサーチライトが会場をなめるように照らしていました。
司会の小倉淳登場しイベント開始。まずお面着けたワンミスコールガール4名が入場。司会の誘導に応じ、お面取りコートを脱いでビキニ姿へ(一人はHカップの女子高生!遠くからもでかいのよくわかりました)次に、一番寒かったんですが、ハリウッドからのゲストということで、若手芸人?のダイ・ハードマクレーンとランボーの物まね(なんで出てくるの?)、本日のメインデーブ・スペクター(映画の出演もイベントも影が薄かった。自分でも自虐気味にコメントしていましたけど)、一番沸いたのは、ビヨンセの物まねの渡辺直美(ドリームガールをフルで踊ってくれました、勿論裸足)と最強ホラーといわれているにも関わらず、イベントは背筋が凍るくらいさぶい内容で参りました。(角川さんもう少し考えてほしかった)


映画も残念ながら、TVCMと全く別のイメージで正直怖くありませんでした。
もともとびびりで怖がりなのにホラー好きな阿呆な私ですが、こんなに怖くないとは。あの口が目になっているおばはん出番少な過ぎ、アップのないんですよ。あのおばはんがばしばし登場すると思いますよね。まあ、冒頭からの出だしは、テンポよくまるでファイナルデスティネーションのような感じでいい感じだったのに・・

ラストもねぇ~。
完全に肩透かしのホラーでした。 »ガイドライン違反報告

投稿:HAL

評価:1
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ワン・ミス・コール > レビュー