映画-Movie Walker > 作品を探す > ネコナデ

ネコナデの画像

大杉漣主演のハートウォーミング・ドラマ。冷酷無比な企業戦士として生きてきた中年男が、子ネコとの出会いを通じて変わっていく姿をコミカルに描き出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 34
レビュー 8
投票 26
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 78% (11)
星4つ 100% (14)
星3つ 50% (7)
星2つ 14% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

IT企業デジタルドラゴンの人事部長・鬼塚太郎(大杉漣)は社長・辰美孝四郎(鶴見辰吾)の元、必要のない社員を容赦なく切り捨てていた。そんな人事部では第二新卒の研修が始まる。一方で人を取り、一方で切るという矛盾に鬼塚は気づいていた。しかし人前で弱みを見せられない彼は、帰宅途中のベンチで胃薬を流し込む毎日を送っていた。研修が始まる。鬼塚の厳しさに震え上がる新入社員たちの中で、田中亜里沙(黒川芽以)は彼を睨みつけるように見ていた。鬼塚の部下・君島凛子(青山倫子)だけがその視線に気づく。いつものように鬼塚は帰宅途中にベンチに腰掛ける。すると捨てられた子猫を見つける。気がつくと彼は子猫を抱いて家の前にいた。しかし妻・静子(原日出子)に隠し通せるはずがない。そこで研修社員用に借りたウィークリーマンションの1室に子猫をかくまう。鬼塚は子猫をトラと名付け、慣れない世話に奔走する。ある日ウィークリーマンションから電話が入り、解約された部屋の清掃をすると言う。慌ててトラの元に向かう鬼塚を見て、凛子は不審に思う。一方仕事では、同期入社の間島新次(螢雪治朗)を解雇しなければならなくなる。野外での新人研修の最中、鬼塚がトラを拾ったとき、一緒に子猫を拾ったカップルの男性を見つける。鬼塚が話しかけると、彼はその子猫を自分の都合で捨てたと言う。それを聞くと鬼塚は彼に殴りかかる。凛子や亜里沙は、鬼塚の行動に呆然とする。殴られボロボロになった鬼塚はトラの部屋に行く。そこには凛子がいた。彼女はトラのことも、亜里沙が、同社の社員だった姉のリストラを鬼塚のせいだと誤解していることも気づいていた。研修最終日。亜里沙は鬼塚を誤解していたことを知り、彼に頭を下げる。すべてのリストラを終えた鬼塚は、辰美に辞表を出す。鬼塚はトラを抱いて家に帰る。家族たちは彼とトラを優しく迎え入れる。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 AMGエンタテインメント
上映時間 85
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大森美香
製作 永森裕二間宮俊二関佳史松本宏青柳洋治波多美由紀細井俊介江副順夫小川貴史陣汰朗
プロデューサー 平体雄二
原案 永森裕二
脚本 永森裕二
撮影 近藤龍人
音楽 遠藤浩二
主題曲/主題歌 つじあやの
美術 高尾研吏
録音 古谷正志
音響効果 浦畑将
助監督 北川博康
照明 藤井勇
ライン・プロデューサー 宮田幸太郎

キャスト

鬼塚太郎 大杉漣
君島凛子 青山倫子
田中亜里沙 黒川芽以
鴻池真 もたいまさこ
間島新次 螢雪次朗
鬼塚静子 原日出子
辰美孝四郎 鶴見辰吾
久我珠代 入山法子
長島道子 立花彩野
西条康友 海東健
EMI
六角精児
和田聰宏

レビュー

かわいい

投稿者:こむり

(投稿日:2008/08/12)

猫に癒されます、そのかわいさに無性に猫に触りたくなります。何…

[続きを読む]

支持者:0人

人は優しさを持っている、、、

投稿者:Code

(投稿日:2008/08/09)

人はいくつもの面を持って、いろいろなことに 立ち向かってい…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ネコナデ