映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 > レビュー

投稿レビュー(14件)次郎長三国志は星3つ

人情話 (投稿日:2011年10月11日)

次郎長モノでチャンバラが多めだろうと思ったら、意外にもドラマ性が高かった。チャンバラシーンよりも人情話に重きが置かれているのでしょうね。
中心となるのはやはり次郎長とお蝶。この二人の関係をじっくり描いていますが、個々の登場人物の描写は少し甘いかも。観る人は分かっているはず、と丸投げされているようなところがあるように感じました。

全体的にはテンポよく話が進み、演出も軽妙なので楽しめます。
同じような面子をそろえた時代劇をいくつも観ている気がしますが、とにかく出演俳優が豪華なところも良いですね。
三馬政役の竹内力さん、この方が出演するような映画には全く縁がないのでまともに観るのは初めてに近かったのですが、"力演"でした。
女優さんでは木村佳乃さん演じるお園が良いキャラクターで、上手いなぁと感心。 »ガイドライン違反報告

投稿:SNAIL

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いまさら次郎長で何を表現したいの? (投稿日:2008年10月5日)

監督さん何を表現したいの。義理・人情??そうそうたる役者を使いながら・・竹内力だけが少し面白く演出されていた?。前作の”寝ずの番”???あれはそれなりに面白かったが、今回はまったく!
私には何が面白いかまったくわからない映画だった。ポイントで観たからまだいいが、1800円も出すくらいだったら観にはいかない。ちょっと言い過ぎか? »ガイドライン違反報告

投稿:コサカイ

評価:0
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キャスティング変更しただけ? (投稿日:2008年10月3日)

なぜ、いま次郎長なのかよくわかりませんが、従来の次郎長ものと基本的に変わりなく、特に切り口が斬新というわけでもなかったです(退屈)。キャスティングが変わっただけのようが気がします。評価できるのは、竹内力が演じたぶっこわれた三馬くらいかな。蛇足ですが、昔TVで次郎長を演じていた竹脇無我も出演していました。しかしこの映画、興行的に厳しいと思うのですが、よく製作OKでましたね。視聴層が限定的で、平日昼間に見ましたが、リタイヤしたご高齢の方が数人という状況でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:Starshiptroopers

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

(投稿日:2008年9月26日)

わざとらしいセリフ回しに、大勢の中に突っ込んでいく盛大な殺陣、そして、義理・人情。昔ながらの時代劇の雰囲気を大事にして作られた、大衆的娯楽映画が「次郎長三国志」である。
かんざしを口にくわえたり、薄暗い賭場、紅葉に茶畑など、絵になるような風流な見せ場が約二時間という上映時間の中にふんだんに盛り込まれていて、なかなか目を楽しませてくれる。そして、ニヤリと笑ってしまったり、ふふっと微笑ましく感じたり、決して爆笑ではないけども、面白おかしいシーンもところどころに入っていて、非常に和んで観ることが出来る。
何より、見せ場の殺陣が良い。三味線の弾力性のある音色が、戦いの激しさを物語り、嵐のように展開していく。これは、観ていて爽快だった。時代劇の持ち味を魅せてくれたように感じた。
あとは、やっぱり豪華な役者陣だろうか。主要キャストはもちろん、脇にも知った役者があちらこちらに出てきて、その登場がまた観客を楽しませてくれる。若干一名、セリフ棒読みの役者はいたが、それには触れないでおこう。
しかし、問題はやはりあった。
まず、話の繋ぎ方がスムーズではない。ある場面から別の場面へ移るとき、唐突に切り替わる。一カ所、二カ所ではない。多くがそうだ。切り替えるところを、ぶつ切りにしたかのようで、観ているこちら側としては、場面が変わる度にガクッとなる感じだった。「そこで、変わるのか!」と心の中でツッコミを入れてしまうほどだ。
更に、見せ場をたくさん入れようとした結果からか、ストーリーにまとまりがなく、焦点がぼやけ、流れを理解するのに少々混乱を感じた。そして、何が重要で、誰が要注意人物なのかという辺りも定まりがなく、ラストに中途半端さを感じた。これは、私の理解力不足もあるが、しっかりと焦点、目的を絞って見せたほうが、テンポが良かっただろうし、飽きも来なかっただろう。焦点がぼやけていると、中だるみが起き、時間も長く感じてしまう。まぁ、話の流れを整理すると、二時間もかからなくなってしまうようにも思えるのだが……。
昔ながらの時代劇が好き、出てる役者が好き、そういう人は、観ても悪くはない映画であった。 »ガイドライン違反報告

投稿:きっちゃん

評価:2
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

雑な映像でありがちなストーリー・・ (投稿日:2008年9月25日)

渡世人清水の次郎長とその一家にふりかかる出来事を描いた時代劇映画です。
シリアスなシーンも見え隠れしますが、基本的にはコメディタッチです。

一家に降りかかる出来事を次郎長の権力をもってまとめていくのですが、
全般的にはありがちな時代劇ストーリーです。率直にいって、特に印象に
残るような場面はありません。感動を誘おうとするようなシーンはあるのですが、
カットが中途半端に思えて、僕は没頭できませんでした。

それ以上に気になったことは、映像が雑で汚いことです。速い殺陣シーンでは、
役者の動きがブレているし、森の中のシーンでは明暗がボケてハッキリせず、
役者の顔のアップもズレてタイミングも外していて、違和感を感じました。
「ブレ・ボケ・ズレ」と、してはいけない映像をそのまま映画館で流している
ことが不思議に感じました。 (これはワザとなのでしょうか?)

キャストは大物や演技派の俳優がたくさん出ていて、それぞれがその人に
しか出せないような味のある個性的な演技をしています。
主演の中井貴一は人情味溢れ慕われる男を・・鈴木京香はしっかりもので
一途な妻を・・十分な働きをしています。脇を支えた笹野高史や北村一輝、
お色気たっぷりの高岡早紀、根っからの悪党の竹内力などは、旨味を出した
演技で、全般的にもキャスティングに関しては、優れていると思います。

時代劇好きで馴染んでいる人には、ある意味で安心できる内容かもしれません
が、そうでない方には、物足りない映画だと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:ウィルチェアマン

評価:2
星評価

6人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ある意味・・・ (投稿日:2008年9月25日)

ある意味、大人の映画だと思う。

いっけん、わざとらしいよな大げさな演技・・・
物語の展開の仕方・・・
昭和の香りが、プンプンです。

ノスタルジックな気分。

鶴吉さんの件のあたりから、何回か涙が出た。

それにしても、豪華キャスト・・・
さすが、マキノ監督!!であります。


たまには、こういう映画もいいな~と、しみじみ思った。 »ガイドライン違反報告

投稿:ねこぴ

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

予想通りの残念な映画です (投稿日:2008年9月22日)

「次郎長」と「忠臣蔵」は、日本人が大好きな話で、大外れすることはありません。本作も、その点では救われていると思います。でも、所詮は役者の撮ったビデオでしかありません。スタッフも監督をナメ過ぎじゃないでしょうか。可哀想なくらい、仕上がりの粗いフィルムです。アップの頭やアゴがちょん切れていたり、SFXや加工に至ってはネットで素人にやらせた方が上手いですよ。監督はどうあれ、プロとして恥ずかしくないのか、こんなんでお金取って劇場で写して良いのか問いたくなります。次回作を撮られているようですが、同じスタッフならば、全く期待できません。本作は津川雅彦さんが姓を継いだ、マキノ雅弘監督の名作シリーズでもあり、失礼極まりなく、遺憾です。

この映画は、作成中に情報を頂きまして、正直心配していました。レビューを読ませてもらって、最近、TVや映画で次郎長シリーズをやっていないことが裏目に出ているように感じてましたが、正にその通りに仕上がってます。予備知識の無い方には、この映画は全く面白味の無い映画です。そして、次郎長一家のイメージを悪くしかねない、次郎長ファンにとっては悲しい映画です。他の監督・キャストで、また撮って欲しいです・・・武居のドモ安から荒神山まで3部といわず8部作で。

次郎長に関して予備知識を持っている、あるいはシリーズをご覧になった方々であれば、それなりに楽しめると思います。
監督の奥さん、兄さん、娘さん・・・と身内や友人を贅沢にちりばめているので、津川雅彦ファンにはたまらない映像でしょうね。一般人には、ホームビデオですよ(笑
真由子さんを売り出したい親心でしょうか・・・虫酸が走ります。

こんな駄作でも、お金を払って観るべきは、役者さんの演技です。流石に役者出の監督だけあって、この配役でみごとに次郎長一家を作っています。相撲常は抜けてるし、石松は弱すぎると思いますけど(笑
特に、笹野高史さん(法印の大五郎)は素晴らしい。他の映画でも名演を見せてくださっていますが、本作でも笹野さんは光っています。また、池田勝馬への布石を見せる佐藤浩市さん(黒駒の勝蔵)も素晴らしい。それから、イメージピッタリなキャストで演技もバッチリなのが高岡早紀さん(投げ節お仲)です。もちろん、大好きな北村一輝さんをはじめ、みなさんGJです。演技がイキイキしてるんですよ。その点だけはお勧めです。ただし、名演の無駄使いも同時に起こるので、そうした映画が嫌いな方にはお勧めできません。

ご覧になろうとお考えの方は、チケット屋、レイト、1日など、できるだけ安くご覧になることをお勧めします。少なくとも、1800円の価値はありませんし、わざわざ観るなら、「おくりびと」をお勧めします。 »ガイドライン違反報告

投稿:しろくま

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

義理と人情☆ (投稿日:2008年9月21日)

もの凄く楽しめました。時代劇という固定概念ではなく、一人一人の人間がとっても生き生きと描かれていて、笑いあり涙ありの、暖かいドラマだと感じました。中井さん、岸部さん、温水さん、笹野さん、北村さん、鈴木京香さん…、それぞれの持ち味、よく生かしています!
私としては、温水さんの石松、大好きです。 »ガイドライン違反報告

投稿:たっちゃん

評価:4
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

う~ん(;^_^A (投稿日:2008年9月21日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

何だか、テレビ時代劇を大型画面で見せられたような感じがします・・・(;-_-+

紋切り型の時代劇とでも申しましょうか?
完全に、ズレた感じがするのです。いや、ズレたらズレたなりの良さがあるのですが、どうも分からなかった・・・(^。^;)

せっかくの豪華な出演者を、生かしきれずに終わってしまったような気がします。

義理人情と任侠の世界の割には、切れ味が悪いと申しましょうか、展開にキレがないとでも申しましょうか?

監督の思い入れ深い作品(リメイク作)だとは思うのですが、今時の映画と言うよりは、大昔の映画をテレビ的に見せてしまったような、世界観の狭さを感じずにはいられません。
テレビ時代劇の良さは、感じます!
唐突なキャスト登場とか、イキナリの場面展開とか、セットの小ささとか、それは、テレビ的で見ていて飽きないような作りなのです。でも、やはり映画だし・・・。

緻密で繊細でと言う部分も大切にして欲しかったな。

そうそう、年齢層高かったです~♪
もう60代以上限定みたいな(;^_^A
それなりに喜ばれてましたしね。 »ガイドライン違反報告

投稿:たまちゃん

評価:1
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

この違和感を何とかしてくれ~!! (投稿日:2008年9月16日)

凄く笑った気がする。
豪華キャストが沢山出ている気がする。
皆さんの演技も素晴らしかった気がする。
音楽も楽しい気がする。
映像が綺麗な気がする。
殺陣が良かった気がする。

でも物凄く長い気がした・・・
何故か楽しめた気がしなかった・・・
何もかも空周り・・・

残念だ。残念だ。。残念だ。。。

静流の一言「毒を吐く気にもならない。」(充分毒だけど)

»ガイドライン違反報告

投稿:静 流 

評価:2
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 次郎長三国志 > レビュー