TOP > 上映中の映画作品を探す > ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 > レビュー

投稿レビュー(9件)ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発は星4つ

つい居眠りをしてしまった (投稿日:2008年10月22日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

TV版怪獣映画!
別に映画にしなくてもとは思うが、ま~意図的にこんな風に作っているのだろうし、笑いも所々散りばめてあるし、これはこれで いいかもしれない。それにしても1時間位でまとめた方がいいんじゃ、久しぶりに劇場で居眠りをした。 »ガイドライン違反報告

投稿:コサカイ

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いいのだろうか(笑) (投稿日:2008年9月17日)

41年ぶりの銀幕復活。ギララのシーンになると映像も41年前に舞い戻った
かのような低予算。
痛烈な時事ネタのパロディ。各国首脳までその言動、容姿もお笑いネタに。
さらには、アメリカ映画にありがちなヒーロー像までをパロディとしている。
クレームこないのか心配するほど。
B級映画ですから、突っ込みどころは満載。最後は「たけちゃんマン」を
彷彿させる終わりかた。
馬鹿馬鹿しい笑いのオンパレードです。
この時期だから笑えるネタでもあるけどね。
でも、消火器と傘は拙いだろう「たけ魔人」。
まぁいいかぁそれも(笑)。♪ネチコマ、ネチコマ♪
»ガイドライン違反報告

投稿:寿々喜

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ウルトラマン+タケちゃんマン映画w (投稿日:2008年8月7日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

いやぁ~凄い凄い。
全く期待せずに行ったのに、70~80年代の懐かしさとG8首脳陣に対する皮肉りぶりが笑えますw
特におフランスのあの御方は何しに日本へ来たんだか・・・;え?ナニしに来たんですか?(苦笑)
最初の30分は怪獣の登場の仕方や街の壊し方等、ウルトラマンを彷彿させてくれます♪
東スポの記者―って所も信憑性(?)があって良いですwww
<中>で表記される国が、宇宙から連れて来てしまった怪獣が北海道で暴れ捲くる。
何処からとも無く現れたガキんちょが名付けた<ギララ>を退治する為に、先ずは日本が提案したミサイル攻撃。狙いを定めて発射するも、ギララに美味しく食されてしまいますw
次に出たのがイギリス提案の落し穴作戦。想像を絶するショボさです;―ってか、落とした後の処置を何も考えていないアホさ加減に笑えますw
当然、ギララは這い出て来ますwww
お次はロシア提案の毒液注入作戦。バッタリ倒れるギララ。しかし、史上最強(最凶?)の毒液もギララには麻酔薬程度の効果です;
そして「ロシアの尻拭いはいつもドイツの仕事」と、ギララにビニール(笑)をかけて密封し、毒ガス攻撃を開始するドイツ。しかぁ~しギララには毒ガスがは眠りから目覚めさせる効果にwww
眠っている間にレーザー光線で首切っちゃえば良いのに・・・全く;
そしてイタリアが精神崩壊させる超音波攻撃を実行。ギララの頭にフィットする巨大なヘッドホンは日本製ですか?
精神崩壊したギララは好き勝手に暴れ捲くる。もうお手上げじゃね?―となった時に現れたのが大泉元首相。
「もう核攻撃しか無いんじゃん?」と、提案する(否、勿論こんな軽い口調ではありませんよ?!)。当然驚く各国首脳陣。
実は彼は隣国の<朝>が付く国の主席の変装だった!!そして、今回の映画で一番の謎が・・・
何で他の首脳陣は母国語で話しているのに、この人だけ日本語で話してんの?大泉に変装するから勉強したの?(大笑い)
一方東スポ組は、謎の集団と一緒に村人が崇拝する守り神<タケ魔人>を召喚する(目覚めさせる?)為に「ネチコマネチコマ」と、怪しげに歌い踊りますwww
北の御方が独断で自国の新兵器<ポテドン(失笑)>。ポテドンは半径2Kmしか被爆しない高性能な核だと豪語する。しかし、これ以上ギララに高エネルギーを与えると分裂してしまい、世界中にギララが現れるとの事。
北の御方を羽交い絞めにし、必死で核発射ボタンを押すのを止める首脳陣達。しかし、本当のスイッチは眼鏡だった!(え゙~;)日本へ向かって発射されるポテドン。
ポテドンがギララに命中する寸前。皆の思いが通じ、タケちゃんマン・・・じゃ無くて、タケ魔人が現れてギララと格闘してくれます。
―ってか、コレ本当に中の人もビートたけしなの?声だけなんじゃない???
死闘の末、背中の飾りを投げつけて見事ギララの首を切断。お約束で爆発するギララwwwwww
評価は映画の内容では無く、出演者達の評価です(苦笑)
水野さん頬こけてましたねぇ~;

自主制作映画を観ている感じですので、正規料金で観るのはお勧めしませんw »ガイドライン違反報告

投稿:さき

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

悲しい・・・・ (投稿日:2008年7月27日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

前売鑑賞券1000円シネパトス1 14:30開演一人で、50名くらいの入り。

製作に叶井俊太郎がいることに気づいたのがオープニングでした。はっきり言ってかなりのおバカ映画です。私には、苦笑の部類の映画でした。

いきなり札幌に落下してきた宇宙怪獣ギララ(冒頭は前作のまま、サミット会場に何故か紛れ込んだ少年が名付け親)造形(特にあの赤いゴルフボールのような眼は、お金かかっているようで見事でかっこいい。

といいながらも気に入った点もあります。
①昔の特撮もので活躍した方がでるわでるわ。ウルトラマン黒部進、ウルトラセブン古谷敏、ミラーマン和崎俊哉、帰ってきたウルトラマンきくち英一、キャプテンウルトラ中田博久等々オールドファンにたまりません。
②特別出演の3人のインタビューは最高です。遺作となった水野晴郎さんご冥福をお祈りします。
③ネチ・コマネチ音頭(本物のナディア・コマネチに見せてあげたい)

やはり、怪獣ものは、平成ガメラのようにまじめにシリアスに製作してもらいたいと私は願うのです。 »ガイドライン違反報告

投稿:HAL

評価:2
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

R-15の怪獣映画。小学生の学芸会レベル、お馬鹿映画としても今ひとつ。お金と時間の無駄。 (投稿日:2008年7月26日)

やはり、松竹映画では怪獣映画は鬼門なんでしょうか。

R-15の怪獣映画。
ギララ世代のお父さんが、お子さんを連れて見に来ると少し困るシーンがあるかも。

お馬鹿映画としても、脚本や演技が小学生の学芸会レベルと感じてしまいました。

許せないのは、怪獣の特撮シーン。
昭和42年のオリジナルシーンをそのまま使っている事。

ビルや服装、車もレトロ。
ギララが踏みつける車は幼児のおもちゃにもならないような安っぽい車。

あのギララのシーンは「寅さん」のオープニングの夢のシーンでも使われてましたね。

怪獣映画と思って観に行った私が、映画以上にお馬鹿だったのかも知れません。

ここ何年かで、時間とお金を無駄にしてしまった後悔が募る駄作でした。
観客の何人かの人が、トイレに行ったまま戻って来ませんでした。
»ガイドライン違反報告

投稿:のんちゃん

評価:0
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

当時と 一緒 (投稿日:2008年7月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

試写会で見てきました、

これは たけし映画なのか(◎∇◎;)
最近見た たけしえいがのなかでは ピカイチでした、

ギララは 41年ぶりらしいが なんか 当時の映画と一緒 これは いい意味なのか!

 加藤夏樹さんは とてもいい味をあしてましたが、和樹さんは・・・・
「これで いいの?」

»ガイドライン違反報告

投稿:みかん むらお

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

政治パロディ (投稿日:2008年7月23日)

試写会で観てきました

「昭和の怪獣映画」のリメイクなのかと思ってましたが違いました(^^;)

一言で言うと「アホすぎる~」(笑)
なんていうか、、、オモシロイ映画でした(^^;)
特撮、SF、政治パロディ、ドタバタコメディなど
いろんな要素がてんこ盛りでした

G8各国首脳のそっくりさん(?)が
ほんとに「言いそうな事」を言いまくる!
「やりそうな事」をやりまくる!
パロディだし、デフォルメされてるんだけど
みょうに納得できるのが面白かった
G8各国首脳に見てもらいたい、特にフランスのあの方に(笑)

たぶん、アタシが解らないだけで
他にもパロディや小ネタがいっぱいあるんだろうと思います
特撮ファンなら、もっと楽しめるのかも?

ビートたけしさん、どこに出てくるのかと思ってたんですが
「えー?!うそー?!マジ?!(失笑)」って感じでした(笑)
そして加藤夏希ちゃんが体当たりで(笑)頑張ってました
加藤和樹クンもカッコイイので
それだけで観に行ってもいいんじゃないかなー(^^) »ガイドライン違反報告

投稿:るの

評価:3
星評価

6人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

SF特撮映画の新次元を開いた伝説の名画であります! (投稿日:2008年7月22日)

河崎監督は、強烈なアイロニーと、思わず脱糞してしまうほど凄まじい笑いを見事に結合させ、なおかつ観客をホロリとさせるペーソス満点の映画を作ってきた現代日本映画界の天才であります。或る意味、バカボンのパパなのだ。ご自分では『日本以外全部沈没』とか『ヅラ刑事』とかこの作品をバカ映画だと卑下しておられるが、神話学的な物語の作風をバカ丁寧に映像化した、すばらしい作品になっています。着ぐるみ怪獣映画で、これほどインテリジェンス溢れた作品を撮ったのは凄い! できればギララでも大魔神でもタケ魔神でもいいから、寅さんシリーズみたいに着ぐるみ怪獣映画のシリーズ化をしてほしいと、松竹のお偉いさんに心からき望むものであります。 ええ、もちろん河崎監督でね! »ガイドライン違反報告

投稿:ダンス天国

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

帰ってきたギララ (投稿日:2008年7月8日)

この時期だからこそ作られた河崎作品。
音楽やタイトルバック、
いたるところにある小ネタに
特撮作品への愛があふれています。
(褒めすぎ)

突如現れた宇宙怪獣ギララと
それに立ち向かうのは
サミットに集まっていた各国首脳達。
各国事情を生かした
攻撃方法がおかしいです。
ギララだけではなく、
あの国も陰謀をめぐらせているとは!?

今回は、復活したギララの着ぐるみが
すばらしい。
おかけで昔のフィルムを流用してても
気がつかない人も多いのでは。

ここだけの話、
エキストラに参加してるんですが
劇場のスクリーンでバッチリ確認できましたw »ガイドライン違反報告

投稿:うろ

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る