TOP > 映画作品を探す > 20世紀少年 第1章 終わりの始まり > レビュー

投稿レビュー(96件)20世紀少年 第1章 終わりの始まりは星4つ

飽きさせずにみせ切るチカラワザ (投稿日:2008年10月3日)

「えっ!? ここで終わり?」

見終えて最初の感想が、これでした。
原作コミックスは未読です。

3部作のトップバッター、ということは事前情報で知っていました。
それにしても、この幕切れは1本の映画としていかがなものか、と感じずにはいられませんでした。
思い切りよすぎる放り投げ。

……な~んて、出だしから腐してしまいましたが。
逆に言うと、「あ~あ」と思ったのはその点だけ。
そして、唯一、腐したくなるその点も、パンフを読んでみると提幸彦監督にはそれなりの狙いというか想いがあったようで。

週刊連載マンガの「次週に続く!」みたいな感じを出したかったのだそうな。

なるほどね。
なんか、それはわかる気がします。
自分が作り手の立場だったら「それおもしろいね!」と盛り上がっていたかもしれません。

「端折りすぎ」
「ストーリーがドンドン進んでついていけない」
「キャラクターの背景がわからなさすぎ」
「途中で長く感じた」
……などなどのレビュー・感想をネット上で散見しましたが、私は飽きずに最後までみられました。
わかんないことも確かにありましたが、そういうことをモノともしない勢いといいますか、ディテールの巧さを感じたのです。

ホントならオハナシとしては「まだ途中」なので評価は避けたいところですが、最後までみせ切ってくれたチカラワザと、次作以降への期待とを合わせて3つ星にしてみました。 »ガイドライン違反報告

投稿:山久友

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

劇場シリーズものとしての期待 (投稿日:2008年10月1日)

20世紀少年は、星雲賞を受賞した原作コミックを、出来るだけ忠実に再現するような方法で撮影が行われたということですが、実は原作をまだ読んでいなかったりします。でも、原作を知らなくても、物語はセピア色のSFといった感じで、楽しめました。最後に盛り上がっておしまい、予告編付きと、最初から3部作という利点を活かした演出になってますね。
謎もしっかりと残していますし、次作も観なくちゃという気にさせる作品になってます。残りの2作が、どう構成され演出されるのか、気になるところです。 »ガイドライン違反報告

投稿:清水の伏竜.

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キャスティングは、大満足 (投稿日:2008年9月30日)

あえて、原作は読まないで鑑賞しました。

予告編から感じてた、もっと、漫画っぽい印象とは少し違って、やや、重い感じでした。

観終わって、すっきり感は無かったかな・・・

でも、続きは観ようと思います。
できたら、同じ人と一緒に観にいきたいな(笑)

»ガイドライン違反報告

投稿:色師

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ともだち (投稿日:2008年9月28日)

原作よんでいなくて見に行きました。
あまり期待してなかったのですが、十分楽しめました。それにしても豪華な俳優人ですよね。それだけでも見る価値あり。

結構長かったにもかかわらず、昔と現在の描写のからみのせいなので、あまり苦になりませんでした。 »ガイドライン違反報告

投稿:solt

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作必須! (投稿日:2008年9月28日)


キャスティングがばっちり!

ヤン坊、マー坊が激似!幼少時代も、大人になったのも、最高でした!

ただ、原作読まないとこの展開分からないんじゃないかなーと思いました。

そして、原作と一緒だから、忠実に再現している感じなので、新たな感動とか、新鮮さには欠ける映画だなーと思いました。

漫画とどう違うか、ちゃんと再現されてるのかを確認しに行った感じ。。

第二弾を観にいくかどうかは考え物です。
»ガイドライン違反報告

投稿:アメリ♪

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作も読まずに、予習もせずに観に行ったら。話のテンポも早くてサッパリ判りませんでした。 (投稿日:2008年9月27日)

でも何となく犯人「トモダチ」は誰だか判りました。
また死んだあの人もきっと生きているんだろうなと言う事は判りました。

原作を読んだ人に聞いたら、原作は複雑で映画は原作と同じ画で描かれているようです。

何度も立ち止まって読み返せる本のストーリーをそのまま映画にしてハイテンポで見せられたら
原作見ていない人間は着いていくのに精一杯で楽しめませんでした。
原作観てた人も漫画のコマが映画のカットになって進む映画ならどうなんでしょう。
»ガイドライン違反報告

投稿:のんちゃん

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

2時間半なのにダイジェスト (投稿日:2008年9月27日)

2時間半もある作品なのに、それでもなおダイジェストを観せられた気分。
原作は、連載をリアルタイムで読んでいました。その立場からすると「薄い」のひと言。ましてや、原作未読の人にとっては、説明不足の人間関係やかなり唐突な展開に「?」な気分になるのでは?

キャスティングはふれ込み通り豪華。
冒頭の同窓会のシーンだけでお腹いっぱい。
でも、この第一部では顔見せだけのヒトもいて、これまた原作を知らない人にはいささか不親切な作りじゃないかと思いマシタ。

昭和40年代の子供時代を演じたコ達はなかなか良い演技でした。
特にドンキーの純粋さ、ヤン坊マー坊の憎たらしさは「お見事」。
この部分は2部、3部も楽しみにしていましょう。


(遠藤憲一が出て来るシーン、一瞬宮迫博之と見間違えたよ) »ガイドライン違反報告

投稿:E-DOM

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ながっ! (投稿日:2008年9月26日)

原作は読んでませんが、俳優陣が豪華な話題作ということで見てきました。

出る人出る人み~んな有名な人ばかり!そして、よく作ってある!お金かかってるな~~という感じでした。

でも、長い!上映中にも「えっ!もう終わりじゃないの?」と思いましたが、最後も二部に続く・・。ですので、あ~まだあるんだーーという感じ・・。

むやみやたらに芸人を出すのはどうか・・と思います。

でも、マトリックス同様、三部作全部見てしまうような気がします。

 ・昭和の雰囲気が出てくる映画が好きな方
 ・子供の頃の夢が「世界征服」だった方
 ・とりあえず、話題の映画は見ておこうと思う方
 にお勧めです。 »ガイドライン違反報告

投稿:2006年から映画

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あーそびましょ! (投稿日:2008年9月24日)

本作だけでも、十分楽しめる内容ですし、中途半端にも終わってなくて、次回につなげつつキチンと完結して終わっているので消化不良にならない娯楽映画です。

浦沢先生の他作品にもある、謎の多いストーリー展開も味わえましたし、原作を読んでないので想像ですが、原作ではエピソードが多すぎて、ストーリー展開に多少じれったさを感じるのが、映画ではちょうどよいストーリー展開なのでは???

ハットリくんのお面やシンボルマークの不気味なこと!!!私も20世紀には人類滅亡するんじゃ?と子供の頃想像してた子なので、子供心に戻って秘密基地の一員になったつもりで楽しめました。
次回作楽しみです。 »ガイドライン違反報告

投稿:アッキー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あ、そうか。 (投稿日:2008年9月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

原作ファンのため、なかなか観にいく気になれなかった。
信頼するレビュアーが何人も褒めてても、どうにも映画の出来が信用できなかった。

そもそも浦沢直樹の魅力というのは、きめ細やかな心理描写であり、扇情的なエピソードの数々であり、・・・ようするに、映画向きだとは到底思えなかったのだ。

すみません、勘違いしてました。

この映画の肝はスリルと疾走感。原作に忠実に描きながら、ここまで思い切りよくタイトに仕上げられたのは凄いことだと思う。

たとえば。手塚治虫の「地上最大のロボット」と浦沢直樹の「PLUTO」を読み比べた方ならわかると思うが、浦沢版は、とにかくエピソードが細かい。
キャラの描かれ方が、もう本当に細かい。
(あ、ほめ言葉。)
もちろん、「20世紀少年」もあの調子で、とことん細かい。
映画3部作でまとまるわけがない。

この映画は、まるでオリジナルの手塚版みたいに、エピソードを削りに削り、どーんと観る人を信頼し、過不足なくキャラの特徴を描くことで、テンポを守った。
潔い。
それで、あらためて、いかに練られたストーリーであったかを再認識できた。
キャラの魅力は二次的なものだ。
なるほど、映画にする価値はあったのだ。

キャスト一人ひとりの熱演にも拍手を送りたいし、原作に忠実といいつつ、ちょっとだけアレンジされたエピソードも素敵だった。たとえば、ギターを弾きまくるケンヂに苦情を言うご近所さんから、こっそり守るみたいに入り口に立ってるマルオとか。

さて、先に映画を観て気に入り、漫画未見の方は、ここはぐっとこらえて、三部作すべてを観てから原作を読んでいただきたいと思う。
お気に入りのあのキャラの素敵エピソード満載で、また新たに楽しめるはずですよ。 »ガイドライン違反報告

投稿:モモエ(仮)

評価:4
星評価

9人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 20世紀少年 第1章 終わりの始まり > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る