近距離恋愛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

近距離恋愛

2008年7月12日公開,101分
  • 上映館を探す

ひそかに思いを寄せていた親友の結婚を阻止しようと奔走する男の姿を描くラブ・コメディ。「魔法にかけられて」のパトリック・デンプシーが恋に鈍感な主人公を好演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学時代に知り合い、10年来の親友のトムとハンナ。強い絆で結ばれている2人だったが、トムはある日、彼女への気持ちが友情ではなく、愛情なのだと気付く。だが、その矢先、彼女から婚約を伝えられ、介添人を頼まれてしまう。

作品データ

原題
Made of Honor
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • S

    2
    2016/4/26


    割りとありきたりな恋愛映画
    ハッキリと言えるのは
    「近距離恋愛」ではないということ
    この邦題は嘘です

    強いて邦題を付けるとしたら
    「付添人の花嫁の奪い方」
    ですかね…ありきたりですが…

    内容も構成も
    秀でているところはあまりないが
    恋愛作品ならでは、
    退屈することなく見ることはできました

    嘘の邦題で予想に反し、
    ありきたりなストーリーの1本

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • mallory

    4
    2009/2/12

    着地点を認識しつつ、そこまでの展開を楽しむ「安パイ」ラブコメです。
    主演の2人は万人ウケするタイプの美男美女ではないかもしれないけど
    それがまた“あるある感”を助長していて
    妙齢の観客には好感を得るんじゃないか…と。

    結末のみで言えば、このテのお話は手垢の付いた感もありますが
    いつも思うのは、土壇場でそっぽ向かれてしまう花嫁または花婿。
    この場合はコリン。
    嫌なヤツなら何ともないけど、今回コリンに非はないからね。

    ま、ソレを言っちゃあ元も子もないので置いといて。

    ハンナは随所でトムに対する戸惑いのようなものを見せていた。
    けれど自他共に認める「親友バリア」で踏み込むことができない。
    そしてスコットランドへ。
    一方トムは近くにいた人が遠くに行っている間に
    ハンナに対する恋愛感情に気付き、一念発起。
    ところがギッチョンチョン…。
    なんともタイミングの悪い2人です。

    異性の友人との恋愛関係はあり得ない、と
    頭から決めてかかってる方は
    観ると人生が変わっちゃうかもしれないですよ(笑)
    そんなどんでん返しもステキだなと思いますけれど。
    それから、一目惚れからのスピード結婚もステキなことですが
    ある程度の用心深さも持たないといけません。ね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • トランス

    3
    2008/12/23

    友人がいっぱいいて恋人がいない人がいる。友人以上になれないのは、お互いを失いたくないからかもしれない。
    「ずっと一緒にいたい、でも結婚がごめんだ。」と話していたのに、彼女が突然の出会いから結婚を決めたとき、自分にとっての相手の存在の大きさに気づき、大騒ぎ!

    毎日別の人とデートするような男の人は信用できない。友人であれば許せるが、恋人になるなんて絶対イヤ。旅の中で知り合った『完璧な男性』申し分ない家系と社会的地位、力もある。結婚を決めたとき見えてきたのは伝統と格式と決まりごとの中で縛られる生活。
    本当に相手のことを知ってはいない、自分の価値観も伝えられていない。このまま結婚しても大丈夫かと不安になった、本当に!

    コミカルにそれぞれの思いが食い違っていく状況が楽しく、笑えました。10年間も親友であった人と、お互いを知り尽くしている人と結婚することになるなんて・・・。その後が知りたくなります。



    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告