TOP > 上映中の映画作品を探す > インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 > レビュー

投稿レビュー(137件)インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国は星4つ

人類最強の男、インディ (投稿日:2008年6月27日)

シリーズ4作目ともなると、冒険活劇にはハリソン・フォードもお疲れの顔が、痛々しいなぁと思ってみていると、いきなりカツを入れられる展開です。
最初から、なんと核爆発の真っ只中から生還したのには、唖然としました。
「インディーは歳をとっても、普通の人間じゃないんだ」ということを無理矢理に納得させられ、その後はスムーズに物語を楽しめます。
敵に追われ、南米の巨大な滝から何度落ちてもへっちゃらなところは、テーマパークのアトラクションのようです。さらに、未知の生命体と共存できるキャラクターのインディ・ジョーンズはもう、人類を代表する最強の男として、並み居る他のアドベンチャーアクション映画キャラクターの最高峰として、今も昔も君臨しています。
インディは、そういうわけで普通の人間じゃ無いのですが、でも、普通の人間としてのロマンスも実を結んで、この作品では公私共に充実しているところがミソです。
»ガイドライン違反報告

投稿:猫の手も借りたい

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

面白く、ストーリーも充実。流石は我らがインディ! (投稿日:2008年6月27日)

大変面白かったです。
今回はストーリーも良かったのですが、コメディタッチなシーンたちが特にグッド。
見てると笑いが止まらない。何も考えず、純粋に映画の世界へとのめりこむことができます。
冒険というロマンと共に、アクションあり、笑いありと、いつの時代でもインディは最高!
ハリソンはもう60代だけど、これが最後のインディ作品となのだろうか。
もしも次に新たな続編がくるとすれば、彼が70代後半くらいになった頃?笑
では最後に自己主張を。
ハリソン、スティーヴン、今作品をありがとう!! »ガイドライン違反報告

投稿:JB

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

待った甲斐があった! また会えて良かった! (投稿日:2008年6月26日)

もう、あの古びたパラマウントのロゴマークから始まるお約束に、のっけから引き込まれましたね!
いきなり笑いを取るなんて!!
そう、約束とは、パラマウントのロゴマークにある山と同じ山が、必ずファーストシーンなのですがっ
これ以上は書きません。
もう、贅沢三昧なてんこ盛りの展開をあれほど見事に料理して、エンターテインメントでありながら、さりげなくあの兵器の怖さを織り込むなんって!!
正直、あのシーンはなくても成立する!
そんなシーンがいくつもちりばめられ、うまく料理された至福の時を過ごすことができました。
また、インディアナに会いに行きますよ!
マクガフィンに関しては、古代文明において人知を越えた技術が屈指されているわけで、「あり」ですね。
勇気ある着想です!! »ガイドライン違反報告

投稿:1013

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あの“お宝”は持ち帰れない (投稿日:2008年6月26日)

教授が帰ってきました!
行動力もあり、悪運も強く、世界の危機を救ってきた
誰もが知ってるトレジャーハンターですね。

今回は久々の復活と言う事で、
お宝もパワーアップしてトンデモない物です。
さすがにハリソンフォードはお年ですが、
その分一緒に行動するシャイア・ラブーフ
(最近忙しいね)がいるのであまり気になりません。

シリーズが作られていた当時よりも視覚効果が派手になり、
大掛かりなセットだけではない映像が楽しめます。
ちょっと…という描写もありますが、
家族で見れる一大娯楽作品じゃないでしょうか。 »ガイドライン違反報告

投稿:うろ

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

何も考えずに見られる超娯楽映画 (投稿日:2008年6月26日)

 ハリソン・フォード、歳とったなあ、というのが正直な感想です。が、それを補って余りある渋さと演技の重厚さ。まさしく彼のはまり役でしょう。
 ハリソン曰く「ハン・ソロは殺しても良いが、インディーは絶対だめだ!」、納得できます。いやはや、素晴らしい!
 前3作から20年近く経って、今更インディーかあ?と思いつつ見ましたが、より“すっちゃかめっちゃか度”がアップし、エンタテインメント性が高くなっていました。これぞスピルバーグ作品といったところでしょうか。ちなみに、所々に前3作のネタが散りばめられているので、DVDで予習をしておいた方がいっそう楽しめます。
 映画としてはA級とは言えないのですが、本当に娯楽作品として十分に楽しめます。何も考えずに気楽に見られるのが良いですね。まあ、最後のオチをどうとらえるかは見た人次第なのでしょうが、私的には「ああ、やっちゃったよ~、これはないだろう」でした(笑) »ガイドライン違反報告

投稿:水精

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最後の 異次元体験の映像だけでも 観る価値がありました (投稿日:2008年6月25日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

松本零士の戦記もの の マンガのなかで
いくら打ってもあたらないアメリカ映画みたいにはいかない・・
っていう セリフを思い出しました。


まさしく 冒険活劇で それそのものの映画でした

しかし・あまりにも 弾があたらなすぎ・・
うまく いきすぎ・・で

少し・白けてしまう部分があっても
それは それとして それを うまく
映像化していまっている事に感心してしまいました

車両が何故並走しないと いけないのか
その必然が全く判らなかったり・・・いろいろ
つっこみたく なるところ 満載でしたが・・

最後の 異次元体験の映像だけでも
観る価値がありました。

すごい迫力でした。おそらく DVD化したものを観るとしたら
このシーンばかり なんどもなんども 観る事になるでしょう・・

・・という訳で そのシーンだけでも 観る価値あり・
の映画でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:AOYAMA

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

泥臭いアドベンチャー最高♪ (投稿日:2008年6月25日)

ロマンとスリルに溢れたアドベンチャー「インディ・ジョーンズ」
'81年の「レイダース 失われたアーク」、'84年の「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」、'89年の「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」、そして、約20年の時を経て、2008年、インディ・ジョーンズがスクリーンに帰ってきた!
新作が出来るという情報が流れた時、きっと「えっ…なんで?」とか「ハリソン・フォードは、まだインディが出来るのか?」と、いろいろな不安を少しは感じたはず…。なんて言ったって、20年も間が空いてるんです。今までのインディ同様に楽しめるのか、疑ってしまいます。
しかし、いざ、劇場に足を運ぶと、そんな不安や疑いは無駄だったことが分かります。
面白い!
特に洗練されている訳ではありません。昔ながらの泥臭いアドベンチャーです。夢がありますね。インディの世界に入り込んでしまいますね。本当に“良い映画”です。
ハリソン・フォードとインディ・ジョーンズは、もはや一心同体なんでしょうね。ハリソンが、かっこよく年を重ねていたかと思うと、スクリーンの中のインディもまた良い年の取り方をしてますね。そこにいるのは、ハリソン・フォードでもハン・ソロでもないんです。インディ・ジョーンズなんです。現実にインディがいるかのようなんですね。いやいや、このような役に巡り会えたハリソンは幸せ者でしょうね。
そして、今回、敵役イリーナ・スパルコを演じるケイト・ブランシェットは、役を分かっていますね。英語の訛り具合といい、冷たさと知性を秘めた眼…。役作りがとても上手だと思いますよ。
あとは、忘れてはいけないのが、マリオン・レイヴンウッド役のカレン・アレン。彼女も、レイダースのときと変わらず本当にチャーミングですね。勝ち気でパワフルなマリオンにぴったりなのは、もう皆さんお分かりでしょう。
さてさて、今回はシャイア・ラブーフもインディに参戦です。細かい動作が面白いですね。強がりで青くて、でもなかなかやんちゃなんですね。とても面白いキャラクターでした。
ストーリーは、今まで通りいろんな仕掛けやハプニングがあって、楽しいものになってますよ。過去のインディ・ジョーンズを観ていたほうが、楽しめる小ネタもあります。
さぁ、ぜひ、インディと一緒に新しい伝説を目撃してきてください。冒険に参加する…。そういう気持ちが大事であり、そういう気持ちになってしまう、最高のアドベンチャーです! »ガイドライン違反報告

投稿:きっちゃん

評価:5
星評価

10人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

とにかく爆笑でした! (投稿日:2008年6月25日)

こんなに面白かったけ?インディ・ジョーンズ!!!と笑いっぱなしでポップコーンこぼしっぱなしでご迷惑かけ通しでした。 »ガイドライン違反報告

投稿:ナッツ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ファンなら許すべき、、、かも (投稿日:2008年6月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ソ連工作員との序盤の戦いはかなりよかったです
「ああ、インディがスクリーンに帰って来たんだ」って嬉しかった
それだけで十分なのかもしれません

途中、ちょっと展開がもたついても、うまく見せ場をはさんでるし
最後のオチも中には許せない人もいるでしょうが
「まあいいか」と思ってしまいました
ただ、日本人としてはキノコ雲は見たくなかったです

次もあるのかなあ
あったらやっぱり見に行くんだろうな »ガイドライン違反報告

投稿:ごっち

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

第4作目 (投稿日:2008年6月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

今回は、ネバダに在る合衆国機密保管所にインディーが連れて来られたところから始まります。(この近くには、ネバダ核実験場が在り、彼を拉致したのが第1作のナチスからKGBに変わっていることから時代が米ソ冷戦時代に突入していることが分かります)
ここには、第1作に登場した、皆さんも御存知のアーク《聖櫃(せいひつ)》が眠っています。(勿論、ドサクサに紛れてチラッと登場します。さらに核実験場では、迷い込んだ誰かさんが冷蔵庫ごと吹き飛ばされます(笑))
そして、“何故、ここから始まるのか?何故、アークなのか?(でも‥‥、アークはさして関係ないかも‥‥‥(苦))”と、いう疑問(?)も中盤辺りから明らかになっていくのですが‥‥‥。(笑)
でもな~ぁ‥‥‥。あのクライマックスは、どうかと思うんやけど‥‥‥。もしかして、これは、スピルバーグが監督をしてるからなんかな~ぁ。結局、この映画って、ラストを成立させるためにあるような気が‥‥‥。 »ガイドライン違反報告

投稿:時祭イブ

評価:2
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る