映画-Movie Walker > 映画作品を探す > サラトガ本線 > レビュー

投稿レビュー(1件)サラトガ本線は星3つ

イングリッド・バーグマン×ゲイリー・クーパー (投稿日:2016年7月18日)

サム・ウッド監督で、イングリッド・バーグマンとゲイリー・クーパーと来れば、『誰が為に鐘は鳴る』の豪華トリオ。

この映画で、イングリッド・バーグマンは何か企みのある女で伯爵夫人になりすまし、ゲイリー・クーパーは長身でハンサムなテキサス男を演じており、似合いの二人である。

物語は、フランスからニューオーリンズにやって来た若い女(イングリッド・バーグマン)が自分の母親の実家(廃屋)にやって来て、父親の血痕まで残っている屋敷に住むことにする。
どうも「金持ちの男と結婚したい」という願望だけでなく、ある女性に復讐も企んでいる模様。

そんな折、フランス・マーケットで伯爵夫人として歩いていた女(バーグマン)は、テキサス男=クリント・マルーン(ゲイリー・クーパー)と出会う。
クリントは、サラトガへ行くらしい。
女もニューオーリンズからサラトガへ行くが、そこでは、鉄道の利権争いがあった。
鉄道持ち主の男とも知り合いとなった女だったが、サラトガ本線を巡っての諍い、またよその土地から来た女を詮索する女たちなどが描かれる。

鉄道のスペクタクルシーンは見事であったが、サラトガ鉄道を巡る争いの経緯が上手く描写されていないのが残念。

ただ、ロマンス映画としては、綺麗なイングリッド・バーグマンが見られて、とても良かった。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > サラトガ本線 > レビュー