映画-Movie Walker > 作品を探す > 紀元前1万年

紀元前1万年の画像

「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督によるアドベンチャー。さらわれた恋人を救おうとする青年の旅が、野獣や異部族が潜む太古の世界で展開する。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 174
レビュー 50
投票 124
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 15% (11)
星4つ 47% (33)
星3つ 100% (69)
星2つ 52% (36)
星1つ 36% (25)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

遥か遠い昔、予言と神々の時代。精霊が幅を利かせ、巨大なマンモスが大地を揺るがしていた。山奥で狩りをして暮らすヤガル族の村。若いハンター、デレー(スティーブン・ストレイト)は、村のリーダーだった父親が食料を探す旅に出たまま戻らなかったことから、“卑怯者の息子”として孤立していた。また彼は、幼い頃に“四本足の悪魔”と呼ばれる騎馬民族に襲われて村に逃げてきた、美しい少女エバレット(カミーラ・ベル)とは将来を誓い合う仲でもあった。あるとき、正体不明の男たちが村を襲い、大勢の人々をさらって行く。その中にはエバレットの姿もあった。デレーは彼女や連れ去られた人々を救うため、父の旧友だったティクティク(クリフ・カーティス)ら3人の仲間とともに追跡の旅に出る。しかし、彼らの行く手には数多くの危険が立ち塞がる。雪深い山、彼らを獲物として狙う恐ろしい鳥の群れ、森林の王者サーベルタイガー。そして彼らを苦しめる飢え、脱水、心の葛藤。困難を乗り越えて未知の土地に足を踏み入れてゆく中で、デレーは自分たちよりも進んだ文明を目にし、人類には果てしない可能性があることに気づくのだった。そして、旅の途中で出会ったさまざまな民族を仲間に加えていくうちに、いつしか彼は大勢の戦士たちを率いるようになる。そして、過酷な旅の最後に彼らを待っていたのは、天まで届くような壮大なピラミッドが並ぶ、想像を絶する文明の地。そこでは絶大な力をもつ“大神(おおかみ)”が、さらってきた人々を奴隷として酷使していた。そのとき初めて、デレーは自分の使命を理解する。それは、愛する女性だけでなく、すべての民を救うこと。デレーは仲間たちを鼓舞し、人々を救うための戦いに挑むのだった……。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

原題 10,000 B.C.
製作年 2008年
製作国 アメリカ ニュージーランド
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 109
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

青い目に象徴されるアングロサクソン十字軍

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/06/02)

 遥か昔々の物語。若きハンターが、さらわれた恋人と奴隷として…

[続きを読む]

支持者:5人

映画「紀元前1万年」

投稿者:刹那

(投稿日:2012/07/08)

映画の脚色もあれど、今のような文明が築かれる前はこんな感じの…

[続きを読む]

支持者:0人

迫力“は”すごい

投稿者:レイコ

(投稿日:2008/05/31)

CGなのにすごい!のか、CGだからすごい!のか、 わからな…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 紀元前1万年