映画-Movie Walker > 作品を探す > 受験のシンデレラ

受験のシンデレラの画像

モナコ国際映画祭2007で作品賞ほか、計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。病気を機に教育者の志に目覚めた塾講師が、高校中退者の少女を東大受験へ導く姿を真摯に映す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 15
レビュー 3
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 83% (5)
星4つ 100% (6)
星3つ 33% (2)
星2つ 33% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“受験指導のカリスマ”五十嵐(豊原功補)は、ミチターゼミナールという予備校を設立し、富も名声も手に入れおごり高ぶっていた。しかしある日、大学からの友人である外科医の小宮(田中実)から、癌にかかっており余命1年半との宣告を受ける。その帰り道、立ち寄ったコンビニで「代金を別々に払えば2円安くなる」と店員を問い詰めている遠藤真紀(寺島咲)に出会う。16歳の真紀は、「297円に消費税を加えると311円。しかし、99円を3点別々に買うと2円安くなる……」などと数学的感性を持ち合わせながらも、高校を中退し貧しい家庭に暮らす不幸な少女であった。何もかもうまくいかず自暴自棄になっていた真紀と出会った五十嵐は、自らの原点に立ち返る。環境の恵まれない高校生の思いを叶えようと予備校を設立し、裕福ではない生徒を東大に合格させることに全てをかけていた過去を持つ五十嵐は、真紀を東大受験へ導く決意をし、自分の持っている全ての受験テクニックを伝授して、高認(高等学校卒業程度認定試験)に合格させる。五十嵐の指導の元、着々と学力をあげる真紀だったが、初めて受けた東大模試で「判定評価E」を受け挫折しそうになる。病に蝕まれていく五十嵐は、そんな真紀を必死で説得し、彼女の人生を大きく変えようとしていた。そして遂に、東大受験の日がやってくるが……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2007年
製作国 日本
配給 大風
上映時間 106
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 和田秀樹
プロデューサー 田中和彦中林千賀子
原案 和田秀樹
脚本 武田樹里
撮影監督 高間賢治
音楽 三枝成彰
主題歌・作曲 星野みちる
主題歌・作詞 秋元康
主題歌・歌 星野みちる
編集 森下博昭
録音 坂下賢治
助監督 山内健嗣
照明 上保正道
装飾 清水晋治
製作担当 橋本竜太
メイク 内田結子和泉宏幸堀江万智子
スタイリスト 松原智恵美
がん治療アドバイザー 中川恵一

キャスト

遠藤真紀 寺島咲
五十嵐透(受験コンサルタント) 豊原功補
六角精児
徳井優
モロ師岡
山田玲奈
梶原しげる
林真理子
小宮(五十嵐の同級生 主治医) 田中実
遠藤千枝子(真紀の母) 浅田美代子
清水圭
橋爪淳

レビュー

ポジティブのかたまりが見る人を刺激してくれる映画です。

投稿者:tsubakihara

(投稿日:2008/08/29)

受験アドバイザーで精神科医の和田さんが、映画好きが高じて初め…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 受験のシンデレラ