映画-Movie Walker > 作品を探す > アドリブ・ナイト

アドリブ・ナイトの画像

郊外の一軒家で死にゆく重病人をみとる人々の人間模様を即興的に描いた異色作。テレビドラマ「春のワルツ」の新進女優ハン・ヒョジュがヒロインを好演。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (1)
星4つ 100% (3)
星3つ 33% (1)
星2つ 66% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ソウルの週末の午後。雑踏で突然二人連れの青年から声をかけられ、10年前から行方不明の女性“ミョンウン”に間違えられた、ある若い女性(ハン・ヒョジュ)がいた。彼女が人違いだと否定すると、今度はミョンウンの身代わりとなって、その父親の臨終に立ち会って欲しいと懇願されてしまう。彼らの思いに嘘がないと信じた彼女は、いつの間にか同情を覚え、その申し出を承諾した。彼女が連れて行かれたのは、郊外の一軒家だった。そこには末期ガンで昏睡状態のミョンウンの父親の死を目前に、家族、親戚、隣近所の人までもが大集合していた。重病人を気遣いつつ、本当は遺産狙いの叔父夫婦、借金を踏み倒したい隣人夫婦など、それぞれの思惑に揺れながら、臨終の時が来るのを気を揉んで待っている真っ最中だった。そこに突然の珍客来訪で、みんなの気持ちはまた大揺れに揺れる。偽物と聞かされて怒る人々。それでも会わせるべきだと主張する人々。そんな中、隣人のおばさんだけは、なぜか彼女が本当のミョンウンだと信じて疑わないのだった。徹夜を乗り切るために用意されたキムチや焼肉に舌鼓を打ちながら、物悲しくも滑稽な大騒動が繰り広げられる。そしてそんな人間模様に触れて、アカの他人であるはずの若い女性の気持ちにも変化が生じていくのだが……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Ad Lib Night
製作年 2006年
製作国 韓国
配給 パンドラ
上映時間 99
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アドリブ・ナイト