映画-Movie Walker > 作品を探す > 潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見るの画像

順風満帆な人生から一転、身体の自由を失った男が、唯一動く左目の瞬きだけで自伝を書き上げた奇跡の実話を映画化。「ミュンヘン」のM・アマルリックが難役の主人公を熱演。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 197
レビュー 42
投票 155
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (88)
星4つ 80% (71)
星3つ 28% (25)
星2つ 10% (9)
星1つ 4% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

病室で意識を取り戻したジャン=ドミニク・ボビー、通称ジャン=ドー(マチュー・アマルリック)は、自分が倒れ、昏睡から目覚めたのだと理解する。しかし自分の言葉が誰にも伝わらず、身体がまったく動かないことに気づく。主治医は、全身が麻痺する「ロックト・インシンドローム」であると告げる。唯一動くのは左目だけだった。かつての彼は「ELLE」誌の編集者として華やかな世界で働き、女性関係も忙しく、3人の子供にも恵まれていた。ジャン=ドーは、そのころとは掛け離れた現実を、潜水服に閉じ込められたように感じた。言語療法士のアンリエット(マリー=ジョゼ・クローズ)は、左目を使ったコミュニケーションの手段を発明する。「はい」なら1回、「いいえ」なら2回瞬きをするというものだ。使用頻度の高い順に並べられたアルファベットを読み上げていき、ジャン=ドーが左目で合図する。そうして文章を作ることで、蝶が自由に舞うように、記憶と想像力で自分もどこへでも行けると気づいたジャン=ドーは、生きる気力を取り戻す。ある日、編集者のクロード(アンヌ・コンシニ)が彼を訪ねる。ジャン=ドーは倒れる前に、本を執筆する契約を結んでいた。クロードは日々、ジャン=ドーが左目の瞬きで綴る文章を記録していく。それは彼の半生であり、父の記憶や、恋人ジョゼフィーヌと行ったルルドの記憶だった。ジャン=ドーが過去を旅する間も、父が誕生日に祝いの電話を掛けてくれたり、3人の子供とその母セリーヌ(エマニュエル・セニエ)が病室を訪ねて来たりした。ジャン=ドーは改めて周囲の人々に感謝の気持ちを抱き、その思いも本に綴る。理学療法士マリー(オラツ・ロペス・ヘルメンディア)とのリハビリで首や舌も動かせるようになり、父の日には家族で海に遊びに行くことができた。ジャン=ドーは快復の希望を胸に、執筆を続けるのだった……。

見たい映画に
登録した人
37

作品データ

原題 Le Scaphandre Et Le Papillon/The Diving Bell and the Butterfly
製作年 2007年
製作国 フランス アメリカ
配給 アスミック・エース
上映時間 112
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

見逃さなくてよかった。

投稿者:シッポサキマルマリ

(投稿日:2008/03/06)

もっと重い話を客観的に映像化しているものとばかり思っていて、…

[続きを読む]

支持者:7人

どんな困難な状況でも決して諦めない人間の強さ

投稿者:まこと

(投稿日:2013/03/08)

銀座テアトルシネマ《さよなら興行第一弾》で鑑賞 この映…

[続きを読む]

支持者:0人

健康に感謝

投稿者:okara

(投稿日:2009/11/12)

素晴らしい!最初からこれは!何っ?と思わせる診察場面から状況…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 潜水服は蝶の夢を見る