映画-Movie Walker > 作品を探す > ALLDAYS 二丁目の朝日

ALLDAYS 二丁目の朝日の画像

ゲイの街として知られる新宿二丁目がかつて赤線地域だった昭和30年代を舞台に、そこで暮らす人々の悲喜こもごもを描く人情ドラマ。三浦涼介松田祥一らイケメン俳優が多数登場!

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

売春防止法が施行される昭和33年の少し前、まだ戦争の傷跡を引きずっている東京。新宿2丁目界隈は赤線と呼ばれ、性を売る女性たちが、夜な夜な男たちの相手をし、彼らの欲望を満たしていた。そんな新宿2丁目の軽演劇場の役者・目黒真雄(三浦涼介)は、戦時中に出会ったアイパッチの男(竹下宏太郎)が忘れられず、女性に興味が持てないでいた。そうとは知らず、新人の踊り子の吉井さと子(谷桃子)は真雄に惹かれてしまう。下世話な性格の劇団の座長や、何かと真雄に噛みつく勝谷ひろし(松田祥一)は、真雄に女を知るように勧める。ところが、真雄がおかまで有名な八百屋の精さんと一緒にいるところを見て、真雄が男好きであると確信する。しかし八百屋の精さんには、ひた隠しにしているヤクザの五郎との秘密の関係があった。そのころ、公娼制度に反対する女性運動が盛り上がりつつあった。同性愛者は変態とされ、何かと槍玉にあげられるようになっていた。一方、さと子は人知れず消えてしまう。女性運動家たちと娼婦の対決が始まり、新宿2丁目は時代の転換期を迎えようとしていた。しかし、そこに生きる人々は人情厚く、誇りを持って生きていくのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー
上映時間 81
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村上賢司
製作 大橋孝史小林洋一
プロデューサー 川島正規宇田川和恵
脚本 千葉雅子
音楽 和乃弦
美術 畠山和久
録音 中川究矢
助監督 小林憲司
撮影監督 根岸憲一
制作担当 酒井明
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ALLDAYS 二丁目の朝日