映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 母べえ > レビュー

投稿レビュー(30件)母べえは星4つ

前評判が高かっただけに残念!! (投稿日:2008年1月28日)

何とも残念!監督が何を表現したいか?明確に伝わってこない。私の印象ではただの平らな反戦映画としか感じられない。反戦であればもっとそちらに片寄せるべきであるが、無意味なロマンス的表現もあり、夫の妹が夫の教え子が貴女に心を寄せていると伝える事に何の意味があるのか??最後息を引き取る時に、この世で夫に会いたかったとの言葉に、末娘が取った反応は如何にも変で、ただ「そうだね」の納得のみが自然であると思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:としちゃん

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

心温まる作品 (投稿日:2008年1月26日)

時代は昭和!!

勿論、自分が生まれる前の話なので、映画の世界でしか分からないけど・・・

 でも、親を思う子、子を思う親が素直にキレイに描かれていると思う。

 戦争という時代の中で、過ごした家族。

現代の時代では忘れられている家族像があると思う。

 絶対オススメ。感動した。 »ガイドライン違反報告

投稿:BLUE OCEAN

評価:5
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

試写で観ました (投稿日:2008年1月26日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

地味ですが、いろいろ考えさせられる作品です。

一番印象的だったのが、周りから非国民と言われてしまう父べぇのことを絶対に悪く言わない母べぇの姿です。なかなかこういう夫婦関係ってないですよね。

父親の教え子だったと言う山ちゃんが野崎家の人たちを支えていきます。その山ちゃんが戦死してしまうことと言い、容赦がないところもよかったと思います。悲しいけれどもそれがあの時代の現実だっただろうから...。

最後に現代に舞台が移りますが、このシーンはよくわかりませんでした。終わり方はこうするしかなかったのかもしれませんが。
ナレーションは戸田恵子さんがされていたようですね。全く気が付いていなかったので、戸田さんが出てきたときに初べぇだか照べぇだか混乱しました。絵が上手なのは照べぇでしたね、そういえば...。

これ、と言い表す事が難しい作品ですが、戦争って二度と起こしてはいけないんだ、という啓蒙にもなるし家族愛についても考えさせられるので、お勧めします。こういうテーマの中にも笑いを盛り込んでいるところがいいですね。 »ガイドライン違反報告

投稿:りょんりょん。

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

試写会で (投稿日:2008年1月25日)

昭和のまったり空気かと思いきや、
予想以上に、ストーリー展開が速かった。

だって、激動の時代ですもんね…。

個人的には、お姉ちゃん(はつべぇ)の気持ちで見てた。


「ひどい、なんでこうなっちゃうの?」、の連続で、
それは全て戦争という、時代のせいなわけで。
その理不尽さ・不条理さに対して、
悲しさというか、悔しさというか、
なんともいえない感情に、涙が止まらなかった…。(割と序盤から)


びっくりしたのは、帰路の車の内でも
涙が溢れてきたこと。
「奪われたみんなを返してー!!」って本気で思った。


総じて、
御真影と教育勅語がリアル。
人間の尊厳って、崇高なものだ。

みんなが、楽しく平穏無事に暮らせる世の中であるよう
心から祈りたいし、何ができるんだろう、って思いました。
マジで、戦争反対!

見るべし。
»ガイドライン違反報告

投稿:ゆみこ

評価:5
星評価

6人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

何度観ても感動できる映画ですね。 (投稿日:2008年1月23日)

何度観ても、おそらく何時観ても感動できる映画であろう。二人の娘に心優しさく接する母親と時には凛とした妻であり、娘である小百合様の母べえは正に小百合様ならではという感じです。
 初めて観たときは暗く悲しくもう観られないかと思いましたが何度か観ているうちに新しい発見があり、又観たくなってしまう映画でした。

 何といっても娘の意思を尊重し大きく導こうといている母べえの姿が見えました。
 これはご覧いただければわかることであって、年齢がどうこう言うのは枝葉末節なことである。大きな心で観て欲しいですね。本物を観る眼で観て下さい。

 言いたいことが言えない世の中ほど辛い世はないと思う。言ったら刑務所の中、意思を貫いて家族を悲惨な目に合わせるのが正義だとは思わないが、このような世の中があったということ、これからは2度とあってはならないと思う。

一度は観ておいた方が良い映画ですね。  »ガイドライン違反報告

投稿:江戸川散歩24

評価:5
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あの時代の (投稿日:2008年1月11日)

教科書を通して言葉は知ってはいても、当時の実際の暮らしはなかなか現実味のないのが今の私たち。隣組・配給・特高・・・・

戦争が本格的になる直前のある家族の日々がメインであるため、一緒に観たあの時代を生きた母いわく、本当に大変で辛かったのはあの後のこと・・と。
原作者の子供時代であるから子供の目を通されているからか、それとも物資も徴兵もまだ余裕が少しはある頃の話であるからか、はたまた、釣瓶さん演じる奔放なおじの登場によるのか、「戦争の悲惨さ」というのはそれほど感じられない。
しかし、それだけ、暗い足音が間近まで迫りながら、ある母の強さ・優しさ、そしてこの家族を取り巻く暖かき人々と、時代に逆らえない人々の姿が、強く描かれたと感じるのかもしれない。 »ガイドライン違反報告

投稿:みお

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

どうしても吉永小百合? (投稿日:2008年1月7日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 山田監督が、どうしても吉永小百合を使いたかったんでしょうね。
 ステキなお母さんでしたよ。でも大女優の吉永小百合さんといえど、戦時中の小学生の母親役には無理があると思いました。だってどう考えてもこの時代なら20代かせいぜい30代でしょ?いくらきれいな小百合さんでも、さすがにどうがんばっても40代後半にしか見えません。舞台じゃないのです。映画だからアップもあるんです。さすがにごまかせませんよ。最初から年齢の違和感についていけなくて(だってほのかに思いを寄せる相手が浅野忠信なんですよ)、映画の良さも半減でした。
 ストーリーは第二次世界大戦中の庶民の暮らしなんかもよくわかるし、山田監督らしいほのぼのとしたものでした。静かな反戦映画ってところでしょうか。 »ガイドライン違反報告

投稿:あっけ

評価:2
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

地味な作品ですが・・ (投稿日:2007年12月23日)

12月20日よみうりホール18時半開演
とても地味な作品ですが、最後まで見せてしまうのは、さすが天才山田洋次だと思います。確かに吉永小百合のすごさ(志田未来が子供役でも違和感のない若さ+CMでも見せたあの泳ぎ)もありますけど、この映画は、浅野忠信が全てもっていくようなおいしい役をやっています。この映画で彼のファンが増えることでしょう。

最初から、最後まで淡々と物語は進みますが、見応えある作品です。年配の方が多い試写会でしたが、ラスト周りはほとんどの方が泣いていました。私は泣けませんでしたけど。

»ガイドライン違反報告

投稿:HAL

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

壇れいが小顔でした (投稿日:2007年12月20日)

お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい野上家。
父べえが思想犯で逮捕され・・・

小学生の母親役をやるには、吉永小百合はちょっと年過ぎな気もしますが、
ほのぼの、しみじみ、地味~に話は進んでいきます。
ラストのセリフに大騒ぎするので、
どんな事を言ったのかと思ったら・・・

なんとなく、映画よりも原作の小説を読んだ方が、
感動できそうな気がしました(読んでないけど)
»ガイドライン違反報告

投稿:更紗

評価:2
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 母べえ > レビュー