映画-Movie Walker > 作品を探す > 椿三十郎 > レビュー

投稿レビュー(57件)椿三十郎は星4つ

「椿三十郎」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

オリジナルは見てないけど (投稿日:2015年7月22日)

時代劇好きで、当時織田裕二が好きだったのでドンピシャで見に行った作品。
椿三十郎といえば時代劇の、また三船俊郎の代表作の一つでしょうから一度見たかったので満足しました。
まったくストーリーも知らずだったので比較することもなく見たのですがちょっとまったり感がありました。時間の流れがゆっくりというか噛みしめながら進むというか。
オリジナルに忠実らしいのでそう感じるのかしらん。»ガイドライン違反報告

投稿:みるみる

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

あまりにあまりに忠実なリメイクでした。 (投稿日:2013年6月9日)

前作は圧倒的なリズム感に溢れた、付け入る隙のない作品でしたが、あえてそれに忠実に沿って作ったという感じ。リメイクというのはつくづく難しいものだと実感。これだけをとってみれば、俳優の演技も悪くないが、前作と比較してみると、あの躍動的なリズム感は再現できなかった。また三船俊郎のあの個性的で野生的なユーモア感はやはり出せなかった。しかし頑張った。まずは努力賞というところ。»ガイドライン違反報告

投稿:映画さらんはだ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

楽しい押入れ生活。 (投稿日:2013年4月25日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

「世界の黒澤&三船」版と比べられて(爆)
いろいろと物議を醸している本作のようですが、、、^^;
私の感想は、観る前から
「だって森田芳光版でしょ。別にいいじゃない。」でした。
とくに比べるシロモノではないと思いますし(失礼?)
彼は彼。世界は世界。結果として楽しかったですよ~。

でも、その理由は一目瞭然。
…だって脚本が同じなんですもん!^m^
面白いハナシは、誰がどういじくったって~面白い!!
いまオリジナルで(例えばハリウッドの西部劇とかで)
こんなオリジナルが書けるでしょうか。ムリですよねぇ。
脚本が、どれだけモノをいうかのいい例だと思いました。

別に時代劇に限らないんだけど、昔の映画には
独特のリズム感があります。まったりしてるのに痛快!!
今作にはそのリズム感(これは演出になるけど^^;)が
確かに足りなかった気はしますが、それでも良かったな。
久々にこういうのが観れて、私は大満足であります。

で、織田三十郎なんですが、、、
三船三十郎と比べて?華奢で色男で俗っぽい感じです。
でもあくまで現代版ですから。(爆)悪くもなかったです。
今どき三船を演じられる俳優はいないと思いますし^^;
多分あの勢いですと、現代の花は散ってしまいますからx
仮面ライダーの一号と現在とを比べても、キャラ設定には
それなりの変遷があって、、、(例えが悪いかしら^^;)
まぁ彼は彼なりに、かなーり三船を意識してたようには
感じられましたね。どちらにせよ、俺はスター男優だ。
という自負では、彼らは一致していると思われます。

トヨエツの室戸も、松ケンの井坂も、三極悪人も?(爆)
みんな面白かったですけれど、やっぱりこのヒト!?
押入れ侍・木村の佐々木蔵之介でしょうかね~イイ味だ。
睦田一家のねっとりとした佇まいも、かなりの高得点♪

いかにも平和な御家描写と、斬り合いの凄まじさの対比が
今作のメインのような気がするんですが、
バッサバッサと血しぶきをあげて20人を斬りまくる殺陣と、
ラストの対決における緊張感、黒澤と森田の大きな違いを
演出の中に観てとれて、かえって面白いかもしれません。
やっぱりリメイクを観ると、オリジナルが観たくなるー!!

というわけで、三船ブームの再来かしら。

(娘の美佳さんも売れてるしねぇ、、夫ジョージとともに。^m^)»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

踊る椿三十郎 (投稿日:2009年5月22日)

 オリジナルの「椿三十郎」も比較的喜劇的要素が強かった時代劇ですが、森田芳光監督版はオリジナルの喜劇的要素をそのままといっていいほどに遵守しています。私個人では織田裕二は無理に三船敏郎の亜流演技をやらずに、「踊る大捜査線」シリーズの青島刑事の軽妙洒落なキャラクターを全面に出せばよかったのではと思います。逆に青島刑事役は織田裕二だからこそ演じられるのであって、若かりし頃の三船敏郎であっても違和感が生じてきます。

 そうなると生真面目な室戸半兵衛役は柳葉敏郎であり、悪人三人組は湾岸警察署のスリーアミーゴスの北村総一郎、斉藤暁、小野武彦がベストキャスティング。押入れ侍は佐々木蔵之介のままで、井坂伊織役も松山ケンイチを起用して、若侍たちにユースケ・サンタマリア、筧利夫、甲本雅裕、遠山俊也、小泉孝太郎、岡村隆史、高杉亘…といった「踊る大捜査線」メンバーをキャスティングして、真矢みきが睦田夫人であり、睦田家老に(故人ですが)いかりや長介、ガッツポーズする腰元は深津絵里、千鳥役は小西真奈美で、「踊る、椿三十郎」は如何でしょう。

 この映画では森田芳光監督が真骨頂とするオフビートな感覚が封じ込められ、笑いの感覚も黒澤明監督を意識するあまり、織田裕二に三船敏郎の台詞回し、発声法、仕草を踏襲させて彼の魅力を殺してしまっていることが残念です。オリジナル「椿三十郎」との決定的な違いは騎馬武者の集団が疾走するシーンであり、馬に拘った黒澤明監督との違いが如実に現れています。…「キングコング」も最初のリメイクのジョン・ギラーミン監督版は失敗していますが、最新作の第三作目で大成功しています。「ベン・ハー」も「十戒」もリメイク版(※ともにチャールトン・ヘストン主演版)の方に軍配が上げられませんか。黒澤明監督作品も実験的な挑戦を繰り返すことによって傑作が誕生するかもしれません。新しい世代の人がオリジナルに目を向けるいいきっかけになって欲しいと願っています。
»ガイドライン違反報告

投稿:晴耕雨読

評価:3
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

悪くはなかったです (投稿日:2009年1月29日)

オリジナルは私の好きな映画のベスト5に入るものなので、評価が難しいです。どうしても頭の中でオリジナルと比較してしまうからです。できるだけ冷静に評価しようとは思うのですけどね。

オリジナルが好きだから面白く見ることができたのか、どうか、そこが見終わっての感想です。出演者の中で自然体に見えたのは藤田まこと、中村玉緒、佐々木蔵之介くらいだったと思います。他の人は皆オリジナルを意識しすぎて、肩に力が入ってしまっている感じがしました。

それは監督も同じで、原作を忠実に再現したいという気持ちと、自分らしさも盛り込みたいという気持ちがせめぎあっていたのだろうと感じました。少なくとも私には監督のオリジナリティは空振りだったと思えましたけどね。まぁ解釈は人それぞれなので仕方のないことですが。

本作を見て、オリジナルも見たいと思ってくれる人がたくさんいれば日本映画ももっと面白くなるのではないかと期待します。»ガイドライン違反報告

投稿:観音ボール

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

全体的に軽い気が・・ (投稿日:2008年1月20日)

オリジナルの作品は観ていないので楽しみやすかったかもしれない。
ただ全体的に軽いかなというのが印象。
新しい感覚の時代劇映画と思えばいいのかもしれないけれど。
織田裕二も豊川悦司も何となく浮いている気もする。
ストーリーが安直なのも元が古いからだろうか。

☆☆☆»ガイドライン違反報告

投稿:takecy

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

原作と脚本の意図を酌むとあの演技になる (投稿日:2008年1月16日)

大ヒットした映画のリメイクを行う場合大体3つのパターンになるようだ。

1.全くの新しい映画になる
換骨奪胎とは言わないけどオリジナルの設定などだけ拝借し違う映画か!ぐらいの方が面白くなることがあります。
ex 荒野の七人、アイ・アム・レジェンド

2.当時出来なかった技術を加え完成度を高める。
SFXに代表される映像技術によってよりリアルな質感を高めます。SF映画に多い。
ex キングコング チャーリーとチョコレート工場

3.脚本も設定も同じ!違うのは役者のみだ!
前述したようなSFXだけで無くカメラ、照明などの技術も進歩しています。
今勢いある役者であの映画が見たいじゃないか!!

椿三十郎は3にあたります。

脚本は黒澤版と同じものを使用しています。
そこに書かれていることは主人公が素浪人であること、義侠心があること。
それらを原作の意図するところと合わせるとああした演技になるのは当然のこと。

織田祐二の役者としての技量の高さがうかがえます。
こうして考えてもいいだろう。
織田版が先でも三船は同じような演技をして映画は完成すると思う。

生きが良い旬の役者とベテラン俳優たちのこの映画、僕は大好きだ!»ガイドライン違反報告

投稿:佃の旦那

評価:4
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

鈴木杏が可哀相 (投稿日:2008年1月12日)

昔のイメージであれば、男は黙っての、三船敏郎だが、織田裕二は明かるい。あちらこちらの場面で笑いがある。観ているとなんとなく喜劇映画と勘違いしそうになってきた。また、ちょっと前に流行った、斬ったときの血しぶきもないので安心して観られる。ただ、可哀相なのは鈴木杏であった。今まではしっかりした役を演じていたが、今回の役は、のほほんとした、ちょっととぼけた役であった。イメージがかなりダウンしたのではないか。
»ガイドライン違反報告

投稿:かとりのえーさん

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

笑える時代劇! (投稿日:2008年1月10日)

大きく宣伝されてた割には、人があまり入っていなかったので、微妙なのかな!?と思ったのですが、リメイク作品として観なければ、面白い映画だったと思います♪

織田さんもカッコよかったし、個人的には佐々木蔵之介さんがツボでした!

ところどころ、コントを観てるようでしたw»ガイドライン違反報告

投稿:こりん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

うむう、どうでしょう? (投稿日:2008年1月9日)

 レイトショーでそれも日曜日に見たからかもしれませんが、前評判の割には、観客は自分もいれて5人でした。それもシネコンでです。
 そのことがすべてを語っているのかもしれません。自分も黒沢明監督のは見てますが、あれは本当に面白かった。

 今回も面白いのですが、カラーになる意味が無かったのではと思いました。なんせ、リアリィティを重んじる黒沢作品のリメイクでありながら斬られて血が吹き出ないのです。
 その辺りはグロ嫌いの自分にはありがたいのですが、そのことは殺陣の迫力の無さにつながるかもしれません。
 そして最後の名シーンにもそれはつながります。ここは意外でした。最後派手にドバーかなとビクビクしたのですが、そこは見てのお楽しみ。

 コミカルなシーンは思わずクスリと笑えるものが多かったです。

 とにかく織田裕二の芝居の上手さは認めますが、年齢や見た目が合わないのです。この役は現代人なら50歳近い人の方が合うような気がします。»ガイドライン違反報告

投稿:トントン

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 椿三十郎 > レビュー