映画-Movie Walker > 作品を探す > 虹色ハーモニー マイ・レインボウ・マン

虹色ハーモニー マイ・レインボウ・マンの画像

小学生の少女とキャバクラ嬢の母親。彼女らが暮らす家にひとりの青年が転がり込んできたことから起こる不思議な出来事を描く感動ドラマ。いしだ壱成が個性的な主人公を熱演。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

とある小学校6年生の佐伯小夜(内田菜月)は6日後に行われる町内音楽発表会でクラス委員の拓海(提坂拓弥)、啓太(長沢祥)ともめていた。止めに入る同級生の萌(杉山萌)。「キライなんです…歌。」と担任の真子先生(小倉優子)に答える小夜の表情は寂しそうだった。家に帰ると母親であり一番の親友でもある小町(濱田陽子)が咥えタバコに缶ビール片手でキャバクラの営業電話をしている。そんな小町の働くキャバクラではマリ、アカネ、メグミ、サヤカ(平屋さゆり)ら後輩達が小町のウワサ話をして盛り上がっていた。そんなキャバクラ店員の中には小夜の担任の真子もいたが、小町は気付いていなかった。こんな小町だが小夜には限りない愛情を注いでいた。ある時、小町の友達だという亮(いしだ壱成)が家に転がり込んでくる。困惑する2人をよそに生活を始める亮。小夜の学校についていき我が娘だと言い張り、浅木先生や石井用務員(大槻博之)に追いかけられる亮。小学校に呼び出しをされる小町は真子が小夜の担任である事に動揺するが真子には暗い生い立ちがあり、先生を続けていく事に疑問を感じていると小町に相談する。そんな慌しい生活の中、亮に最初は居なくなってほしいと思っていた小夜も徐々に亮の優しさに包まれ心を開いていく。が、実は亮は余命半年と宣告されて小町の所に転がり込んできたのだった。いよいよ町内音楽発表会当日。それぞれが思いを胸に歌を唄う。急遽飛び入り参加する亮。その歌声は小夜の心に響きわたる。もうすぐ小夜達の合唱の順番。そんな時、亮はふと校庭にいる謎の男・A(池内万作)を見つけ近づいていく。それはこれから始まるハーモニーの序曲とは知らずに……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2007年
製作国 日本
配給 MIRAI
上映時間 70
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 吉野雄大
製作ディレクター 西村克也山多裕生
製作 神品信市
プロデューサー 田中清孝家生和美上野順司
脚本 吉野雄大
撮影 飯岡聖英
音楽ディレクター TOSHIMITSU
演奏 岡内淳子
主題歌 エリック・ロウリー
プロデューサー 伊藤充洋
美術 高橋達也
編集 吉野雄大
録音 小林徹哉
スチール 石郷友仁
音響効果 岩戸崇
エグゼクティブプロデューサー 神品信市
ヘアメイク TATSU江夏智也
助監督 渡辺賢一新居あゆみ
制作 越井隆
スタイリング 白髪英里
殺陣 都築宏明

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 虹色ハーモニー マイ・レインボウ・マン