映画-Movie Walker > 作品を探す > ふるさと JAPAN

ふるさと JAPANの画像

海外の映画祭でグランプリに輝いた感動アニメ。昭和31年の東京の下町を舞台に、様々な困難に見舞われながらも、童謡を歌い継ごうとする教師と子供たちとのきずなを描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 2
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 20% (1)
星3つ 20% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 20% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

太平洋戦争が終わって10年余りが経過した昭和31年の春。東京・深川の木場の小学校に、坂本理恵子(声:花村さやか)という名の新しい先生が赴任してきた。時を同じくして、6年4組に神戸からの転校生・宮永志津(河口舞華)がやってきた。歌手になるという夢を持つ、明るく美しい女の子だった。スポーツも勉強もできる志津はたちまちクラスの人気者になる。そんな志津を、学級委員長でクラスの中心的な存在である建具屋の息子・アキラ(関根直也)も、強く意識するようになる。坂本先生は、年末に開かれる地区合唱大会での優勝を目標に掲げ、6年4組からは、志津や彼女と仲のよい、君代(本多薫実)・ヒカル(高田奈々)・ヤヨイ(小薗江愛理)・そしてアキラや医者の息子で秀才のハカセ(熊谷健吾)らがメンバーとして選ばれる。実は坂本先生は、特攻隊で亡くなった兄(鈴木正和)から「教師になって童謡を子どもたちに伝えていってほしい」という遺言を受けて、音楽教育にとりわけ強い情熱を持っていたのだった。ガキ大将だがどこかに影を背負っているゴン(木村昴)、アキラの遊び仲間のヨシオやテル(神南哲也)、そしてメンバーには選ばれなかった子どもたちも合唱大会への参加に胸を躍らせる。しかし、アキラやゴンたちが起こしたある<事件>が発覚し、先生たちの厳しい判断で、合唱大会への参加は中止となってしまう。アキラと志津の間には溝ができ、そのまま夏休みとなった。そんなある日、志津が海の事故で突然亡くなってしまう。大きなショックを受けるアキラ。しかし、意外にも志津に対して秘めた思いを持っていたゴンの強い勧めで、アキラはもう一度合唱大会に出られるよう学校に掛け合う。その熱意は校長先生を動かし、再び合唱大会への参加が許される。坂本先生のもと、子どもたちは、亡くなった志津への想いや突然転校してしまったゴンへの想いを心に担いつつ、冬の大会に向けて厳しい練習に取り組んでいくのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2007年
製作国 日本
配給 AMGエンタテインメント
上映時間 98
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 西澤昭男
演出 飯島正勝
プロデュース 西澤真佐栄
脚本 西澤昭男
総作画監督 釘宮洋
作画監督 伊藤岳史野口寛明東出太平山智安留雅弥吉崎誠
キャラクターデザイン 釘宮洋
音楽監督 クリヤ・マコト
エンディングテーマ曲 KOKIA
編集 後藤争司
絵コンテ 古谷渓一郎
音響監督 塩屋翼
音響効果 倉橋静男
CGディレクター 八木下浩史
美術監督 工藤ただし
撮影監督 吉田光伸
制作プロデューサー 石原直樹
ゼネラルプロデューサー 村上匡宏

キャスト

アキラ(柳沢明) 関根直也
志津(宮永志津) 河口舞華
ゴン(安部権治) 木村昴
坂本先生(坂本理恵子) 花村さやか
ヨシオ(川畑義夫) 桑原成吾
テル(吉村一輝) 神南哲也
ハカセ(杉浦博士) 熊谷健吾
ヤヨイ(田島弥生) 小薗江愛理
ヒカル(後藤光 ) 高田奈々
君代(有馬君代) 本多薫実
池野校長 岩田安生
秋山先生 上田陽司
滝井先生 てらそままさき
坂本先生の兄(坂本正樹) 鈴木正和
アキラの父(柳沢元治) 土師孝也
アキラの母 よのひかり
アキラの姉 中村るみ
志津の母 園田恵子
三木文具店店主 羽鳥靖子
お隣の青木さん 斎藤恵理
大家の島津さん 定岡小百合
司会 小林優子

レビュー

人と人のつながりを学ぶ

投稿者:ウィルチェアマン

(投稿日:2008/02/19)

人(子ども)が成長し生きていく上でとても大切なことを学ばせる…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ふるさと JAPAN