映画-Movie Walker > 作品を探す > ユメ十夜 第四夜

明治の文豪・夏目漱石が1908年に発表した短編小説『夢十夜』を、10人の映画監督が映像化したオムニバス作品の第四夜。海辺の町にやって来た漱石が、郷愁的で不思議な体験をする。監督は「楳図かずお恐怖劇場 ねがい」の清水厚。出演は「ミラクルバナナ」の山本耕史

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

田舎町に講演にやって来た漱石(山本耕史)。「町民会館前」でバスを降りたはずが、そこは「面影橋四丁目」だった。”神隠し”があるというその町では、「見ててみ、見ててみ、蛇になるから!」と叫ぶ老人のあとを、子どもたちが歌いながらついていく。つられて漱石もあとをつけると、そこはどこか見覚えのある町だった。やがて少年の頃に出会った、ある少女との淡くせつない記憶がよみがえってくる。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 清水厚
脚本 猪爪慎一

キャスト

漱石 山本耕史
日向はるか 菅野莉央
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ユメ十夜 第四夜