映画-Movie Walker > 作品を探す > 筆子・その愛 天使のピアノ

筆子・その愛 天使のピアノの画像

障害を持つ子供たちの生活を守り、教育を施すための活動に生涯を捧げた石井筆子の半生を描く感動ドラマ。“障害児教育の母”と呼ばれた彼女の姿を常盤貴子が熱演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 1
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 40% (2)
星4つ 100% (5)
星3つ 20% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京・国立市にある知的障害者の福祉施設・滝乃川学園の倉庫に、天使のエンブレムがついた古いピアノが眠っていた。それは初代園長・石井亮一の妻・石井筆子(常盤貴子)が、愛用していたものだった。長崎・大村の隠れキリシタン弾圧のさなか、海岸で遊んでいた幼き筆子は、血を流しながら連行されてゆくキリシタン達を目の当たりにし、幼い心を痛める。成人後、海外留学を経験し三カ国語を自由に話せるようになった筆子は、「鹿鳴館の華」と呼ばれた才媛であった。華族女学校で教鞭をとり、後の貞明皇后もその教え子となっていた。また、筆子は父(加藤剛)と叔父の勧めで、大村藩家老の子息・小鹿島果と結婚。親友の津田梅子らと共に女性の自立教育にも動き出し、当時の女性達の中でも、ひときわ輝いている存在であった。しかし、そんな筆子に試練が襲いかかる。授かった長女が知的障害を持ち、次女は生後十ヶ月で亡くなり、三女は結核性脳炎、続いて夫・果も結核で亡くなるなど相次ぐ苦難が襲ったのだ。どん底に突き落とされる筆子……。そこに一脈の光がさしたのは、孤女学院を運営していた石井亮一(市川笑也)との出会いであった。筆子は亮一との出会いを通して、自分が本当に進むべき道を見出す。それは険しい茨の道であった。しかし筆子は天から指し示された道と信じ、様々な困難と闘いつつも、亮一と共に日本初の知的障害者の施設・滝乃川学園の運営に乗り出していく……。石井筆子と亮一が生涯をかけて取り組んだ知的障害児教育と滝乃川学園の創設。その一粒の麦、たった一つの施設で始めた日本知的障害者福祉協会が、現在では四千五百以上もの施設となって多くの実を結び、知的障害者の人権回復の先駆けとして、あまたの母達に"この子達のために"と運動をしていく元気を与えてくれている。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 現代ぷろだくしょん
上映時間 119
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山田火砂子
製作総指揮 山田火砂子
プロデューサー 井上真紀子国枝秀美
脚本 高田宏治松井稔山田火砂子
撮影 伊藤嘉宏
音楽 渡辺俊幸
美術 木村威夫
編集 岩谷和行
録音 沼田和夫
ナレーション 市原悦子
照明 渡辺雄二
題字 小倉一郎
監修 一番ヶ瀬康子津曲裕次吉村庄司河尾豊司
衣裳 佐藤真澄
美粧 小堺なな

レビュー

涙が出ました…

投稿者:みつっち

(投稿日:2007/02/26)

美智子皇后もご覧になった映画ですが、低予算なので配給もままな…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 筆子・その愛 天使のピアノ

ムービーウォーカー 上へ戻る