愛の流刑地のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛の流刑地のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2007年1月13日公開,126分
R-15

ユーザーレビュー

3.8
  • Fuck

    0
    2007/2/17

    二人の愛だけじゃなく、周りの事を現実的に考えながら理性的に観てしまったのでダメでした。
    確かに、あんだけ人を愛し愛される事は、羨ましくも思える。

    けど、残された子供の事を考えると可哀想過ぎる・・どうすんだよ子供・・大人としてどうなんだよ・・確かに罪悪感は感じてたけど葛藤してたけどさ・・・結果的には、子供への愛よりトヨエツが上回ったって事で・・哀しい・・哀しすぎる・・・。

    そんなふうに観る映画じゃないのは解ってんだけど。

    「あなたは死にたくなるくらい誰かを愛した事がありますか!」
    には考えさせられる。

    純愛ってなんでしょね?

    高島礼子、必要あったの?あんなぐらいの影響なら、役者使わずとも台詞とかでまだ繋がりありますよって感じさせるだけでよかったと思うけど・・。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • あみ

    4
    2007/2/16

    いやらしい映画かと思ってた。
    きっと泣くと思ってた。

    でも、私はいやらしいとも思わないし
    涙も出なかった。

    それは、たぶん、
    あまりにも自分と違う世界だから。

    でも、それがイヤなんじゃない。

    2人のまっすぐな気持ちと、
    2人でいること以外に何も求めない姿勢。

    ただ、本当に出会う順番を間違えてしまったんだと思ってしまった。

    度々あるセックスシーンより、描いて欲しいものはもっとあった気もした。

    でも、それだけでも2人の愛する気持ちはなぜか伝わってきてしまった。

    ハセキョーは2人以上になんだかいやらしくて、微妙だったけど、新しい感じで、それはそれで印象に残りました。

    そして、エレジー、ぴったりで。
    最高でしたね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • バムセ

    3
    2007/2/16

    思いがけずホロリと来た。

    寺島しのぶさんが映画の中で
    ドンドン綺麗になってって本物の女優だなと。
    今、日本ですごいなって思うのはこの人と
    蒼井優な気がする。個人的に。

    星が3つになったのは他でもなくハセキョー。
    理解に苦しむ露出と何を考えてるのかさっぱりわからないセリフ回しで出てくる度に興ざめだった。まぁ、監督がハセキョーの大ファンだってことは伝わってきたけど。

    でも、「えっいつ出てたの?」って俳優さんが
    いたり、「あの人、ヅラだったんだね」という新しい発見があったりとあらゆる意味で突込みどころ満載の映画。
    オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • moon

    3
    2007/2/9

    小説と映画を比べるのは愚行かと思うけど、原作での二人は、もっともっと深い部分で繋がっていて、だからこそあんなに身体でも感じ合えた・・・そんな話のはず。

    映画では、セックスや快楽ばかりが先行して、それが上手く伝わってこなかった気がする。

    主役の二人はとても良かったと思う。
    特にトヨエツは時々垣間見せる少年のような表情が、これからたどる運命と対比して悲しくも切なかった。

    幸せな恋愛をしている人達に、この作品を理解するのは難しいかと思う。
    真に「純愛」と呼べるものは、障害あってこそのものなのかもしれない。

    平井堅の主題歌にもある、「はみ出すことが怖い・・」
    世間一般でいう「枠」の、なんと狭いことか。
    そこからはみ出すことは、死を選ばなきゃならないほどなのか。

    ・・・などと、深ーく考えさせられてしまった。

    それにしても脇を固める俳優たち、なんだか妙に浮いてた気がする。
    特にハセキョー、脱ぎもしないナイスボディで主役を食ったらダメじゃん!
    なんだかこの役の必要性がよくわからなかった。
    冬香の恋愛と対比させる狙いならば、もう少し掘り下げて欲しかった。
    なんだか中途半端。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • うみ

    3
    2007/2/8

    評判がわりとよかったので、ちょっと残念。
    エピソードが少なすぎて、冬香がなんで死にたかったのかと、なんで彼女が先生の唯一無二の女になったのかもよくわからなかったです。
    ただ、裁判に入ってからはわりとよかった☆

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • nobi

    2
    2007/2/7

    もうひとつでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 杉田わいん

    4
    2007/2/6

    寺島しのぶ・・・きれいだった。
    セックスシーンいっぱいで大人の映画だと思っていたけど(実際大人の映画だったけど)いやらしさは全然ない。女性を敵にまわす不倫の映画のはずだったけど、イヤにはならない。
    むしろ二人の純粋さに感動を覚えたくらい。
    「あなたは死にたくなるくらい誰かを愛したことがありますか!」
    涙があふれましたよ。
    お母さんの証言のシーンも
    「本当は加害者の人を殺したいくらい憎んでいるのですが・・・」
    「後悔はしません・・・」
    土下座のシーンにも愛情がいっぱいで涙がとまらないの。
    「私は選ばれた殺人者です」
    ラストあたりは涙と鼻水を止めようと必死な私。
    映画が終わってエンドロール・・・平井堅の歌がみょうにあっていて感情がこっちの世界に戻ってこない。こんなに余韻にひたりながら涙がとまらない映画もめずらしい。上映中よりもエンドロールの方が泣いてたかも。理由もなく。
    私だけかもしれないけど。
    純粋な愛。もちろん計算もあると思うけど愛ゆえの愛。
    不倫も殺人もいけないことなんだけど、せめる気持ちになれない映画。
    ハセキョーの衣装や演技は微妙。でも衣装さんもついているのだからそれなりに狙ったのかも。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • かおりん

    2
    2007/2/6

    原作を読んでいなかったけど、豊川悦司は好きな俳優だったので見に行った。
    原作を読んでいたら、それぞれのシーンをもっと想いを込めて観ることができたのかもしれないけど、残念ながらちょっとつまらなかったかなぁ。前評判がすごかったから、どんなにすごいのかと期待して行った私がバカだった!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ふぁんとむ!

    3
    2007/2/4

    ストーリーや映画の出来に関するレヴューは他の方が書いたものを参考にしていただくとして・・・・

    犯行現場に到着して、それから署で取調べをする刑事役の佐藤浩一が何気にワイルドでカッコいいんですよ・・・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ウイリー

    4
    2007/2/3

    小説以上に女性の筋書きに主人公が踊らされていただけという主題の男女の性差を明確に描いた作品。ベッドシーンや京都の情景もきれいで、豊悦、寺島、陣内、佐藤浩市、仲村トオル、佐々木、富司、余らも見事に演じきっており、あえて一言もしゃべらない高島を含め監督・脚本、撮影は見事な出来栄え。女性客の評価は高いと思う。しかしながら身勝手な男からあえて言わせてもらえば長谷京のセクシーはよいが知的さを感じさせない検事(負けて納得では困る)、可愛いがしたたかさのない浅田の編集者、そしてなんといっても寺島しのぶのうまい大胆な演技ながらも男が抱きしめたくなるか細さ・ピュアーさに欠ける(むしろたくましい体つき)点がミスキャストと思った。日経連載の渡辺3作品ではデビュー時の黒木ひとみや亡き夏目雅子以外男の理想の女性を演じられる女優がいない気がする。公募か何年か後の加藤あい、宮崎あおい、綾瀬はるか他を期待したい。ぜひ素敵な肌の美しい細身の冬香でリメーク版をみたい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告