映画-Movie Walker > 作品を探す > PEACE BED アメリカVSジョン・レノン

PEACE BED アメリカVSジョン・レノンの画像

平和活動にも熱心だった、故ジョン・レノン。その影響力を危惧して圧力をかけた米政府との攻防の全貌に、関係者らの証言などを通して迫るドキュメンタリー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 18
レビュー 6
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (8)
星4つ 62% (5)
星3つ 37% (3)
星2つ 25% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦争や暴力を憎み、平和を心から愛したジョンは、1969年、妻・ヨーコと共に新婚旅行先のアムステルダムで、あるパフォーマンスを行う。ベッドで抱き合った姿でメディアに登場し「戦争をする代わりにベッドで過ごそう 髪を伸ばそう 平和になるまで」とメッセージを発したのだ。世界的な反響を呼んだジョンとヨーコの行動は、若者たちを戦争反対へと動かす大きな原動力になっていく。そのカリスマ性に時のニクソン政権は脅威を感じ、FBIによるジョンへの監視や盗聴が始まった。世界最強の国家アメリカの巨大な権力と、一人のミュージシャンとの戦いが、まるでサスペンス映画を見るような緊張感と共に描かれていく。そして、妻であり、盟友でもあるオノ・ヨーコへのロング・インタビューに加え、親交のあったアーティストやブラック・パンサーの党首ボビー・シール、敵対していたニクソン政権の政府高官や元FBI捜査官らの衝撃的な告白までもが明らかにされる。1980年12月8日、ジョンは凶弾に倒れ、帰らぬ人となった。しかし、その一方で彼が憎んだ戦争や暴力は、絶える事が無い。この作品は「WAR IS OVER IF YOU WANT IT」というジョンの言葉の意味を伝え続けるものである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The U.S. vs. John Lennon
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 ザナドゥー
上映時間 99
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

※本人出演 オノ・ヨーコ
※本人出演 ジョン・ウィーナー
※本人出演 ロン・コーヴィック
※本人出演 アンジェラ・デイヴィス
※本人出演 ジョン・シンクレア
※本人出演 タリク・アリ
※本人出演 ボビー・シール

レビュー

ジョン・レノンを想う

投稿者:らびたん

(投稿日:2008/02/14)

ビートルズの音楽は好きだけれど、私の生まれた頃にはビートルズ…

[続きを読む]

支持者:0人

今だからこそ

投稿者:ハム

(投稿日:2007/12/21)

ジョンとヨーコが声高らかに訴え続けてきたWar is Ove…

[続きを読む]

支持者:3人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > PEACE BED アメリカVSジョン・レノン

ムービーウォーカー 上へ戻る