映画-Movie Walker > 作品を探す > サラエボの花

サラエボの花の画像

ボスニア紛争から10年あまりが経った現代のサラエボを舞台にしたヒューマン・ドラマ。心に傷を抱え、毎日を懸命に生きる女性とその娘との絆を丹念に描き出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 25
レビュー 9
投票 16
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 28% (4)
星4つ 100% (14)
星3つ 42% (6)
星2つ 7% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

エスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と二人暮らしだ。生活は厳しく、ナイトクラブでウェイトレスとして深夜まで働く日々。多感な年代のサラは寂しさからしばしばエスマと衝突する。ある日、活発なサラは男子生徒に混じってのサッカーで、クラスメイトの少年サミル(ケナン・チャティチ)とケンカになる。先生に「両親に来てもらう」と言われ、「パパはいないわ。シャヒード(殉教者)よ」と、胸を張るサラ。サミルもまた紛争で父親を亡くしており、その共通の喪失感から二人は次第に近づいていく。一方、過去の辛い記憶から男性恐怖症となっているエスマにナイトクラブは耐えがたい仕事であったが、同じく紛争の中で家族を亡くした同僚ペルダ(レオン・ルチェフ)のやさしさに、心を開いていく。やがて、サラの学校の修学旅行が近づき、父親の戦死の証明書があれば旅費は免除されるのだが、エスマは「父親の死体が発見されなかったので難しい」と、苦しい言い訳を続ける。不信感を募らせるサラに追い討ちをかけるように、クラスメイト達がサラの父親が戦死者リストに載っていないとからかい始め、さらに娘サラのために旅費を全額工面したことを知ると、友達サミルの父親の形見の拳銃を母エスマに突きつけ、真実を教えて欲しいと本気で迫る。つかみ合いになりながら、エスマは長い間隠し続けてきた秘密をついに口にしてしまう。いつもはただ参加している集団セラピーの場で、泣きながら語るエスマ。収容所で敵の兵士にレイプされて身ごもったこと、その子供の存在が許せず流産させようとおなかを叩き続けたこと、そして生まれた赤ん坊を見て、“これほど美しいものがこの世の中にあるだろうか”と思ったということを。修学旅行出発の朝、頭を丸刈りにしたサラを見送るエスマ。言葉は交わさなかったが、出発直前に窓から微笑み小さく手を振るサラ。それに笑顔で大きく手を振るエスマ。そして、子供たちの歌がバス中に響き渡るのだった。

見たい映画に
登録した人
17

作品データ

原題 Grbavica
製作年 2006年
製作国 ボスニア・ヘルツェゴビナ
配給 ツイン=アルバトロス・フィルム
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

人は未来に向かって歩いて行かなければならない

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/24)

 「サラエボの花」の主人公エスマは生まれたばかりの赤ん坊を見…

[続きを読む]

支持者:5人

母娘の絆

投稿者:okara

(投稿日:2009/09/04)

母親だけに育てられ物心もついてきた少女、当然ながら父親につい…

[続きを読む]

支持者:1人

苦しい。でも観てもらいたい

投稿者:hikahika

(投稿日:2008/05/20)

 いい映画だった。  そして、とても苦しい映画だった。…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サラエボの花