スターダスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スターダスト

2007年10月27日公開,128分
  • 上映館を探す

イギリスの人気作家によるファンタジー小説を映画化。美女の姿をした“流れ星”を巡って、ミシェル・ファイファー演じる魔女ラミアや、海賊、王子らが激しい争奪戦を展開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“人間界の壁の向こう”にある魔法の世界。そこへ天空から流れ星が落ちて、ひとりの美女に姿を変えた。青年トリスタンが彼女を守ろうとするが、流れ星の力で若返りたい魔女のラミアや、亡霊どもが次々と襲ってくる。

作品データ

原題
Stardust
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
128分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • takecy

    3
    2008/11/9

    まあファンタジーかな。
    流れ星が人間と変わらないという疑問があるけれどそれは置いておいて。
    ストーリーはなんだろう?
    ファイナルファンタジー。
    シリーズにありそう。

    ダメダメな青年が短期間で立派に成長する。
    ハリウッド映画にありがちな展開。
    もう少しなんとかならないものか・・。

    たいして重要な役とも思えないロバートデニーロ。
    なんか一人いい役を持って行っている気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • キムマキ

    4
    2008/8/24

    錦糸町に『スターダスト』を観にいく。イギリス的なブラックなユーモアが楽しい。主人公のトリスタンもかっこいいというよりぼ-っとした感じなのが憎めなくてグッド。デニーロ演じるキャプテン・シェイクスピアや『ヘアスプレー』についで悪役を演じるミシェル・フアイフアー、キャラがたってる人が多いし。単純に楽しい映画だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ドラエモン

    3
    2008/3/31

    『スターダスト』(2007年アメリカ制作)は、青年とスターダストの女性との、永久にして、純粋な愛の形態を見事に映像化した作品。ニール・ゲイマンのベストセラー・グラフィックノベルを映画化したファンタジー超大作である。越えてはならない壁(ウォール)の向こうに落ちた流れ星を探すため、壁の外に広がる魔法の国を旅する青年の冒険を描く。監督は『レイヤー・ケーキ』のマシュー・ヴォーン。主人公の青年を『カサノバ』のチャーリー・コックスが、美女に姿を変えた流れ星を『ロミオとジュリエット』のクレア・デインズが演じる。ミシェル・ファイファー、ロバート・デ・ニーロら豪華俳優陣が演じるユニークなキャラクターが見どころ。
    【ストーリー】
     ウォール村に住む青年トリスタンは、村一番の美女ヴィクトリアに恋をした。だが彼女には恋人がいる。ある夜、なんとかヴィクトリアを外に誘い出すものの、彼女は心を許してくれない。その時、流れ星が現れ、それを見たトリスタンは、落ちた星を愛の証としてプレゼントすると約束する…。かくして落ちた場所に到着したトリスタンだが、そこには一人の美しい女性が。何と流れ星は、美女に姿を変えたていたのだった!同じ頃、魔女の3姉妹も流れ星を見て大喜び。永遠の若さをもたらす流れ星を400年間も待ち続けていたのだ。魔法のお告げが示す場所へと急ぐ魔女。流れ星が落ちてきたのには理由があった。ストームホールド王が息を引き取る瞬間、後継者の証であるルビーのネックレスが夜空へ舞い上がり、遥かな空間できらめく星を弾き飛ばしたのだ。それは、王位継承を狙う3人の王子による、ルビー争奪戦の幕開けを意味していた…。
     豪華俳優陣が、ユニークなキャラクターを演じるファンタジー超大作。主役のトリスタンを演じるのは、売り出し中の俳優チャーリー・コックス。頼りない田舎の青年が、壮大な冒険を通してセクシーでカッコいい男になる変身ぶりは楽しみのひとつ。地に落ちた流れ星という特異な役を演じたクレア・デインズ、何としても若さを取り戻したい邪悪な魔女にミシェル・ファイファー、そして茶目っ気たっぷりの空飛ぶ海賊に扮したロバート・デ・ニーロと、共演陣もファンタジー世界の住人を楽しそうにイキイキと演じている。随所に施されたシニカルな笑いが、ファンタジーに大人向けのスパイスをプラス。また壮大な物語を128分に圧縮してあるので、ストーリーと場面展開が早く、飽きさせない。

     王となるためなら、兄弟さえも毒殺等で抹殺していく後継者たち。死んでいくと、あの世に行く事もできず、亡霊として、王に誰がなるのかを見守るしかない。この亡霊たちの会話が何とも面白い。次々と、色んな策略で殺される後継者たちは、死と同時に亡霊となり、この亡霊たちの集まりに仲間いりし、会話に加わっていくところが、面白い。さっきまで、死闘を繰り広げていたのに、死んだとたんに、亡霊となって、後継者レースの井戸端会議に加わる。なんとも、面白い構成なのです。また、3魔女との対決も凄まじい映像。トリスタンは、この3魔女を退治し、流れ星の女性を守れるのか・・?デニーロは、空飛ぶ海賊の大将を演じる。また、この大将がオカマであるとこも、ユニークさを増幅させている。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告