キングダム 見えざる敵|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キングダム 見えざる敵

2007年10月13日公開,110分
PG-12
  • 上映館を探す

「ドリームガールズ」のジェイミー・フォックス主演の社会派アクション。1996年に起きた自爆テロ事件を題材に、隠れたテロリストを追うFBI捜査官たちの命がけの任務を描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サウジアラビアの外国人居留区で自爆テロが発生。FBI捜査官を含む数百人の死傷者が出た。FBIは急遽4人のスペシャリストを現地に派遣。首謀者とされるアブ・ハムザなる人物を追うが、多くの敵が待ち受けていた。

作品データ

原題
The Kingdom
映倫区分
PG-12
製作年
2007年
製作国
アメリカ
配給
UIP映画
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 晴耕雨読

    3
    2009/5/28

     石油最大の消費国であるアメリカ合衆国と最大の産油国サウジアラビアを巡る安全保障と安定供給の紳士協定をテーマに宗教・利権の問題提議をしている点は認められます。また、ハリウッド映画にしては、イラクのクウェート進攻やウサマビンラディンの立場も描いており好感が持てました。

     物語は実話をベースにしているので、サウジアラビアの石油関連施設で働く欧米人居住区や主要建物がイスラム過激派による自爆テロで瓦解してしまった状態などがリアルに描かれています。特筆すべきは大型ビルが壁面1面だけを残して屹立している様子を俯瞰したカメラワークにあり、テロの現実を見せつけてくれます。

     FBI捜査官のフルーリーを演じたジェイミー・フォックスのハードボイルドな表情がスリリングな画面とマッチしていて緊迫感も伝わってきますが、爆破物のプロ、グラントを演じたクリス・クーパーは「アメリカを売った男」同様の存在感溢れる演技力にも脱帽。法医学女性調査官のジャネットのジェニファー・ガーナーも「バイオハザード」に登場する“強い女”でカタルシスを覚えます。

     冒頭の襲撃シーンや大団円のロケットランチャーまで登場する銃撃シーンはマイケル・マン(今回は製作者)ならではの独断場になっており、この二つのシーンだけでもアクション映画の醍醐味が堪能出来ます。“暴力と憎しみの連鎖”も十分に受け止められましたが、アラブ人を人間とも思わないアメリカ人の尊大さは耐えがたいものがあります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • かなり悪いオヤジ

    4
    2008/4/11

    世界最大の石油産出国=サウジアラビアと世界最大の石油輸入国=アメリカの微妙な関係について、社会情勢に疎い人でも理解できるようにダイジェストで解説が入っているとても親切な映画だ。リャド(サウジアラビア)のアメリカ人居留区である日突然大規模なテロが勃発する。サウジ警察の制服を着たテロリストがマシンガンでアメリカ人を大量虐殺するシーンを見ていると、9・11のトラウマから解放されようやくテロを対象化できるようになったアメリカを感じることができる。

    本作品はそのテロ事件の真犯人を追うFBI捜査官の活躍をストレートに描いており、けっしてホワイトハウスとキングダム(サウジ王国)の癒着を暴き出すような重々しい内容にはなっていない。国防省の反対を押し切って事件の捜査にやって来たフルーリー(ジェイミー・フォックス)たちを迷惑がるサウジ当局のおかげで、捜査が遅々として進まない中盤のシークエンスには中だるみ感を確かに覚える。しかし、CSIのような科学捜査を経た後に展開される、怒涛の人質奪還戦闘シーンを盛り上げるためと考えるならば、十分許容できる範囲の演出だ。

    現場を案内するサウジ警察官ファサリがなぜあそこまでFBIに協力的であったのかの説明はかなり甘口ではあったが、テロリストや非協力的なサウジ警察にずうっとやられっぱなしだったFBIが、チャンスを得たとばかりにラストで見せる迫力満点の市街戦は、(言葉が不適当かもしれないが)非常に痛快でさえある。「奴らを皆殺しにする」9・11を忘れるなと言わんばかりの不穏当発言が最後に飛び出したとしても、テロを題材とした戦争アクションムービーとして現実から切り離して見れば本作品は間違いなく一級品だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 5
    2007/11/8

    いつ爆破するのかわからないような緊張感がずーっと続くような物語で、ラストの台詞がずーんと重みを残す作品。

    アラブ人の描き方がステレオタイプとか、そういう声もあったけど、でも、これはこれで、良かったのではないか、と思う。久々の「マイケル・マン」らしい緊張感とか味が愉しめた。良かったな~~。

    どうもこういう社会派の作品は敬遠されがちのようだが、見て、考える作品というのを敬遠して、優しさに感動したり癒されたり、恐怖で凍り付いてるような、要するに本能に直接刺激のあるようなことばかりにうつつを抜かしていては、脳みそにはよくないんじゃないかと思う。

    世界で 起きているのは なにか

    そういうこと、そろそろちゃんと知って、考えるべきだと思う。考えないと、気がつかないうちに、大変なことになっているような気がする。
    そうなってから 泣いても 後のまつり だと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告