TOP > 上映中の映画作品を探す > カタコンベ > レビュー

投稿レビュー(7件)カタコンベは星3つ

聖母を黒く塗り、悪魔を崇拝する《黒い聖母》信仰 (投稿日:2008年5月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

聖母を黒く塗り、悪魔を崇拝する《黒い聖母》信仰。

後背位の近親相姦で生まれ、生肉で育てられ、
太陽の光も見せられず、山羊の仮面を被り、
18年もの間、地下で育った《反キリスト》の残虐、凶暴なモンスター。

そんなモンスターが徘徊すると言われるパリ地下墓地迷宮。
200年前に作られ、頭蓋骨・人骨があちらこちらに転がる・・・

『死は見世物だ。オペラだ。』


神経症的にこころが疲れている妹:ヴィクトリア。
姉:キャロリンからの絵葉書で、異国フランス・パリへ2日前に来た。

地下迷宮でのパーティーで、酒・薬・音楽に興じる快楽主義の姉。
地下迷宮でのパーティーでは、姉の友達があちらこちらにいる・・・

警官に踏み込まれ、地下パーティーはパニックに。
地下迷宮で、皆とはぐれたヴィクトリア。

どこへ向かうのか判らない迷宮の暗闇 と ゆれる手元の懐中電灯の光。
言葉が通じない男:アンリと出会い、・・・・



幻想的なホラーが増えている中、
不安を写実的に、恐怖を具体的に映し出している・・・


*気ままな姉:キャロリンを演じるはP!NKのアリシア・ムーア。
(クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、ミッシー・エリオットと
「Lady Marmalade」[映画【MOULIN ROUGE!】主題歌]を歌い、グラミー賞受賞)

*主題歌「Blue Butterfly」を作詞、作曲、プロデュースしたのは、
YOSHIKI(X JAPAN)。
»ガイドライン違反報告

投稿:櫻乱

評価:4
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

おはけ屋敷 (投稿日:2007年10月30日)

この映画のタイトルになっている「カタコンベ」とは、18世紀にフランスの都市開発に邪魔になった墓地の遺骨を移した地下墓地の名称です。
この地下墓地は、全長約500キロに、約700万体の遺骨が置かれた場所で観光名所のひとつにもなっているそうです。(つまりパリの地下には、たくさんの遺骨が眠っている訳です。)
パリの若者達は、この地下墓地をクラブのようにしてパーティを行っているそうですが、文字通りアンダーグラウンドな訳で、ドラッグやセックスなどの違法なパーティである為、警察の取り締まり対象になっているそうです。

ヴィクトリア(シャニン・ソサモン)は、ソルボンヌ大学に留学中の姉(アリシア・ムーア)を訪ねてパリにやって来る。姉とその仲間たちに700万体もの遺骨が埋まる「カタコンベ」と呼ばれる地下墓地で催されるパーティーに連れて行かれるヴィクトリア。しかし姉たちとはぐれてしまい、地下の迷路に入り込んでいくのだが、、、、

「SAW」シリーズのプロデューサーによる最新作という事で、少し期待していたのですが、、、こりゃダメです!
暗いトンネルを女の子がキャーキャー叫びながら走っているだけの映画です。
テレビでお化け屋敷のレポートコーナーがありますが、それと一緒です。
お化け屋敷の中で、叫んで怖がっているレポーターというのを時々見掛けますが、そのまんまなんですよ、、、ホラーって主役の目を通して進んで行くので、驚いたり怖くなったりすると思うのですが、この映画は、ただただ叫んで逃げている女の子を見ているだけなんです。
「衝撃度200%のラスト!!」だそうですが、、、途中から、もしかしてこういうオチだったらつまらないなぁと思っていたら、、、、その通りでした、、、(*´Д`*)
»ガイドライン違反報告

投稿:フリーダ

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ホラー映画に秘められた・・・ (投稿日:2007年10月20日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

情緒不安定な主人公が姉の誘いでパリを訪れ、地下墓地のパーティへ。
そして、そこで恐ろしい怪物に襲われるはめに。

しかし、“ソウ”シリーズの製作陣にしては、あまり怖くない展開???

その訳は、ラストのオチで、な~るほど。

やはり、かの製作陣はモラルというか教訓的なメッセージをしっかりと伝えてくれます。<グリム童話を彷彿させる!?
»ガイドライン違反報告

投稿:ted

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

B級ホラーかと思ったら!! (投稿日:2007年10月12日)

地下に入った後は「なんじゃこりゃただのB級ホラーだったか」>_<。
とガッカリだったんですが...

いいじゃん☆このラスト♪好きです
ラスト7分11秒!をうたったアノ作品よりずっといい*^-^*



『私がパリに着いた2日後...みんないなくなった』

»ガイドライン違反報告

投稿:★ハイジ★

評価:3
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

むむむ・・・ (投稿日:2007年10月10日)

SAWシリーズのプリデューサーの作品ということで
期待をしていたのですが、
内容的には違うものでちょっとがっかり。
地下が舞台なので画面もずっと暗くて・・・

でもこの映画を観て肝に銘じたこと、
あまりひどくからかったりすると、大変なことになると。
»ガイドライン違反報告

投稿:shide

評価:2
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

パーティにはペタ靴で行かなくちゃ。 (投稿日:2007年9月26日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

『SAW』の製作陣によるホラー、
YOSHIKI作曲のテーマソング、
期待が大きかったせいなのか、
試写会場では
「身構えていたほどでもなかった」
「たいしたことなかった」・・・など、
イマイチっぽい声が聞こえていました。
アメリカからやって来た女性が、
パリに実在する巨大地下墓地で迷子、の
恐怖体験です。
迷路のように入り組んだ巨大墓地で一人きり残され、
真っ暗闇の中、光は手元にあるライトだけ。
そこへ殺人鬼が登場するとどうなるか。
惨殺シーンなどはほとんどなく、
暗闇をただただ逃げ回る、という
内容の薄い話になります。
また、製作者側が正直なのか、ばれてもいいという構成なのか、
なんでこんなことになってしまったの?
という部分がわかりやすいことも、
恐怖感が出ない原因の一つ。
なので暗闇恐怖症、閉所恐怖症でもない限り、
さほど怖さを感じることはないと思います。
ただ、ラストシーン、物語のオチは、私的には好きです。 »ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > カタコンベ > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る