映画-Movie Walker > 作品を探す > ラズベリー・ライヒ

ラズベリー・ライヒの画像

テロリズムと性の革命をうたい、サンダンス映画祭をはじめ数々の映画祭で反響を呼んだ衝撃作。監督は写真家としても活躍するカナダ出身の異端児ブルース・ラ・ブルース

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドイツ赤軍のバーダー=マインホフ・グループに憧れる女性闘士グドルン(スザンネ・ザクセ)は過激派集団『ラズベリー・ライヒ』のリーダー。彼女は性的革命によって革命を成し遂げるという理想に燃え、今日も同志のホルガー(ダニエル・ベッチャー)とのセックスに励んでいた。その頃、『ラズベリー・ライヒ』の構成員ホルスト(ジェフリー)、アンドレアス(ディーン・シュターティス)、ヘルムート(ゲリット)、クライド(アントン・Z・リサン)は任務を遂行するために車に乗っていた。ドイツ屈指の資産家、ヘルマン・シュミットの息子パトリック(アンドレアス・ルプレヒト)を誘拐するのだ。彼らは、なんとか誘拐に成功する。しかしクライドは、パトリックとデキてしまった。そして、人質が到着し彼らはパトリックを使って脅迫用のビデオを撮る。しかし、シュミット氏はドイツにいないことが発覚し、ビデオは送られないままになる。実はパトリックは父親から逃げ出すために、誘拐に協力していたのだ。グドルンは新たな脅迫ビデオを撮影することを思いつく。それは、最も性的抑圧が激しいアンドレアスがビデオカメラの前でパトリックとセックスするというものだった。グドルンは言う「ブルジョア的な一夫一婦制は捨てなさい」。しかし、その理念が受け入れられないホルストは、パトリックと逃げ出すことにする。二人は、パトリックの父親の銀行を襲いに行く。人質を失って『ラズベリー・ライヒ』の計画は挫折する。グドルンの革命の夢は消える。バラバラになってゆく団員たち。そして2年の月日が経つ……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Raspberry Reich
製作年 2004年
製作国 ドイツ カナダ
配給 S.I.G.
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

最高です!

投稿者:santosu

(投稿日:2007/10/08)

予告篇をネットで観て面白そうだなと思って観に行ったのですが、…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラズベリー・ライヒ