映画-Movie Walker > 作品を探す > ルーツ・タイム

ルーツ・タイムの画像

中米ジャマイカを舞台にしたロード・ムービー。自然回帰を訴える“ラスタファリ主義者”の少し変わった行動を、レゲエのリズムにのせてほのぼのと映し出す。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 2
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

7月23日、ハイレ・セラシエ生誕の日。いつもの様にバブー(ルウェリン・サムダ)とジャー・ブル(ウールトン・ハリスン)は、カラフルなおんぼろ車の移動式レコードショップでジャマイカの郊外を回っていた。ラジオからは人気DJファーマー・ルーツ(ルイス・クリストル)の番組『バビロン脱出』。ファーマー・ルーツは言う。「今日は特別な日だ。ラスタならわかるだろ。ラスタマンはひとり残らず互いに結束せよ。今時は熟し、我々は自由だ。ルーツへと向かうのだ。アフリカへ」バナナを一房、ギネップ一箱、グレープフルーツ2ダースをたいらげ、下痢ばかりしているバブーと、「猫を食った」「ピーター・トッシュん家に吸血コウモリが出た」と、本当か嘘かわからない話ばかりするジャー・ブル。子供やロバに行く手をはばまれたりしながらも、移動レコードショップはゆるゆると進む。「さあLP買いに来な。ラスタの移動レコードショップだよ。ジャマイカで一番のやつあるよ」そんな時、ラジオで話しているはずのファーマー・ルーツがヒッチハイクしているところに遭遇する。彼のガールフレンドの具合が悪くなったため、番組を他の人に託して病院に行きたいのだと言う。ラスタファリアンの主義にのっとって西洋医学を信じないジャー・ブルとバブーは、「人工の薬を使うバビロンの医者」ではなく、彼らをボンゴ・ヒューと呼ばれる薬草医のところに連れて行くべきだと思い込む。嫌がるファーマー・ルーツを乗せボンゴ・ヒューを探す二人。しかし、そこへ着くまでの道のりは思ってもいなかったほど困難で、「案内してやる」と、ニワトリと豚を連れた農夫(ロバート・ジャレット)を乗せるハメになるも、何時間もかけて辿り着いたらお目当てのボンゴ・ヒューは人違い。迷いながら、さらにジャマイカの奥地へ、ボンゴ・ヒューを求めて車は走る。あたりはすっかり夜になり、やっと、ボンゴ・ヒューの元へ辿り着く……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 ROOTS TIME
製作年 2006年
製作国 ジャマイカ アルゼンチン
配給 アップリンク
上映時間 77
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ルーツ・タイム