映画-Movie Walker > 作品を探す > モン族の少女 パオの物語

モン族の少女 パオの物語の画像

中国との国境地域のベトナム最北部で暮らす、少数民族モン族の女性たちのドラマ。少女と彼女の生みの母、育ての母それぞれのせつない運命が描かれていく。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベトナム北部の少数民族モン族の少女、パオ。彼女は父親(リー・タイン・カー)と弟(グエン・テー・ホアン)、そして育ての母キア(グエン・ニュー・クイン)と暮らしている。父とキアの間には子供ができなかったので、代わりにやってきた女性シムがパオと弟を産んだのだ。しかし、キアが子供たちを育ててきた。子供たちもキアを慕い、パオは時々訪ねてくる産みの親シムには心を開くことができなかった。成長したパオ(ドー・ティ・ハーイ・イエン)は、市場で知り合った笛を吹くのが得意な青年チュー(チャン・ドアン・チュアン)に心ひかれる。あるとき、パオは母には内緒で、チューと一緒にお祭りに出かけた。お祭りの人ごみの中で、パオは母が父ではない男性と一緒にいるところを目撃してしまう。動揺するパオ。家に帰ったパオは母を問いただす。悩むキア。その夜、笛の音を聞いたパオが窓から目撃したのは、塀の外にやってきて息子と同じ笛を吹くチューの父親の姿だった。母の秘密の交際相手はチューの父だったのだ。そして、ある日キアがこつ然と姿を消す。持ち物は川原の岩の上に置かれたままだった。村人全員が総出で捜索し、ついに川の中からキアのスカートが見つかる。キアの弔いがすむと、パオの父が飲む酒の量はだんだんと増え、目に見えて体が弱っていった。そして、父はシムのことを口に出すようになった。父を助けるため、と決心したパオは実の母シムを探す旅に出る。なんとかシムの元に着くパオ。シムは娘との再会を喜んだが、彼女にはすでに別の生活があった。パオは父の待つ山に戻る。帰り道、バスが山の中の休憩所にとまった。パオが偶然目にしたのは、その店を切り盛りする夫婦、キアとあの愛人だった。キアは誰にも知られず駆け落ちし、ひっそりと暮らしていたのだ。パオはショックを受けながらも、愛を貫いたキアの生き方に思いを馳せ、母の秘密を守ることを誓うのだった……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Chuyen Cua Pao
製作年 2006年
製作国 ベトナム
配給 ダゲリオ出版
上映時間 97
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > モン族の少女 パオの物語