映画-Movie Walker > 作品を探す > アズールとアスマール

アズールとアスマールの画像

「キリクと魔女」の鬼才、ミッシェル・オスロ監督の最新アニメ。身分も人種も違う青年2人の冒険が、3DCGで創造されたエキゾチックな中世イスラムの世界で展開する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 17
レビュー 1
投票 16
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (10)
星4つ 40% (4)
星3つ 30% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

青い眼を持つアズールと黒い瞳を持つアスマール。アラビア人の乳母ジェナヌのもと、アズールはヨーロッパの領主の子、アスマールは貧しい他国者の乳母の子と身分の違いはあっても、ふたりはおやつもお乳も子守唄も半分ずつ。まるで兄弟のように暮らしていた。しかし身分も人種も違えば、生活は異なってくる。立派な服を着て、剣道に乗馬にダンスにと忙しいアズールに対して、それを見ているだけのアスマール。お互いの違いがケンカの種になるのもしょっちゅうだったが、困った時は助け合う本当は仲の良いふたり……しかし別れは突然やってきた。アズールが寄宿生活をすることになり、領主はジェナヌとアスマールを屋敷から追い出してしまう。時は流れたが、成長したアズールはジェナヌの唄っていた子守唄を忘れることができない。その歌に出てくる「ジンの妖精」を救うため、海を渡ることを決意する。辿り着いた憧れの国で最初に耳にした言葉は「青い眼は不吉」。遠いイスラムの地で仕方なく盲目のふりをして暮らすアズールだったが、旅の途中、聞き覚えのある声を耳にする。すぐにジェナヌだとわかるも、商売で成功し、大富豪になっていたジェナヌは、物乞い同然の青年をアズールだとは気付かない。そこでアズールは、幼い頃にジェナヌに聞いた子守唄をアラビア語で唄ってみせる。ジェナヌもアズールと気付き、再会に涙を流す二人。そこへアスマールが帰ってくる。彼は「ジンの妖精」を救うため、明日旅立つという。自分も行きたいと名乗り出るアズールだが、アスマールは過去の恨みから別々に旅をすることを主張する。ひとまず一緒に行動することになったが、しかし度重なる危険の中で、アスマールは兄弟のように仲が良かったころの感情を取り戻していく。旅の果て、彼らは2つの門へ辿り着く。どちらが「ジンの妖精」のいる場所へと続いているのか、そしてアズールとアスマールはどういう選択をするのであろうか。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Azur Et Asmar
製作年 2006年
製作国 フランス
配給 三鷹の森ジブリ美術館
上映時間 99
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 ミッシェル・オスロ
日本語版演出 高畑勲
プロデューサー クリストフ・ロシニョン
日本語版制作プロデューサー 内野友美
原作 ミッシェル・オスロ
脚本 ミッシェル・オスロ
台詞 ミッシェル・オスロ
デザイン ミッシェル・オスロ
音楽 ガブリエル・ヤーレ
スアド・マッシ
背景 アンヌ=リズ・ルルドレ・コール
日本語版録音 木村絵理子
音響 トマ・デジョンケールシリル・オルツ
エクゼクティブ・プロデューサー イヴ・マシュエルジャン・ジャック・ベナム
日本語版翻訳 高畑勲豊川恵美
日本語版スーパーバイザー 武田美樹子
助監督 エリック・セール
監修 エティエンヌ・ペシューピエリック・ブロー
プロデューサー補 フィリップ・ボファールジャック・ブレド
資金調達 ダニエル・マルケ
ポストプロダクション ジュリアン・アズレー
日本語版ポストプロダクション 稲城和実古城環津司紀子西原彩夏
日本語版整音 井上秀司
日本語版監修 高畑勲

キャスト

アズル(英語版) シリル・ムラリ
アスマル(英語版) カリム・ムリバ
ジェナヌ(英語版) ヒアム・アッバス
クラプ(英語版) パトリック・ティムシット
シャムスサバ姫(英語版) ファトマ=ベン・ケリル
アズル(子供・英語版) ラヤン・マジュブ
アスマル(子供・英語版) アブテルセレム=ベン・アマル
アズル(日本語版) 浅野雅博
アスマル(日本語版) 森岡弘一郎
クラプ(日本語版) 香川照之
ジェナヌ(日本語版) 玉井碧
シャムスサバ姫(日本語版) 岩崎響

レビュー

時には母のない子のように

投稿者:かなり悪いオヤジ

(投稿日:2009/08/26)

4年前パリを訪れた際のちいさな出来事。セーヌ川のほとりに立ち…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アズールとアスマール