映画-Movie Walker > 作品を探す > コマンダンテ

コマンダンテの画像

キューバ指導者フィデル・カストロに、オリバー・ストーン監督が密着取材を敢行。現在、療養中のカストロが、病に倒れる前に撮影された貴重なドキュメンタリー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 1
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 66% (2)
星3つ 100% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ハリウッド屈指の『社会派監督』、オリバー・ストーンが、伝説のキューバ最高指導者フィデル・カストロに監督自身が3日間にわたるインタビューを行い30時間以上の撮影を決行。フィデル・カストロは、1926年8月13日、キューバのオリエンテ州にて、スペイン移民で裕福な農場主の父の下に生まれ、少年時代の多くを私立高校コレヒオ・ベレンなどイエズス会の寄宿学校で過す。ハバナ大学法学部に入学し政治活動に参加、革命反乱者同盟(UIR)に加入する。1950年から1952年の間には弁護士として貧困者のために活動。その後、武装勢力を組織しチェ・ゲバラやラウル・カストロなどと、当時アメリカの事実上言いなりであったフルヘンシオ・バティスタ政権打倒のためゲリラ戦を開始し、多くの民衆の支持を獲得したカストロはキューバ革命を成功に導き、キューバの首相に就任する。1962年13日間続いた米ソ間の冷戦による核戦争の危機を招いた国際緊張、所謂キューバ危機を経て、1976年以降はキューバ共和国国家評議会議長兼閣僚会議議長となり国を指揮していた。穏やかだが、時には批判的な問いを投げかけるオリバー・ストーンと、カメラと大衆の前でいかにして振舞うべきかを知り尽くしたフィデル・カストロ。密着取材は2人の間に確実な親近感を醸し出した。お茶目な面を見せつつも、ある時は真摯に質問に答え、またある時は本題をうまくかわすカストロ。他では語られることのなかった同志チェ・ゲバラとの悲しい別離や、一触即発の緊張が全世界に拡がったキューバ危機の真相、そして謎に包まれていた私生活まで、20世紀最期の革命家の明晰な考えや隠された真実を引き出す。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Comandante
製作年 2003年
製作国 アメリカ スペイン
配給 アルシネテラン
上映時間 100
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

※本人出演 フィデル・カストロ
※本人出演 オリヴァー・ストーン
※本人出演(カストロの通訳) ファニタ・ヴェラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > コマンダンテ

ムービーウォーカー 上へ戻る