映画-Movie Walker > 作品を探す > ロニー MODSとROCKが恋した男

ロニー MODSとROCKが恋した男の画像

スモール・フェイセズなどを率いて、英ロック界を牽引した故ロニー・レイン。その生涯を、エリック・クラプトンら友人の証言やライブ映像を通してたどるドキュメンタリー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スモール・フェイセズ~フェイセズを経て、ソロに転向した、ロニー・レインについてエリック・クラプトンやピート・タウンゼンドなどのアーティストたちをはじめとする、ロニーと関わりの深い友人たちが、彼との思い出や人生を語る。それと交差するように生前のロニーの声が自身の生い立ちを語り始める。ロンドンで生まれたロニーは、父親の<楽器が弾ければ、友達にいつも囲まれる>という言葉をきっかけに音楽に興味を持つ。10代の終わりになると、ケニー・ジョーンズらと出会い、バンドの結成を決める。ベーシストを志すことに決め、楽器店にベースを探しに行ったロニーはそこで店員をしていたスティーヴ・マリオットと出会う。そのとき彼らのバンドのヴォーカルが決まった。1965年、デビューを果たしたグループは、時代の波に乗り、瞬く間に頂点を極めることになる。しかしスティーヴ・マリオットが脱退。グループは危機に立たされるが、新たなヴォーカリスト、ロッド・スチュアートの登場で、フェイセズと名前を替えた彼らは、再び息を吹き返した。ところが、スターとなり、しだいに傲慢になっていくロッド・スチュアートを目にしたロニーは、自らグループを脱退し、ソロに転向する。彼は、サーカス団のテントを借りて、トレイラーで地方を回る巡業を行なったりしていた。しかし、多発性脊髄硬化症に冒されたロニーは、1973年頃からその症状が出始め、しだいにベースを弾くことが困難になっていく。その後、高圧酸素療法を受けた彼は、この治療法を普及させるために、エリック・クラプトンらに声をかけ、チャリティ・コンサートを開催する。コンサートは大成功に終わったが、このチャリティのためにアメリカへと向かった彼を待っていたのは、さらなる試練だった。常に自身の音楽と最高の夢を追い求めていた男、それがロニー・レインだったのだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Passing Show: The Life and Music of Ronnie Lane
製作年 2006年
製作国 イギリス
配給 ハピネット
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

※本人出演 ロニー・レイン
※本人出演 エリック・クラプトン
※本人出演 ピート・タウンゼンド
※本人出演 スタン・レイン
※本人出演 ロン・チャイムス
※本人出演 Ian McLagan
※本人出演 ケニー・ジョーンズ
※本人出演 グリン・ジョーンズ
※本人出演 スティーヴ・マリオット
※本人出演 ロッド・スチュワート
※本人出演 ロン・ウッド

レビュー

1960~70年代、英国ロックの一面

投稿者:あんぽんたん

(投稿日:2007/06/09)

バリバリのモッズロッカーが、愛する女性を介して自然回帰し、ア…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ロニー MODSとROCKが恋した男