映画-Movie Walker > 作品を探す > ドリーム・クルーズ

ドリーム・クルーズの画像

「リング」の原作者・鈴木光司の短編小説を、「予言」の鶴田法男監督が映画化した。英語が堪能な木村佳乃と「THE JUON 呪怨」などハリウッド映画の出演経験を持つ石橋凌が熱演。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

資産家の斉藤英治(石橋凌)は若く美しい妻、百合(木村佳乃)、顧問弁護士のジャック(ダニエル・ギリス)と3人で東京湾クルーズに出ようとしていた。英治から飾り物のように扱われていた百合と異国に来た寂しさを抱えたジャックは不倫関係にあり、そのことに気付いた英治に問い詰められるのではないかと不安を抱いていた。そんな3人を乗せてクルーザーは海へと出ていく。夜になり海が漆黒の闇と化すと間もなく、何かがスクリューに絡まったようで、船が停止してしまう。すると英治は、ジャックに対してスクリューに絡まったものを取り除きに行くよう命令する。しかし、ジャックには少年時代に弟、ショーンを海で亡くしたという辛い過去があり、水に対する激しい恐怖感がトラウマとして残っていた。言動が奇妙に変化しはじめる英治。そしてジャックは、クルーザーに現れるショーンの亡霊に脅えはじめる。誰に助けを求めることもできず隔絶されたクルーザーの中で、英治の失踪した前妻、直美(蜷川みほ)にまつわる陰惨な事件の真相が明らかになっていく。そして、失踪したはずの直美が、苦悶と憎悪に満ちた恐ろしい姿に変貌して3人に襲いかかる。怨念に導かれた“悪夢のクルーズ”、直美の復讐が始まる!

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Dream Cruise
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 角川映画
上映時間 88
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 鶴田法男
プロデューサー 中村陽介飯塚信弘
原作 鈴木浩司
脚本 高山直也鶴田法男
撮影 さのてつろう
視覚効果 橋本満明光学太郎
音楽 コージー・エンドウ・JR.
美術 齋藤岩男
装飾 松本良二
編集 須永弘志
録音 湯脇房雄
スクリプター 田中槇乃
音響効果 柴崎憲治大河原将
エクゼクティブ・プロデューサー ミック・ギャリス江川信也ジェニー・ルー・トゥジェンドローレン・ワイスマン
字幕 林完治
助監督 山本英之
照明 森谷清彦
製作担当 毛利達也

キャスト

ユリ(百合) 木村佳乃
ジャック ダニエル・ギリース
ナオミ(直美) 蜷川みほ
エイジ(英治) 石橋凌
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ドリーム・クルーズ