TOP > 上映中の映画作品を探す > さそり暗殺命令

ビクター・カニングのスパイ小説をエイドリアン・スパイズと「悪のシンフォニー」のジョー・アイシンガーが共同で脚色「アカプルコの海」のリチャード・ソープが製作・監督したスパイ・アクション。撮影は「5月の7日間」のエルスワース・フレデリックス、音楽はデーヴ・グルーシンが担当。出演は「駅馬車(1965)」のアレックス・コード、「007/ゴールドフィンガー」のシャーリー・イートン、ローレンス・ネイスミスほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ハリスとバーはどちらもイギリス政府の情報機関に属していながら、互いに相手を出し抜こうとしのぎをけずっていた。彼等の目的は、ヨーロッパに猛威を振るっている恐喝団と、「さそり」と呼ばれる首領の正体を突きとめ、息の根をとめることだった。かつて、アメリカの秘密警察局員だったジョー(アレックス・コード)もその仕事にため、バーに雇われた。捜査を進めるうちに、ジョーはブロンドのグラマー、フェーベ(シャーリー・イートン)と知り合った。彼女は、ハリスの部下で、やはり「さそり」とその一味を探っていた。その後しばしば会ううちにジョーは彼女に強くひかれた。たまたまホテル従業員周旋所が怪しいと知ったジョーは、パレス・ホテルにルームボーイとして入りこみ、ここで恐喝の地下組織「ビアネリ」の存在を知った。ジョーは党員になりすまし、組織の本拠へ出かけたのだが、捕えられ、危うく殺されそうになった。そこを助けたのは、ハリスの部下ブラターやフェーベだった。数刻後、ジョーとフェーベはホテルに落着き愛情に浸っていた。その時、フェーベに「さそり」が南仏のリビエラへ出発したからすぐあとを追えと指令があった。彼女はニースでの再会を約して出発した。しかしジョーが約束の場所に着いた時、フェーベは「さそり」一味に車で連れ去られた後だった。ジョーは、すぐにその車を追ったのだが見失ってしまった。その頃、フェーベは、別荘の一室で「さそり」や情婦ガンサーらに取りまかれ、のびていた。町に買物に出たガンサーの運転手を見つけたジョーは、言葉たくみに話しかけ、地下組織の一掃に協力してくれるようもちかけ、別荘をさぐり出した。ジョーは警察の応援をもとめ、攻撃を開始し、ついには「さそり」と対決し、これを撃ち殺した。フェーベも無事に救出され、ジョーと生の喜びをわかち合うのだった。

作品データ

原題 The Scorpio Letters
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > さそり暗殺命令